読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

大阪ラブホLGBT宿泊拒否で行政指導なぜ起きってしまった?

大阪ラブホLGBT宿泊拒否で行政指導なぜ起きってしまった?(LGBTカップルではなくゲイカップルと表記しているが、これは朝日もゲイに対して嫌悪感を出してしまったからなのだろうか?)


性的少数者の当事者は、、ゲイと言われるのは

傷付くのではないのだろうか?


日本でのLGBTやALLYの日本の数は少ないから、

宿泊施設での拒否を平気でまかり通ってしまうのだろうか?

LGBTに関する人権侵害やイジメと闘うためには?

LGBTの差別、迫害、イジメを無くす意識改革をやれば、

他の社会の少数派の方々も生きやすい社会になるのでは

なかろうか??


(社会民主党の石川大我議員や

世田谷区の区議会議員川上あや議員や

自民党次期総裁と目される稲田朋美議員は、

LGBT理解増進法を立法化に向けて闘われているのに、)


皆さんは、LGBTカップル(ゲイカップル?)の

大阪こラブホ宿泊拒否報道を

どのように捉えましたでしょうか?

(LGBTやその他の性の方々や

普通の男性、女性の方々、 

それぞれの方のご回答のほど、お待ちしております。)


LGBTカテゴリー皆さんの

ご回答のほど、

お待ちしております。



https://mainichi.jp/articles/20170519/k00/00m/040/049000c

ゲイカップル宿泊拒否のラブホを行政指導

毎日新聞 2017年5月18日 19時00分(最終更新 5月18日 20時42分)

「旅館業法に抵触、宿泊拒否をしないように」と

 大阪府内の保健所が、男性2人組による宿泊利用を断ったラブホテルに対し、旅館業法に抵触するとして、宿泊拒否をしないよう行政指導をしていたことが18日、分かった。2人はゲイのカップルだったという。


 府環境衛生課によると、府の池田保健所(池田市)に昨年10月、男性から「ラブホテルを男同士で利用しようとしたところ、宿泊を拒否された」という趣旨の相談があった。

 保健所がホテル側に確認したところ、このカップルに対し、別々の部屋に泊まるよう伝えたことなどを認めたという。このため、同室に宿泊することを拒むのは、旅館業法が禁じる宿泊拒否に当たるとして、口頭で改善を指導した。ホテル側は、男性2人の部屋に女性が入るなどしてトラブルになることが多いためと釈明したという。

 旅館業法は、利用客が伝染病にかかっていることが明らかな場合や、賭博など風紀を乱す恐れがある場合などを除き、宿泊を拒んではならないと規定している。

 同課によると、同性同士の宿泊拒否に対する行政指導は、相談自体が少ないこともあって極めて異例。同課は「今後も相談があれば調べて対応したい」としている。【念佛明奈】


http://www.asahi.com/sp/articles/ASK5C72GDK5CPTIL029.html

男性同士でラブホ、断られ 「あ、差別されたんだ」有料記事

太田成美2017年5月18日11時51分

 ゲイのカップルが大阪府内のラブホテルで昨秋、利用を拒否されたと訴え、府の保健所がホテルに行政指導をした。カップルの男性がブログに体験を記すと、反響を呼び、差別や偏見を嘆く声が多数寄せられた。男性は「少しずつ性的少数者の権利が認められるように」と願う。

 男性会社員(31)=大阪市=は昨年10月の日曜、交際相手の男性とドライブデートをした。重要文化財を見て、大阪府内のラブホテルへ。ネット検索で「男性同士OK」だったはずだが、店名が変わっていた。

 「この部屋、サウナあるんだって」。1階にあった無料のジュースやアイスを手に、最上階へ。廊下で従業員に呼び止められた。「男同士のご利用はお断りしています」。交際相手が「そうなんですか」と言った。アイスを冷凍庫に戻し、ジュースも置いた。

 家で眠れず、匿名でブログに書いた。

 「恥ずかしいみたいな気持ちになって、その次に、あ、差別されたんだなあって気がついて、全身を墨で塗ったみたいに重たくて暗い気分になってしまった」

 自分がゲイだと伝えているのは親しい友人だけ。ふだんはほとんど性的少数者と意識しない。だが、「はっきり言われて、わかっているつもりではあったけど、(社会の)断層に直面した。ある属性の人がひとまとめに排除されるのはおかしい」と取材に語った。

