katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

ハイドランジャー 西洋アジサイは、 なぜ、毒を含んでいるのか? その毒の成分とは?

1.ハイドランジャー 西洋アジサイは、

なぜ、毒を含んでいるのか?

その毒の成分とは?


2.皆さんにとって、

ハイドランジャー、西洋アジサイとは?


3.アジサイ、ハイドランジャーの語源とは?


4.ハイドランジャー、西洋アジサイ

登場する国内、海外の小説、雑誌、

漫画、アニメ、ライトノベル、等を

教えて頂ければ幸いです。

 

科学、植物カテゴリー皆さんの

ご回答のほど、

お待ちしております。


http://www.asahi-net.or.jp/~rw5m-szk/suzuki/migi/sonota/azisai-haidoranziya.html


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/アジサイ

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/幻覚剤


アジサイ属(広義アジサイ)の一部の種では、ウシ、ヤギ、人などが摂食したことによる中毒事例が報告されている。症状は過呼吸、興奮、ふらつき歩行、痙攣、麻痺などを経て死亡する場合もある[要出典]。1920年にアメリカでアジサイの1種アメリカノリノキ Hydrangea arborescens によるウシとウマでの中毒について、下痢・体温上昇・呼吸数と心拍数の増加・骨格筋の強い収縮・足を突っ張って飛び上がるなどの症状が見られたが、対症療法により回復したと報告されている[33][34]。日本では2008年6月に、料理の飾りに使われたアジサイの葉を摂食した客が中毒する事故が発生し、嘔吐・めまい・顔面紅潮の症状を示した[34][35][36]。


アジサイ属の毒性物質は明らかにされていない[35]。1920年のアメリカでの報告[33]から、根から抽出されたヒドランギンという青酸配糖体(グリコシド)が中毒の原因であると考えられていたが[35][37]、1963年にこれは誤りであると報告されている[34]。すなわち、ヒドランギンとされた化合物は実際には窒素(青酸)を含まないウンベリフェロン (7-ヒドロキシクマリン)であった[38]。また2008年の日本の中毒例でも、つくばでは青酸配糖体は検出されておらず[34]、大阪では葉1グラムあたり29マイクログラムと微量であった[39]。これを受けて厚生労働省は2008年8月18日付けで「アジサイの喫食による青酸食中毒について(2008年7月1日)」の文書を廃止した[40]。


2009年に京都薬科大学の吉川らは中国産のアジサイから青酸配糖体としてヒドラシアノシド類を単離したと報告したが[41]、京都産のものには含まれないなど青酸配糖体の量や種類には品種による差があると述べている[35]。一方アジサイ科ジョウザン属のジョウザンに含まれるアルカロイドの一種、フェブリフギンがアジサイにも見られることが報告されているが[42]、この化合物が中毒の原因であるかは明らかではない[35]。