katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

日本仏教の地獄は、商品を売り付けるTVのCM

地獄は、日本では浄土教の僧侶

源信

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/往生要集で広まった


それは、

恐怖を煽るための話として、

地獄、天国の話を付け加えただけ。


恐怖で煽れば、

思考力が下がり、

洗脳しやすくなるので


天国、地獄は

一般大衆を信者として獲得するために、

話す。

恐怖、脅した時が

一番頭は判断能力が下がり、

洗脳し易いので。

(キリストの愛の概念より分かりやすいので、)


日本で言うならば、

学校の全体集会や、

新入社員を前に、

校長、職員、会長が話す

退屈だが、聞かなくては、いけないと

同調圧力で聞いてしまう

道徳的な意味合いを含んだ説法に

近いのだろうか?


地獄の概念は

本来の仏教にはないもの。


布教、

聖職者は何の経済活動をしていない

ニートなので、

生きる為に、

布教をして信者を獲得しないと

いけない、

本来の仏教は信者獲得や教団を

作るのは禁止だったが、

(来たければきても良い、

教団は聖職者の地位、特権を

子孫に継承させない為。)


大乗仏教の布教活動で

必要だったから、作り上げたのが、

地獄、


簡単にいうと、

商品を売る為に流す

テレビのCMとしての役割りが、

地獄。


勧めていません。


日本仏教は葬式産業でしかないので、

墓を売り込むぐらいら

(本来の仏教ではお墓は作りません

偶像崇拝禁止が本来の仏教なので、

儒教と融合した、日本、韓国、中国仏教だけ。

(詳しくは魂魄信仰を調べてください。)

だから、チベットでは未だに鳥葬が

執り行う。)


一部カルトの仏教は死をすすめるかも

しれないが、詳しくは知りません。