katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

私の現状の宗教に対する認識について

私の宗教に対する下記の認識について、皆さんはどの様に思われますでしょうか?


一神教の宗教の基本は、

同じ神を信じている人間は人間

それ以外は人間ではなく、家畜。


一神教の基本は

何も語らない無言、沈黙の神と

対峙し、思考すること、

神が実在している前提で。

(一神教の神の役割は人の行いの正し手

だから全知全能である必要がある。

多神教の神々の役割は守り神。

だから全知全能である必要はなく人と同じく喜怒哀楽を表現する


カトリックは守護霊、守護神を

守護聖者という形で得れる様に整えた。.)



だから、

原理主義ユダヤ、キリスト、イスラム教は他の人間を殺すのに抵抗がない

だから、

ある宗教にとって、

他の宗教は、邪悪、卑しいものとして

蔑まれる。、



経済的な貧しさな国では、

原理主義が台頭する、

若者達が雇用、生きる目的を

原理主義に求めるためや

(生きていくために仕方なく入る場合も

あるが、)

だから宗教問題を考える際には

必ず経済的な問題を解決しなくては

いけないと思う。

アイルランド紛争、

Is問題を見れば、

それは自明。




仏教、アミニズムは一神教ではないので

宗教ではなく、宗教現象。


神存在は不完全性定理

存在しないが証明されたが、

しかし、情報空間、いわゆる頭の中には

(情報処理の産物が生み出したのが

神様。)

存在している。

だから

信じている人間には、神が見え、

存在が確認でるが、

信じていない私には見えないし、

存在していない。


入信のほとんどは親の影響。

もしくは、社会的な洗脳

キリスト教イスラム国は、国の影響。

(日本人が年齢を気にするのは

昔日本が儒教で回っていた時の残滓が

社会に深く根を張っているから、)


宗教の本質は

簡単にいうと言語拘束、,

(マルクス、レーニン思想、

毛沢東主義、資本主義、儒教、もまた

広義では宗教の一部)


入信すると、

共同体意識が生まれ、

肌の色、生まれや地位、立場に

関わらず、。

(コンタンチネス帝は

ローマに共同体意識を作るために

キリスト教なと宗教すべて信仰する自由を許すミラノ勅令を発布した

彼の後の代のテオドシウス帝は

さらに共同体意識を芽生えさせ

国の支配をし易いようにキリスト教

国教に据えた。、

コンスタンチヌ帝は、

キリスト教を国教にしたのは、

 天地創造、全知全能の神ならば、皇帝は神にさえ責任を果たせばよく、市民に皇帝殺しの大義名分がなくなっ)


宗教ではないとだめというわけではない

宗教でないとだめは、

宗教を信じている人が

宗教を信じていない人を脅すために

言い放っているだけだと思われる。


聖職者は教会の寄付だけ食っているので

事実的にホームレスと同じで

金を稼いでなく、つまりは、無職で

ジゴロや若いツバメのように

紐として生活している、ので

世間一般からすればクズと言われるかもしれないが、

彼は寄付金がないと生活出来なくなるから必死に布教して信者を増やす。


だから金が必要。