katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

皆さんにとって、 手塚治虫の「mw」と弐瓶勉の「人形の国」 それぞれの利点欠点限界盲点とは?

皆さんにとって、

手塚治虫の「mw」と弐瓶勉の「人形の国」

それぞれの利点欠点限界盲点とは?



手塚治虫が「人形の国」を

弐瓶勉が「mw」を読んだらばどのような

感想を言うのだろうか?




https://ja.m.wikipedia.org/wiki/弐瓶勉

弐瓶 勉(にへい つとむ、1971年2月26日[1] – )は日本の漫画家。男性。福島県郡山市出身[2]。


代表作は『BLAME!』、『シドニアの騎士』。




https://ja.m.wikipedia.org/wiki/MW_(漫画)


『MW』(ムウ)とは手塚治虫の漫画作品。「ビッグコミック」(小学館)1976年9月10日号 - 1978年1月25日号に連載された。同作品を原作とした日本映画が2009年7月4日より公開された。また同年6月30日には、映画連動企画のテレビドラマも放映された。


本作は「同性愛」と「猟奇殺人」を題材として扱っており、数多くの手塚作品の中で異彩なものとなっている。


タイトルであり作中の化学兵器の名でもある「MW」とは、主人公・結城が得意とする犯行の際の、女装や男娼的行為から「Man&Woman」との説がある。また、映画版公式サイトでは「Man&Woman」の他に「Mad Weapon」という説や、「180度回転させても同じなので『人の価値観は常に反転の可能性をはらんでいる』との解釈もある」と書かれている。また、映画のノベライズでは、賀来は「Monster Way」の意味だと解釈している。また「化学兵器の漏洩」というエピソードは、1969年7月8日に沖縄のアメリカ軍基地内の知花弾薬庫で起こったサリン漏洩事故が下敷きになっていると考えられる。


ビッグコミックで連載していた時、手塚治虫のチェックが済む前に、担当が「もう時間がない、絶対落とせない」と原稿を持って行ってしまい、背景が真っ白で掲載されてしまった事があった。雑誌が発売された時、手塚治虫はよっぽど悔しかったのか、アシスタントの前であったにもかかわらず、泣いてしまった[1]。