katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

池袋パルコの不味いサンドイッチ(東京グールの)本当に不味いのだろうか?私的には美味しかったが、 不味いという人間は不味いという言葉に洗脳されるから、不味いと言うのではないだろうか?

f:id:katosvanidze18851907:20170531000047j:plainf:id:katosvanidze18851907:20170531000116j:plainf:id:katosvanidze18851907:20170531000204j:plainf:id:katosvanidze18851907:20170531000231j:plainf:id:katosvanidze18851907:20170531000326j:plainf:id:katosvanidze18851907:20170531000008j:plain池袋パルコの不味いサンドイッチ(東京グールの)本当に不味いのだろうか?

(5/30.18時に行ったが、不味いサンドイッチは、実は不味くはなく、非常に美味しかった、他の人たちが不味いという理由は、コンビニ等や人間様の下に会う味わいの刺激の強い濃い味を食べているからではないかと思う、サンドイッチは味が薄く、パン生地は高野豆腐の様な味わいで、ハムは片栗粉で味がないが片栗粉の味はあるので、別に不味いとは言えず、サンドイッチ全体をゴルゴンゾーラのチーズの匂いが包むが、その様なチーズを食べない人間からすれば、チーズに慣れてない人間からすれば、吐き気を催すかもしれないが、ゴルゴンゾーラの様な腐ったチーズが好きな人間からすれば、非常によい味わいに仕上がっていた)


本当に不味いのか、

それぞれ原料は何からなのだろうか?


食べた方感想のほど、

聞かせて頂ければ幸いてす。



飲食、アニメカテゴリー皆さんの

ご回答のほど、

お待ちしております。


http://the-guest.com/tokyoghoul_ikebukuro/


東京喰種カフェの「まずいサンドイッチ」 あまりの不味さに悶絶する人続出! なんでこんなの作ったんだよwwww

2017/05/29 15:00 コメント139


2017/05/27 10:00

グルメ

まずいサンドイッチに指型ソーセージ…東京喰種Cafeのクオリティが本気すぎ

池袋で開催される、東京喰種(グール)とのコラボカフェ。隻眼カレーに目玉のデザートなど、どれも見た目がすごい!

https://www.google.co.jp/amp/s/sirabee.com/2017/05/27/20161140202/amp/

http://jin115.com/archives/52178637.html


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/東京喰種トーキョーグール

『東京喰種トーキョーグール』(トーキョーグール、Tokyo Ghoul)は、石田スイによる日本の漫画作品。

石田スイのデビュー作。現代の東京を舞台に、人の姿をしながら人肉を喰らうことで生きる怪人達「喰種」(グール)をテーマにした作品。コンセプトはダーク・ファンタジーとなっているが、サイエンス・ファンタジーの要素もある。

集英社の『週刊ヤングジャンプ』にて2011年41号より連載開始。2014年42号まで連載された後、新編となる『東京喰種トーキョーグール:re』(トーキョーグール アールイー)が、同誌2014年46号より連載開始された[1]。キングダム、テラフォーマーズに並ぶ同誌の目玉作品の1つになっている。

2013年7月と2014年6・12月には十和田シンによる小説版が発売された。また、2013年8月から同年9月までデジタル漫画雑誌『ジャンプLIVE』にて番外編(スピンオフ)コミック『東京喰種トーキョーグール [JACK]』(トーキョーグール ジャック)が連載された。

2014年からはアニメ化が行われ、テレビアニメ2作とOVA2作が制作されている。

2015年7月には舞台が上演された。

2017年夏には実写映画が公開予定。主人公のカネキは原作者である石田スイの希望で窪田正孝[2]。

物語

https://en.wikipedia.org/wiki/Tokyo_Ghoul

Tokyo Ghoul (Japanese: 東京喰種トーキョーグール? Hepburn: Tōkyō Gūru) is a Japanese dark fantasy manga series by Sui Ishida. It was serialized in Shueisha's seinen manga magazine Weekly Young Jump between September 2011 and September 2014 and has been collected in fourteen tankōbon volumes as of August 2014. A sequel titled Tokyo Ghoul:re began serialization in the same magazine in October 2014 and a prequel titled Tokyo Ghoul Jack ran online on Jump Live.

A 12-episode anime television series adaptation by studio Pierrot aired on Tokyo MX between July and September 2014. A 12-episode second season, Tokyo Ghoul √A, which follows an original story, began airing on January 8, 2015, and concluded on March 26, 2015. In North America, Viz Media is publishing the manga while Funimation has licensed the anime series for streaming and home video distribution. The anime was obtained by Madman Entertainment for digital distribution in Australia. As of June 2016, there were over 18 million copies of Tokyo Ghoul in circulation.

A live-action film based on the manga was announced in June 2016 to open the summer of 2017.

https://ru.wikipedia.org/wiki/Tokyo_Ghoul

Tokyo Ghoul (яп. 東京喰種-トーキョーグール- то:кё: гу:ру, неоф. русск. «Токийский гуль») — фантастическая манга авторства Суи Исиды, которая выпускалась с 8 сентября 2011 года по 18 сентября 2014 года в журнале Weekly Young Jump издательства Shueisha. В 2014 году манга получает адаптацию в виде аниме-сериала, которая выполнена студией Pierrot, премьера состоялась 4 июля[2].