katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

下記の文章の馬鹿に対する認識は正しいのだろうか?

下記の文章の馬鹿に対する認識は正しいのだろうか?

儒教的な世界(東アジア(日本、中国、韓国)では

許せれても目上の人間、年上の人間が、

目下の人間、年下の人間に馬鹿等の侮辱発言を

言うのは人権の意識が高い

西洋、アメリカ社会ではパワハラと言われるのでは?

(下記の文章の利点欠点限界盲点とは?)


状況(時・場所・内容・相手)に合わせて、対応しなければならない。


baka!

と言うのは、世界共通の認識としてある。

君の発言が、馬鹿げている!と言うのを、何をバカな!と言う。

君と言う人間についての評価は、別れるが、

今は、発言態度が馬鹿げている!と言う意味だ!

それを、侮辱されたと受け取るのであれば、その場合は「理解力が馬鹿げている!」と言われることになる。


バカな発言は、馬鹿げている=馬鹿な!

と言われるのは、当然だ!

言葉は、評価を伝えるためにある!

言われたく無ければ、馬鹿げた言動をしないように心がけるより方法はない!

人(他人)の評価を禁止すること、口をふさぐことはできない。


自分が、原因の場合は、否定的評価の原因にならないようにする以外ない。


哲学カテゴリー皆さんの

ご回答のほど、

お待ちしております。