katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

ヤマト運輸の27年ぶりの全面値上げ、個人の基本運賃含め、アマゾンら大口とも交渉。 この利点欠点限界盲点とは?

ヤマト運輸の27年ぶりの全面値上げ、個人の基本運賃含め、アマゾンら大口とも交渉。

この利点欠点限界盲点とは?


(アマゾンら大口等は

ヤマトの交渉に対して、どの様に対応するのだろうか?)


全面値上げで、

ラストワンマイルのボトルネックの問題は

解消されるのだろうか?


運輸、物流、運送、配達、引っ越し業界は

これから、どの様になるのだろうか?

(各業界のグランドピクチャー(未来の理論像とは?)


ヤマト運輸やその他運輸企業は、

2050.2100年には、いったいどの様に

なっていくのだろうか?


ヤマト運輸が27年ぶり全面値上げを検討 個人の基本運賃含め、アマゾンら大口とも交渉


社会、配達カテゴリー皆さんの

ご回答のほど、

お待ちしております。


 2017.3.7 08:50

https://www.google.co.jp/amp/www.sankei.com/economy/amp/170307/ecn1703070007-a.html

 宅配便最大手のヤマト運輸がことし9月末までに、個人が送る小口の荷物を含めて基本運賃を全面的に値上げする検討に入ったことが7日、分かった。全面値上げは消費税増税時を除くと27年ぶり。値上げ幅は今後詰める。宅配業界の過当競争のつけが消費者の負担増につながる形だ。

 ネット通販拡大による荷物の増加を背景にドライバーら人手不足が深刻で、外部業者に配達を委託するコストも膨らんでいる。サービス維持には値上げが必要と判断した。


 ヤマト運輸は荷物の発送地と届け先、サイズによって基本運賃を決めている。例えば、同じ地域を発着地とし縦、横、高さの合計が60センチ以内、重さ2キロまでの場合は756円。人件費の高騰を理由に1990年に100~110円値上げし、その後は消費税増税時に増税分を引き上げた。


 一方、法人契約は宅配便の9割を占め、荷物の量に応じて基本運賃を割引している。インターネット通信販売大手アマゾンジャパン(東京)など大口顧客とも交渉に入った。


過去質問。




物流のラストワンマイルのボトルネックはどの様に解消

2017/03/06 14:53質問No.9301810

http://sp.okwave.jp/qa/q9301810.html


2017/03/06 14:22

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14171359779