読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

清水富美加、一神教、日本仏教、仏教についての私の認識

清水富美加?については

情報が錯綜して真意はよく分からないが役者をやめかった彼女が

子どもの時から

信仰(親に洗脳)されている彼女が、

幸福の科学と利害が一致して、

幸福の科学の聖職者になることを

決めたらしいのが、


左翼、右翼だけでなく、

なにかしらのことを信じている状態は

全て宗教、宗教現象なので、


守護霊、金、

地位が高い人は賢い、

学歴の重要性、


論理的に言葉に説明できないものが

あったらば全て信仰しているものと

みなしてよろしいかと


一神教系宗教の特徴は、

(キリスト、イスラムユダヤ)

同じ宗教を信じている人間は、人間だが

同じ宗教を信じていない人間は、

人間ではなく、

家畜、動物等しく殺す事はいとわない


キリスト教徒、イスラム教徒、ユダヤ教徒が熱心に教えを説くのは、

家畜、動物を人間にする為、


宗教の殆どは

金を稼ぐため、聖職者はフリーターと

同じで働いていないので

食わせないといけないため

組織を維持する金が必要なため


まともな宗教とは

あなたの為にと

本心で聖職者が思って教えを説くが、

(聖職者は自分の宗教観にどっぷり浸かっているから、他の事は盲点で

何も見えないが、

下がまともでも、上はまた別だが、)


まともでない宗教は、

宗教を支えている幹部、教祖が

全て自分のために、自分の利益の為に

活動しているもの、

一般の信者はそれが分からないから

騙され、書籍等や話術で


フェミは知らない、

フェミにも様々な派があるのでは?

全て十把一からげにするのは

良くないと思うが、、


まともでない宗教は、

宗教を支えている幹部、教祖が

全て自分のために、自分の利益の為に

活動しているもの、

一般の信者はそれが分からないから

騙され、書籍等や話術で洗脳されてしまう、

オウムはポアの思想で

大量虐殺をしたので、

参照して、


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ポア_(オウム真理教)




(オウムから見て)「悪業を積む者」は、そのまま生かしておいてはさらに「悪業」を積み、来世の転生先でその分苦しまなければならない。それを避けるためには一刻も早くその生命を絶たなければ(殺害しなければ)ならない。そうすることで、これ以上「悪業」を積むことがなくなり、また「グルとの逆縁」ができるので本人のためにも良い。また殺人を実行した弟子は、「被害者の魂を救済した」ことになるので、「功徳」を積むことになる、という理論であった。


【いまだに残るオウムの危険】なぜオウムにはまりテロを起こ

https://m.youtube.com/watch?v=731dXLcH7pA


日本仏教は、

葬式の墓利権で稼いでいるもの、

(葬式は仏教にはなく、儒教の影響)



本来のブッタの仏教は、

弟子たちが

教団を大きくするために

組織体制取り入れ、

信者を増やす為に、

バラモン教密教を取り入れて無くった)


金を稼ぐ為の、

地位、利権を受け継ぐ宗教に

変容したから、

その点からすればまともでないと言えるが、


ブッタはその当時に生きた当時の人々と未来に生きる人々の一助、アドバイスをする為に活動したが、


(私が知恵袋、okwave.ブログ等で

情報発信しているのは

ブッタと同じ心境から、)


ブッタは

自分の指(教えを)を見るのではなく、

その指が指し示している先を見てくれと言った(これがブッタの教えの重要なところ)

私の教えの仔細な部分に拘ったり、

教えで争ったりせずに、

教え(宗教)の依存から離脱して

独り立ち、自立して欲しいと

願ったということ、


ブッタが死んだあと、

弟子たちは精神的な支えを失い

今後を憂い、

ブッタが禁じた偶像崇拝

(彫像、マントラ、墓、墓跡)や

ブッタが禁じた教団設立し、

(地位の継承のため)

ブッタの思惑、意志とは真逆に

成ってしまったが、