katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

ヨネクラジムの利点欠点限界盲点影響業績とは?

1.ヨネクラジムとは?

皆さんにとってヨネクラジムとは?

なぜ、米倉ジムの経営は自分一代限りなのか?

世界チャンピオンは育てられても、

ジム経営を出来る人間を

彼が育てらなかった、育てるつもりがないが、

弟子達なんか任せらないからなのか?

米倉が無意識で選手を馬鹿にしているからなのか?

選手は新たな道を作るもので師に依存するという

哲学、思想によるものなのか?


2.ヨネクラジムがボクシングの歴史に与えた

影響とは?業績とは?


3.ビートたけしは高校時代に

ここの練習生だったらしいが、

そもそも練習生とは何か?


4.ヨネクラジムのスタイルはアウトボクシング

流派に近いらしいが、

アウトボクシングのと言う流派の

利点欠点限界盲点とは?


5.ヨネクラジムをボクシング選手や

他のボクシングジム(協栄・帝拳ジム等)は

どのようにヨネクラジム


6.2008年6月24日、日本ボクシングコミッションは、公務執行妨害事件により有罪判決を受けたヨネクラジム所属の保住直孝、矢島拓也を無期限資格停止処分とし、米倉を厳重注意処分としたが[1]、米倉は両選手を解雇する意思はないことを表明した[2]。らしいが、

なぜ、米倉は二人を解任する意思がないと

表明したのだろうか?

無期限停止処分とはそもそもなんなのか?


7.WBA世界ミドル級王座決定戦で、ロンドン五輪金メダリストの村田諒太が、同級1位のアッサン・エンダムに1-2の判定で敗れたことらしいが、

これはレフリーの有色人種が差別、いじめ、

白色人種贔屓が原因なのでは?

なぜ、村田諒太は敗北し、アッサン・エンダムは

勝利したのだろうか?


8.立ち技最強といわれるムエタイ(ムワンタイ)

(มวยไทยMuay Thai, Thai boxing)の

ムエタイ選手นักมวยとヨネクラジムの選手が

戦った場合どのようになるのだろうか?




http://www.hochi.co.jp/sports/boxing/20170427-OHT1T50179.html


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ヨネクラボクシングジム

ヨネクラボクシングジムは、東京都豊島区目白二丁目にあるプロボクサー養成を主目的としたボクシングジム。運営は株式会社ヨネクラプロモーション。

メルボルンオリンピック選手で、プロボクシング日本フライ級、東洋太平洋バンタム級王者の米倉健司が1963年3月に開設、80歳を超えても今なお現役で会長を続けている。

同ジムからは、これまで5人の世界王者を生み出している。これは協栄・帝拳ジムに次いで日本プロボクシング協会加盟ジム世界王者輩出数歴代3位の記録である。さらに東洋太平洋は8人・日本王者は歴代最多となる31人にものぼり「日本一のチャンピオンメーカー」の異名を持つ。アマチュア選手の育成も行っている。

1970年代はBVDの日本法人(現在の富士紡ホールディングスとは違う会社)がスポンサーにつき「BVDヨネクラボクシングジム」という名称だったことがある。

米倉は以前から「ジム経営は自分一代限り」と明言していたが、2017年4月、自身の年齢や体調等を理由に同年8月末をもってジムを閉鎖することを発表した[1][2]。



https://www.google.co.jp/amp/www.nikkansports.com/m/entertainment/news/amp/1826889.html

 タレントのビートたけし(70)が20日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」(午後10時)で、この日に行われたプロボクシングWBA世界ミドル級王座決定戦で、ロンドン五輪金メダリストの村田諒太が、同級1位のアッサン・エンダムに1-2の判定で敗れたことに触れた。


 村田は4回に右のカウンターでダウンを奪うなどしたが、ポイントで及ばなかった。


 「まさかね…」。第一声で村田の敗戦が想定外だったことを正直に明かし、「プロの規定が…」「プロらしくない試合が…」「ガードを固めて、ワンツーの後に左のコンビネーションとか」。アマチュア時代の試合運びが抜けきらない村田の戦い方が、プロの試合に対応しきれていないことが敗因の1つだと指摘した。


 ダウンも奪った試合運びには「普通は圧勝」と感想を述べた後で、「良い勉強になった」と続けた。「このままチャンピオンになっても、もっと上がいる。もっと練習。あれだけのパンチを持っているんだから」と、今後の発奮に強く期待した。


 不可解とも受け取れる判定だが、自身の映画監督としての経験も重ねて「こういうことは良くある」とも指摘。「勝ったと思って、(勝負の判定の)肝心なところでトイレに行っちゃった」と、最後はたけしらしく“オチ”も付けての解説だった。


 たけしは、高校時代にヨネクラジムの練習生になったほどのボクシング好き。96年の監督作品「キッズ・リターン」でもボクシングを題材にした。現在も芸能界一の拳闘ファンを自負している。


 この日と21日放送のフジテレビ系「ボクシングフェス2017 SUPER2DAYS~」の応援団長にも就任している。