 ブログに「悪意はなくても差別…

残り:1005文字/全文:1559文字


http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO138.html

第五条  営業者は、左の各号の一に該当する場合を除いては、宿泊を拒んではならない。

一  宿泊しようとする者が伝染性の疾病にかかつていると明らかに認められるとき。

二  宿泊しようとする者がとばく、その他の違法行為又は風紀を乱す行為をする虞があると認められるとき。

三  宿泊施設に余裕がないときその他都道府県が条例で定める事由があるとき。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/池田市

池田市(いけだし)は、大阪府豊能地域に位置する。本項では市制前の名称である豊島郡豊能郡池田町(いけだちょう)についても述べる。

大阪府の北西部、大阪平野の北辺部に位置する[1]。市域は南北に細長く、北部は北摂山地の五月山久安寺川沿いの小盆地、南部は扇状地猪名川の平野である[1]

市の中央部にある五月山公園は、春の桜、秋の紅葉などで市民に親しまれている[2]。特産品として細河地区の植木があり、日本四大産地の一つと言われている[3][4]

市の広報誌として「広報いけだ」が月に1度刊行されている[5]


http://m.huffpost.com/jp/entry/8194900

東京・豊島区の宿泊施設、半数以上が男性同士の宿泊拒否 区が指導へ【LGBT

 2015年09月25日 | 更新 2015年09月25日


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ストレート・アライ

ストレート・アライ(英語: Straight ally)は人権の平等化や男女同権およびLGBTの社会運動の支援や、ホモフォビアへの異議を投げかける異性愛の人々を指す言葉。LGBTなどの当事者では無いが、LGBTなどの人々が社会的に不利な立場に置かれていると感じ、ホモフォビアヘテロノーマティビティ(異性愛を標準と捉える価値観)に対する解消活動や異議の表明を行っている支援者。文脈上ストレート・アライを指すことが明確な場合は、単にアライ(ally)とも言う。

LGBTの支援団体の多くには異性愛者のメンバーも所属しており、団体も積極的に参加を奨励している。北米の団体 Gay–straight alliance はLGBTの学生とストレートの学生が協動でホモフォビアやトランスフォビアの解消を目指す活動を行っている[1]。LGBTの人々を家族や知人にもつ人々を中心とした団体(PFLAG など)も存在する。2007年にはストレート・アライの人々を支援する団体 Straight for Equality が設立されている。I



https://ja.m.wikipedia.org/wiki/石川大我

石川 大我(いしかわ たいが、1974年7月3日 - )は、日本の性的少数者LGBT人権活動家、エッセイスト、政治家。特定非営利活動法人NPO法人)ピアフレンズ代表理事。千葉県人権施策推進委員会委員(2009年-)。豊島区議会議員(2011年-2014年、2015年-)。

主張編集


日本でも同性婚を認めるべき、とする。「LGBTであっても、同性婚ではなくてパートナー法があればいいんじゃないかという人もいるし、制度がなくても二人で生きていけばいいという人もいるし、パートナーを求めずに一人で生活をしたいという人もいます。そして、同性婚をしたいという人もいる。みなさんの希望が尊重され、それにフィットする法制度がある、というのが理想だと思います。」と述べる[15]。選択的夫婦別姓制度導入にも同じ理由で賛同する。[要出典]


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/上川あや

上川 あや(かみかわ あや[2][3]、上川 礼[4]、1968年(昭和43年)1月25日[1] - )は、日本の政治家、トランス・ジェンダー。現・東京都世田谷区議会議員(4期)。無所属で会派は「レインボー世田谷」[5][6][7]。マイノリティに配慮した政治活動に実績がある[8][9]。


2003年春の統一地方議会選挙で、日本で初めて性同一性障害であることを公表のうえ立候補し[10]、当選(立候補者72人中、第6位)[11][12]。2007年春に行われた2期目の選挙では、現職トップ(立候補者71人中、第2位)[3][12]で再選された。さらに2011年春に行われた選挙で三選(立候補82人中、6位)[13][14]、2015年4月の選挙で四選(立候補82人中、3位)を果たしている[15]。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律

性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律(せいどういつせいしょうがいしゃのせいべつのとりあつかいのとくれいにかんするほうりつ、平成15年7月16日法律第111号)とは、2003年(平成15年)7月10日に成立した日本の法律。


性同一性障害者のうち特定の要件を満たす者につき、家庭裁判所の審判により、法令上の性別の取扱いと、戸籍上の性別記載を変更できる(家事事件手続法第232条・別表第一)。施行は2004年(平成16年)7月16日。


通称として「性同一性障害特例法」や「性同一性障害者特例法」がある。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/日本におけるLGBTの権利


性的指向性自認の多様なあり方を受容する社会を目指すためのわが党の基本的な考え方

2016年5月24日自由民主党

https://www.jimin.jp/s/news/policy/132172.html