katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

氏子にも同和地域という差別が万延していたとは? 同和地域の人間が穢れているから獅子舞には参加できない?穢れとは?

1.氏子にも同和地域という差別が万延していたとは?

同和地域の人間が穢れているから獅子舞には参加できない?穢れとは?


2.江戸の語源は穢土だから

江戸(東京)全部、江戸(東京)に住んでいる人間全員が

穢れているのでは?

厭離穢土では娑婆の世界(我々が生きる世界)は

全て穢れていると

言っているのだから、

同和地域だけ差別するのは、、


3.同和差別、部落差別は 

どのようにして無くなっていくのだろうか?


4.ブルーカラー、ホワイトカラー差別

職業差別、学歴差別、住んでいる地域の差別、

容姿差別、能力差別、男女差別、年齢差別、

髪の毛長さ、色の差別、

年上、年下差別、儒教的な目上目下差別等の

「社会的な洗脳」が蔓延っているが、

自分だけは優遇されたい差別を産む

土壌、意識が様々な差別を産むのでは?


皆さんにとって、

同和地域、同和差別、部落差別、

差別とは?



http://www.asahi.com/sp/articles/ASK4W55WFK4WOIPE01L.html

けがれる…獅子舞参加を許されず 「同じ氏子」と訴えて有料記事

小若理恵2017年5月22日11時33分

 同じ神社の氏子でありながら、「けがれる」として最近まで獅子舞への参加を許されなかった被差別部落が西日本にある。憲法は「法の下の平等」をうたうのに、長い間この地区は置き去りにされてきた。対等な関係を築きたい――。当事者も地区外の人も動いて「平等」を実現させた。

 4月中旬。点在する家々の間にかねと太鼓の音が響いた。獅子が練り歩き、氏子の家を回った。

 この地区は地元神社の氏子でありながら、長い間、春と秋の大祭で奉納する獅子舞に参加できなかった。昔から「獅子舞は地区外の町民で回す」という暗黙の決まりが、その町にあったからだ。

 「ムラの人が獅子に触れるとけがれる」。この地区のことを「ムラ」と呼ぶ町にはそんな迷信があった。

 幼い頃、獅子舞が通り過ぎるのを見るだけだった地区の男性(61)は「自分たちが参加できないのは、今も続く部落差別の一つではないか」と、いつしか思うようになった。

 地区の内外を分ける形で続く獅子舞。祭りのたびに繰り返される現実が、男性には耐えがたかった。

 数年前、地区の区長になったのを機に、町の寄り合いで訴えた。

 「同じ氏子なのに祭りで外される者がいる。これでは本当に楽しい祭りとは言えないのではないか」

 男性によると、大祭を取り仕切…


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/厭離穢土



2016.10.14 Fri

東京に部落差別はない?――見えない差別を可視化するBURAKU HERITAGEの挑戦

上川多実 / BURAKU HERITAGEメンバー

   LINEで送る 

部落差別は西日本の問題?

http://synodos.jp/society/18160