katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

HIVウィルスの利点欠点限界盲とは。 HIVウィルスを未然に防ぐには、 具体的にどの様にすればよいのだろうか?

HIVウィルスの利点欠点限界盲とは。

HIVウィルスを未然に防ぐには、

具体的にどの様にすればよいのだろうか?


HIVを完治するためには、?




http://www.asahi.com/sp/articles/ASK5M6HGLK5MPTIL02J.html

厚生労働省が定める「HIVエイズウイルス)検査普及週間」が1日から始まる。HIVの感染経路は男性間での性的接触が多いが、女性も決して無関係ではないとして、各地の保健所や検査会場で、若い女性に関心を高めてもらうためのリーフレットが配布されている。

 昨年3月に完成した「ゴムを使う100の方法 女子のための the 100 ANSWERS」(A4判2ページ)。宝塚大看護学部の日高庸晴(やすはる)教授(社会疫学)が代表の研究班が、厚労省エイズ対策研究事業の一環で作った。20~30代の女性に対し、避妊具をつけてほしいことが男性にうまく伝わった体験談をインターネットで募集。373人の回答をもとに、「つけなきゃ無理!」などはっきり断る文言や「寝たふりをする」といった100の伝え方を挙げた。

 作成の中心となった新潟大医歯学総合病院感染管理部の古谷野(こやの)淳子・特任助教(臨床心理学)は、相手がHIVなどの性感染症の予防をしようとしない場合、求めるのは勇気がいるとみる。「予防の知識を教わっていても、いざとなると行動を起こせない人もいる」。大人になるまで性に関することを教わる場面は少なく、友人とも話しづらい。リーフレットを見て、「これなら自分も使えそう」と思ってくれたら、と古谷野さんは願う。

 普及週間は7日まで。リーフレットは日高教授のホームページ「health-issue.jp」(http://health-issue.jp/the_100_answers_girls.html別ウインドウで開きます)から無料でダウンロードできる。(花房吾早子)

PR



http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13128852/

読売新聞

エイズウイルス潜在感染者、3830人と推計

 エイズウイルス(HIV)に感染していることを知らない潜在的感染者が3830人いるとする推計値を、東大の岩本愛吉名誉教授らの研究グループがまとめた。


 これまで信頼できる推計値はなく、感染者の実態把握に役立てる。


 研究では、2011~15年に初めて献血した人の血液からHIVが見つかった件数から、15年時点の感染者数を推計した。


 その結果によると、潜在的感染者は男性3740人、女性90人だった。5歳ごとの年齢別では、男性が40~44歳の885人、女性が25~29歳の69人がそれぞれ最多となった。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/後天性免疫不全症候群

後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、英語: Acquired immune deficiency syndrome, AIDS(エイズ))は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす疾患[2]。照屋勝治はエイズを慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」としている[3]。性感染症の一つ。