読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

木魚 知識の確認。




https://ja.m.wikipedia.org/wiki/木魚

木魚(もくぎょ、杢魚とも)とは、仏具・楽器の一種である。

目次 [非表示] 

1 概要

f:id:katosvanidze18851907:20170223212926p:plain2 楽器として

2.1 木魚が使用される主な楽曲

2.1.1 管弦楽曲

2.1.2 吹奏楽

2.1.3 J-POP、その他の音楽

3 脚注

4 関連項目

5 外部リンク

概要[編集]

木魚は、読経をするときに打ち鳴らすことで、リズムを整える。また、眠気覚ましの意味もあり、木魚が魚を模しているのは、眠るときも目を閉じない魚がかつて眠らないものだと信じられていたことに由来する[1]。

禅宗天台宗、浄土宗などで用いられる。浄土宗では木魚の使用が禁じられた時期もあったが、その後念仏を唱えるときに使用されるようになった。

小さな座布団状の台の上に置かれ、先端を布で巻いたバチで叩くと、「ぽくぽく」という感じの音が鳴る。大きさは直径6cm程度から、1m以上のものまである。自らの尾を食う魚や、2匹の魚や龍が珠を争う姿などを図案化した鈴のような形をしている。表面には魚の鱗が彫刻されている。クスノキなどの木を材料としてつくられる。内部は空洞になっている。開口部である「響孔」にあたる部分から刃を入れ、内部に空洞が作られる。


魚板(萬福寺

木魚の原型は禅寺で使われていた「魚板」(魚鼓)である。これは黄檗宗の本山である黄檗萬福寺や護国山東光寺、韓国の寺院などで見る事ができる。 魚板とはその名の通り魚の形をした板であり、現在午前11時45分にだけ鳴らされている。魚の形をしているのは、魚は日夜を問わず目を閉じないことから、寝る間を惜しんで修行に精進しなさいという意味である。そして、口にくわえた丸いものは煩悩を表し、魚の背をたたくことで煩悩を吐き出させる、という意味合いが有る。そして雑学だが、眠気覚ましの為に一定のリズムを刻んでいたとも言われる。明代には、現代の木魚の形が確立している。

日本では室町時代の木魚は存在するが、本格的に使用したのが江戸の始めに中国から渡来した隠元隆琦。彼が伝えた黄檗宗では木魚をはじめ、あらゆる楽器を使用する。黄檗梵唄が有名。

完成までにはかなりの長い年月がかかり、特によい音を出すためには3年~10年の間彫った木を乾燥させなければならない。そのため、安い中国産のものに押されている。

木魚の生産は日本では愛知県のみで、中でもお寺で使用するものは同県の愛西市だけでしか製造されていない。

楽器として[編集]

木魚を楽器としてみれば、一種のスリットドラムである。すなわち、中空の木片の一部にスリットを入れたものである。

乾隆帝時代の清では民衆音楽に楽器として用いられた。日本でも歌舞伎で用いられることがある。ベトナムでは「モー」と呼ばれ、打楽器として用いられる。第二次世界大戦後には、ジャズやクラシック音楽にも取り入れられ、テンプル・ブロック、チャイニーズ・ブロックともよばれ、2個から5個を一組に使用する場合が多い。 高音で堅く鋭い音色のウッド・ブロックに比べると、木魚は柔らかく響きもふくよかである。

木魚が使用される主な楽曲[編集]

テンプル・ブロックもしくはウッドブロックで演奏される場合もある。

管弦楽曲[編集]

青少年のための管弦楽入門

吹奏楽曲[編集]

朝鮮民謡の主題による変奏曲

呪文と踊り

J-POP、その他の音楽[編集]

明和電機の諸アルバムやシングル

指パッチンの衝撃が、指に取り付けられたセンサーを通じて伝わり、アームの先端に取り付けられたノッカー(明和電機の製作した、電磁石を応用した電動マレット)が動き、同じく先端に取り付けられた木魚を演奏する「パチモク」という楽器を製作し、使用している。

魚屋のオッサンの唄(あのねのね

嘉門達夫の持ちネタでもあり、あのねのねと同様に木魚が使われる。

國府田マリ子のシングル「夢はひとりみるものじゃない」のイントロで使用されている模様である。


https://en.wikipedia.org/wiki/Wooden_fish


wooden fish, also known as a Chinese temple block, Muyu or Mokugyo,[1][2] is a wooden percussion instrument. The wooden fish is used by monks and laity in the Mahayana Buddhist tradition. It is often used during rituals usually involving the recitation of sutrasmantras, or other Buddhist texts. The wooden fish is mainly used by Buddhist disciples in ChinaJapanKorea, and other East Asian countries where the practice of Mahayana, such as the ceremonious reciting of sutras, is prevalent. In most Zen/Ch'anBuddhist traditions, the wooden fish serves to keep the rhythm during sutra chanting. In Pure Land Buddhism, it is used when chanting the name of Amitabha.

