katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

日本のアニメ配信サービスと米配信サービスCrunchyroll(クランチロール)のそれぞれの利点欠点限界盲点とは? 日本にクランチロールの様な低価格で豊富なアニメ配信サービスは出来るのだろうか?

日本のアニメ配信サービスと米配信サービスCrunchyroll(クランチロール)のそれぞれの利点欠点限界盲点とは?

日本にクランチロールの様な低価格で豊富なアニメ配信サービスは出来るのだろうか?



http://mainichi.jp/articles/20170307/gnw/00m/040/001000c

ライフスタイル

「これを日本がやらないという悲しさ」アメリカにある日本のアニメ見放題サイトの有料会員数が100万人突破!(GetNavi web)

 2017年3月7日 06時00分(最終更新 3月7日 06時00分)

日本のアニメ見放題サイト「Crunchyroll(クランチロール)」のアメリカでの無料会員数が2000万人に、さらに有料会員数が100万人を突破した。日本のアニメやマンガをメインで扱っているサービスでありながら、有料会員数がこれほどまでいることに驚きの声が上がっている。


安くて早い! コスパ最強のアニメ見放題サイト

「Crunchyroll」は、日本のアニメやマンガを配信しているストリーミングサイト。2006年のサービススタート時は一般的な動画共有サイトだったが、2008年にテレビ東京とパートナー契約を結ぶことに。これをきっかけに、徐々に日本のアニメを公式配信するようになった。

 

無料会員は広告が表示されるのに対して、有料会員なら広告なしに加えて高画質で閲覧することができる。さらに、アニメの場合は日本での放送から早ければ1時間ほどで字幕付きのアニメを見ることができるというサービスの良さ。

 

しかも、価格は月額6ドル95セント(日本円で約790円)という良心価格! 「Crunchyroll」の有料会員数100万人突破のニュースを扱った掲示板では「安いな!」「何その優良サイト」「めっちゃ安くてワロタ」とその低価格ぶりに驚く声や、日本では同サービスを利用できないので「これぐらい安けりゃ日本でも直ぐに100万人以上の会員確保出来んだろ」「これを日本がやらないという悲しさ」と「Crunchyroll」のサービスをうらやむ意見も上がっていた

 

日本のアニメ配信サービスは遅れ気味?

日本ではHulu「dTVAmazonプライム」「TSUTAYA TV」などの動画配信サービスが有名だがアニメはサイト内のジャンルのひとつとして取り上げられている程度。そのため、品揃えの少なさがネックになり、アニメファン獲得までには至ってはいないようだ

 

またdアニメストア有料会員月額税抜400円)や「バンダイチャンネル有料会員月額税抜1000円) など、「Crunchyroll」のようにアニメに特化した配信サービスもあるが、すべてが見放題の対象ではなかったり、閲覧期間の制限、テレビ放映からサイトで見れるようになるまでの時間の差が大きいなどのデメリットがあるため、こちらもアニメファンからの評価は低い。

 

しかしネット上では、テレビ放映終了から1日も経たずに複数のサイトに動画が投稿されるなどネットをめぐるコンテンツにおいては違法動画が横行している一面もある。そのためクランチロールの仕組みが世界に広がって違法視聴が減ればアニメ製作も潤うアニメ業界存続の為にもこういうのは増えてもらわないととCrunchyrolの仕組みがもっと一般化して欲しいという声も上がっている

 

安くてもきちんとお金を払う人がいることで最終的には制作側の収入源になるので日本でもぜひこの仕組みを取り入れてもらいたいものだ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Crunchyroll

Crunchyroll (クランチロール)は、日本のアニメ・ドラマ・漫画などのコンテンツを提供する配信サービス、およびそれを運営するアメリカの企業。本社はアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ、日本法人は東京都渋谷区神宮前にそれぞれ所在する。


https://en.wikipedia.org/wiki/Crunchyroll

Crunchyroll, Inc. is an American website and international online community focused on video streaming East Asian media including anime, manga, drama, music, electronic entertainment, and auto racing content. Founded in 2006 by a group of University of California, Berkeley graduates,[2] Crunchyroll's distribution channel and partnership program delivers content to over twenty million online community members worldwide.[3] Crunchyroll's majority shareholder is Otter Media,[2] owned by AT&T and The Chernin Group.

Crunchyroll, Inc. is an American website and international online community focused on video streaming East Asian media including anime, manga, drama, music, electronic entertainment, and auto racing content. Founded in 2006 by a group of University of California, Berkeley graduates,[2] Crunchyroll's distribution channel and partnership program delivers content to over twenty million online community members worldwide.[3] Crunchyroll's majority shareholder is Otter Media,[2] owned by AT&T and The Chernin Group.