読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

神戸市の新長田を アニメの聖地「アニメストリート」にする計画は なぜ、2年で頓挫したのか?理由、背景とは?

神戸市の新長田を
アニメの聖地「アニメストリート」にする計画は
なぜ、2年で頓挫したのか?
理由 背景、
頓挫しないためには
具体的にどの様にすればよかったのだろうか?
原因の一つが未払い問題なのだろうか?
需要を作らなかったため?

この計画はアニメファン、(聖地巡礼者)
ビジネスマン、現地の人からは、
どの様に映ったのだろうか?

アニメ、ビジネスカテゴリー皆さんの
ご回答のほど、
お待ちしております。




https://ja.m.wikipedia.org/wiki/神戸アニメストリート
神戸アニメストリート(こうべアニメストリート)とは兵庫県神戸市長田区に存在するオタク文化を発信する商店街。神戸市の震災復興事業で作られたアスタくにづかの集客不足改善のため、地域住民、市、大学などが連携して新長田駅南地区の活性化に取り組むプロジェクトの一環として2015年3月29日にアスタくにづかの3番館と5番館にオープンした。代表者は岸建介プロデューサー。

オープン当初の施設はプラモデルやフィギュアの展示が可能なレンタルショーケース、提案型リアルオタク部屋展示、コスプレ衣装のレンタル・販売店、ネット配信が可能なスタジオ、アニソンDJカフェ、痛車の施工店など[1][2][3]。

2016年3月29日に同施設内にガイナックスの関西支部GAINAX WEST」が設立され[4]、同年4月29日にGAINAX SHOP KOBE(ガイナックスショップ神戸)をオープンした。同日よりグレンラガンのコラボカフェをアニソンDJカフェにて開催、同年5月28日にはグレンラガン展を展示ショップにて開催した。

また、付近の若松公園には実物大の鉄人28号が常設展示される。

ニュース
2017年4月18日
「神戸アニメストリートは踏み倒すのに慣れているので」―― 売上は全く支払われてない、被害者オーナーが激白
まだ神戸アニメストリートからは返事がありません。
[福田瑠千代,ねとらぼ]

神戸市の新長田、震災からの復興を目指し2700億円を投じて再開発されたものの、賑わいが戻らない街です。困った神戸市が誘致したのが「アニメストリート」でした。新長田をアニメの聖地にして人を集めようとしたのですが…来月、わずか2年で閉鎖する方針が決まりました。