The Taoist clergy has also adapted the wooden fish into their rituals.

Types of wooden fish[edit]

There are two kinds of wooden fish.

Most commonly today, it is the traditional instrument that is round in shape and often made out of wood, but sometimes other materials are used as well; this form is actually a later development from the original. The fish is hollow with a ridge outside of the wooden fish to help provide the genuine hollow sound when striking the fish; the instrument is similarly shaped like a jingle bell. The sound can differ amongst wooden fish depending on the size, type of wood used, and how hollow the wooden fish is. The instrument is carved with fish scales on its top, and a carving of two fish heads embracing a pearl on the handle (to symbolize unity), hence the instrument is called a wooden fish for that reason. In Buddhism the fish, which never sleeps, symbolizes wakefulness. Therefore, it is to remind the chanting monks to concentrate on their sutra. Often the mallet used to strike the fish has a rubber coated tip to provide a muffled, but clear sound when struck. A simplified form is given in the temple block.

Wooden fish come in many sizes and shapes, ranging from 150 millimetres (5.9 in), for laity use or sole daily practice, or to 1.2 metres (3.9 ft) for usage in temples. Wooden fish are often (in Chinese temples) placed on the left of the altar, alongside a bell bowl, its metal percussion counterpart. Wooden fish often rest on a small embroidered cushion to prevent damage and unpleasant knocking sounds caused from the fish lying on the surface of a hard table or ground, as well as to avoid damage to the instrument.

The Korean version of a wooden fish is simpler in shape and no design is carved onto the fish. It is more oblong in shape. It has a handle for easy carrying during portable uses. The Korean versions of a wooden fish are different in the sense that they provide a deeper, more wooden-like hollow sound when struck.

Original[edit]

Original type

The original type of wooden fish is literally in the shape of a fish. Along with a large temple bell and drum, It is found suspended in front of Buddhist monasteries. When proceeding with various duties (such as eating, lectures, or chores), a monk and a supervisor utilize the instrument to call all monastics to go to their tasks. Historically, this was the first wooden fish developed, which gradually evolved into the round wooden fish used by Buddhists today. One of the most noted examples is at the temple of Manpuku-ji.[citation needed]

Legends & nomenclature[edit]

mendicant with a "wooden fish" (sitting in the middle, with a big hat), drawn by Johan Nieuhof (Description générale de la Chine 1665) between 1655-1658

Many legends describe the origin of the wooden fish, which take place in China. One legend says that a monk went to India to acquire sutras. On his way to India, he found the way blocked by a wide, flooding river. There appeared neither bridge nor boat.[3]

Suddenly, a big fish swam up. It offered to carry the monk across the river. The fish told the monk that it wanted to atone for a crime committed when it was a human. The fish made a simple request, that on the monk's way to obtain sutras, to ask the Buddha to guide the fish on a method to attain Bodhisattvahood.

The monk agreed to the fish's request and continued his quest for seventeen years. After getting the scriptures, he returned to China via the river, which was flooding again. As the monk worried about how to cross, the fish came back to help. It asked if the monk had made the request to the Buddha. To the monk's dismay, he had forgotten. The fish became furious and splashed the monk, washing him into the river. A passing fisherman saved him from drowning, but unfortunately the sutras had been ruined by the water.

The monk went home full of anger. Filled with anger at the fish, he made a wooden effigy of a fish head. When he recalled his adversity, he beat the fish head with a wooden hammer. To his surprise, each time he beat the wooden fish, the fish opened its mouth and vomited a character. He became so happy that, when he had time, he always beat the fish. A few years later, he had got back from the wooden fish's mouth what he had lost to the flood.

Uses[edit]

The wooden fish is often used for rites of death and resurrection.[1] During funerals, people may walk in processions while sounding wooden fishes in a slow and unison rhythm.[1] Other purposes may include prayers for rain.[1] In Confucianism, the wooden fish is struck at specific intervals to signify certain stages of ceremonies at temple.[1] In Buddhism, it is struck during chants of Buddha's name.[1]

The wooden fish symbolizes wakeful attention.[1] It can also symbolize wealth and abundance.[1]

Gallery[edit]


楽天、yahoo 等で

売られているみたいみたい、

国家議事堂の購買店でも購入可能だったはず、


http://labo.tabione.com/kokkai-visit/