読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

ケンコーコム リアップについて、

ケンコーコムリアップ とは?


皆さんにとって、

ケンコーコム リアップとは?



ケンコーコム株式会社(Kenko.com, Inc.)は、健康食品・医薬品などの通信販売サイト「ケンコーコム」を運営する企業である。楽天株式会社の連結子会社である。


健康食品、医薬品、化粧品、ダイエット用品、ベビー用品、スポーツ用品など、185,000点以上[6]の商品を販売する。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ケンコーコム

 概要 編集


家業の製薬会社・うすき製薬で取締役を務めていた後藤玄利が、同社の商品である霊芝飲料「喜喜萬年」のダイレクトメールでの通信販売のために、1994年11月に株式会社ヘルシーネットとして設立。2000年5月にインターネット通信販売サイト「ケンコーコム」を立ち上げ、2002年には医薬品の取り扱いを開始している。2003年に社名をケンコーコム株式会社に変更した[2]。


2009年施行の改正薬事法に合わせて改正された薬事法施行規則(厚生労働省令)において、第一類医薬品及び第二類医薬品のインターネットでの通信販売等が禁止されたことに対して、2009年5月25日、ケンコーコム及び有限会社ウェルネットはこの省令が憲法違反に当たるとして、販売権の確認を求めた行政訴訟を起こした。一審の東京地裁ではケンコーコム側の主張は認められなかったが、二審の東京高裁は2012年4月26日にネット販売を認める逆転判決を下した[3]。2013年1月11日には厚生労働省が行った最高裁への上告も棄却されたためケンコーコムらの勝訴が確定し、ケンコーコムは即日第一類・第二類医薬品のネット通販を再開した[4]。また、2013年6月14日に「日本再興戦略」において、「一般用医薬品については、インターネット販売を認めることとする。その際、消費者の安全性を確保しつつ、適切なルールの下で行うこととする。」と閣議決定された。その「適切なルール」作りの検討が現在行われている。



ケンコーコム勝訴で高まる医薬品ネット販売参入の気運

しかしさらなる薬事法改正も?

http://markezine.jp/article/detail/17051


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ウェルネット

ウェルネット株式会社(英: WELLNET CORPORATION)は、東京都千代田区に本社を置く企業。マルチペイメントサービスや電子認証・ケータイチケットサービス、コンビニ収納代行サービス、請求書発行代行サービスなどを展開している。プライバシーマーク使用許諾事業者(許諾番号 A820071(03))。ベリサインの通信情報の暗号化サービスと企業/組織の実在性の認証サービスを受けている。