katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

苫米地式コーチング的にはモチベーションを作りかたと、宮里藍の引退した理由は燃え尽き症候群、親からの奴隷のゴール(have toのゴール)3.バランス ホイール的なゴール設定がされてなかったもしくは職業のゴールに偏っていたため? 4.宮里藍 自身がセカンドキャリアを考えていなかった為5.雇ったコーチの技量が低かった、彼女の全面的な味方になれなった為?

苫米地式コーチング的な世界では、ゴールで重要なのは、肯定的な自己対話セルフトークを使い、自己肯定力をあげる、(世間一般では、天狗になるのは悪いことと言われるが、それはコーチング的には間違い天狗になれば、なるほど例え能力、技術がなくても能力、技術は後から付いてくる。


2.アーファメション

(アフォーションアファメーション)は、

未来の理想像を徹底的にイメージを出来るだけ、たくさんすれば、やればやるほど、加速して、新たな現状が出来上がり、ゴール、夢、目標が叶うということなのか?

https://matome.naver.jp/m/odai/2137790644331529801


(アファメーション(affirmation)とは肯定的な断言をする事。個人的な「誓約」をする事。


具体的には「〜したい」「こうなれば良いな…」という願望を「〜なっている。」と断定して繰り返し唱える事で、潜在意識に働きかけ、変化や成長が遠くの未来にあるものではなく「今・ここにあるのだ」という現実を作り出す事と言われている。)


3.苫米地英人さんは昔

「コンフォートゾーン」という本で(自著)

コンフォートゾーンは、作らなければならないと語っていたが、実際の意味はコンフォートゾーンを作るではなく、コンフォートゾーンを作ったらば、そのコンフォートゾーンが現状になってしまうので、

その作り上げたコンフォートゾーン事態をを破壊し、

新たなコンフォートゾーンを作る、破壊と再生のサイクルが回すことが重要ということ?

(輪ゴムは、引っ張れば力が出るが、そうでなければ逆に弱まる、それと同じ様に、ゴールに近づけばそのゴールは現状の外から現状の内側になってしまい、

潜在意識の力をうまく使えず、

モチベーションが上がらないと理解した方が良いのだろうか?


4.モーチベションとは普段慣れしたんだ、

場所に対して戻ろうとする力、 心の動きのことで、

現状に対する臨場感が強ければ、現状に引き戻され、

未来に対する臨場感が強まれば望むべき未来に行ける、?モーチベションを上げるために必要なのは

未来に対する臨場感を強くすること、?


モチベーションを上げるために必要なのは未来に対する臨場感を強くすることで、臨場感を強くすれば(未来の記憶が出来上がり、その記憶を脳に現状だと錯覚させる、騙すこと、想像した記憶という現状に戻ろとする力で、ゴール、目標、夢は達成されるのでは?


プラスアルファで、

現状維持の力は強いから出来れば、たくさん肯定的自己対話を繰り返す、アフォーション、や、

未来の理想像を徹底的にイメージすることが必要?


5.宮里藍はモチベーションが出ないから、

引退すると今日のニュースに出ていたが、

コーチング的に彼女の問題は親や兄から受け継いだ

1.奴隷のゴールを達成してしまい(世界一の選手等)

そのゴールを達成した後のゴールを設定しなかったために、モチベーション、やる気が出ないで、

世界チャンピオンなのに、格下の相手が出る大会で

負けるかもしれないと思い込んだり、

頑張らなければならないと、思う状態に陥ったので、

(燃え尽き症候群の状態に)

2.自分を発破をかけるのは大会に出ることが彼女自身の「やりたいゴールではなく、やらなければならないゴールだった為」、

3.雇ったコーチの技量が乏しい為に、

彼女を上手くコーチング出来なかった可能性が、

have toのゴールをwant toに変える技術を持っていないコーチではないかと思ったが、

(セルフイメージを高める技術のこと、)

4.彼女の引退する事の利点は親や兄達家族に植え付けられたゴールから自由になることではなかろうか?

(彼女が自分のやりたい事を見つけられるかは、

選手のセカンドキャリアの問題を考える事と

同義で、重要なのでは?)

5.彼女は当初は、世界1の選手というゴールは設定したが、そのゴールを達成される寸前、達成した後に

それ以上大きなゴールを設定しなかったことが最大の問題なのではなかろうか?

(子ども頃から世界1のゴール以外のゴールを彼女自身、もしくは親が設定するように

促さなかった、必要性と思ってやらなかった為)と

各分野別のゴール(バランス ホイール)

仕事(社会に対して自身の能力を提供すること)

ファイナンス(お金を集めること)

キャリア、健康、精神の健康、家族、異性、

趣味、地域貢献、世界貢献、教育、生涯学習等の

ゴールをバランスよく設定しなかったため、

もしくは、世界1のスポーツ選手になるゴールに

偏り過ぎたことも原因の一つなのでは?



スポーツ、心理カテゴリー皆さまの

ご回答のほど、

お待ちしております。



https://www.google.co.jp/amp/www.nikkansports.com/m/sports/golf/news/amp/1831610.html

宮里藍、結婚は「今のところはない」/一問一答1

[2017年5月29日13時50分]


https://scholar.google.co.jp/scholar?hl=ja&q=スポーツ選手+セカンドキャリア&btnG=&lr=lang_en%7Clang_ja


苫米地式コーチンセカンドキャリア。

http://reen-coaching.com/how-to-motivation-up/