katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

鳩はどの様なものを食べるのだろうか? 真水等は飲むのだろうか? 雑食ということは基本はパンダと同じで 何でも食べるというイメージでよいのだろうか?

鳩はどの様なものを食べるのだろうか?

真水等は飲むのだろうか?


雑食ということは基本はパンダと同じで

何でも食べるというイメージでよいのだろうか?


皆さんにとって、

鳩のイメージ(印象、心象、ニュアンス.語感)とは?


https://ja.wikipedia.org/wiki/

(はと)は、ハト目ハト科に属する鳥類の総称である。体に比べて頭が小さく、胸骨、胸筋が発達してずんぐりとした体型が特徴である。ハト目には世界では約42属290種あり、そのうち日本の在来種は、カラスバト属(カラスバトアカガシラカラスバト、ヨナクニカラスバトリュウキュウカラスバト、オガサワラカラスバト)、キジバト属(キジバトリュウキュウキジバトシラコバト)、ベニバト属(ベニバト)、キンバト属(リュウキュウキンバト)、アオバト属(アオバトリュウキュウズアカアオバト、チュウダイズアカアオバト)の5属13種があげられる[1]。 このうち、リュウキュウカラスバトとオガサワラカラスバトの2種は、絶滅したと考えられていたが、近年、DNA調査により亜種がいくつかの諸島部で生存していることが確認された。

なお、カワラバト(ドバト)は、1500年程前に日本に渡来した外来種であるとともに、5000年以上前より世界各地で家禽化され広まった飼養品種であるため、学術的には日本ネイティブな在来種ではない[2]。このため、現在でも野鳥とみなされないことがある。また、ジュズカケバトについては、広義にはシラコバトのうち飼養品種となったものとされるため、上記リストからは省かれている。ジュズカケバトの白色変種である銀鳩[3]も同様である。


生物として[編集]

鳩という名前はパタパタと飛び立つときの音の様子に由来すると考えられる。「鳩」(九+鳥)の字にある(九)は鳴き声(クルッククゥー)からきた、とする説がある。「鳩」の中国語の発音であるキュウ(漢音)やク(呉音)は、英語のハトの鳴き声<coo>(クウ)、日本語のハトの鳴き声「クウクウ」に近い。「ハト」の名は、軽やかに羽ばたく音「ハタハタ」から、ともいう。また、漢和字典では「球」(中心に引き絞られた形)と同源としている。現代中国では「鴿子」(正体字)「鸽子」(簡体字)という。拼音は「gēzi」。

食性は雑食性である(木の実やミミズ[要出典]を食べる)[要検証 ]。一般的に熱帯種では一腹一卵、温帯種では一腹二卵を生み、14~21日の抱卵の後孵化する。鳩のヒナが孵化(ふか)から巣立ちするまでの期間は25~40日だが、鳩ミルクピジョンミルク)と呼ばれる親鳥のソノウから分泌される高タンパクなミルクで育てられる。ひなは親鳥の口にくちばしを差し入れてミルクを摂取する。ピジョンミルクには炭水化物は殆ど含まれておらず、主成分は主にたんぱく質である。栄養価は高く、アスリート用のプロテインに近い成分組成である。ただし、ピジョンミルクにはひなの成長につれて、半消化状態の柔らかいエサが徐々に混ざることがわかっている。巣から落ちた鳩のひなを人工飼育するには、植物性のプロテインや練り餌(釣具屋で売っているフナや鯉釣り用の練り餌が安価で簡便である)をぬるま湯でかゆ状に溶き、手のひらに握りこんで指のすき間から与えるのが簡単な飼育法である。

飼育史[編集]

ハトはおおよそ10000年から6000年ほど前の新石器時代に飼育動物化されたと考えられている。ハトは人里に近い土地で営巣する動物であり、洞窟、そして泥や石で造られた初期人間の住居に巣を作っていた。当時中東において栽培が始まったコムギオオムギなどもハトの食料として好適であった。こうしてハトと人間の距離が縮まったのち、ハトの飼育化がはじまった。当初は神経質な成鳥にくらべ人に慣れやすく飼いやすいハトの雛を成長させる目的で飼育がはじまり、やがて家禽化していったと考えられている[4]

紀元前2900年ごろにシュメールシュルッパクにて起こった大洪水はシュメルの洪水神話として後世に残され、『ギルガメシュ叙事詩』や旧約聖書ノアの方舟の話の原型となったが、『ギルガメシュ叙事詩』においてすでに陸地を探すためにハトをはなした話が記載されており、このころにはハトが飼育されていた証拠とも考えられている。紀元前4500年ごろのイラクのアルパチャにおいてハトのテラコッタの像が出土しており、ハトが宗教上重要視されていたことをものがたっている。古代エジプトにおいてもハトは飼育されていた。やがてハトの飼育は地中海へと広がり、古代ギリシャの各都市やエトルリア人にも広まった。ローマ帝国においてはハトは宗教上重要な意味を持つ一方、肥育されて食用としても盛んに用いられた[5]

人との関係[編集]

カワラバト(ドバト)

ハトはまた、通信用の伝書鳩としても古代から盛んに使用された。カワラバトから長年にわたって改良された伝書鳩は、戦中の軍事用、戦前・戦後には報道用や通信用に大いに活用された。太陽コンパスと体内時計地磁気などにより方角を知る能力に優れているとされ、帰巣本能があるため、遠隔地まで連れて行ったハトに手紙などを持たせて放つことによって、情報をいち早く伝えようとしたのである。戦時には古くから軍が導入し、軍用鳩が本格的に研究され、第二次世界大戦においては主に伝令用の他、小型カメラを装着させた敵地偵察用のスパイ鳩として活躍した。薬品血清等の医薬品、動物(主に牛)の精子の輸送にも使われ僻地医療で重要な役目を果たした。しかしその後、電話などの通信技術の進歩によりその役目を終えたかに見えた。現在では、脚環にICチップを内蔵した自動入舎システムが普及したため、かつて鳩を飼っていた団塊の世代がリタイア後に再開し、鳩レースを楽しむことが小ブームになっている。また、情報IT関連の新しい試みとして、レース鳩にマイクロSD(合計2TB程度)等の超小型メモリーチップを運ばせたり(200km程度の短距離で所要時間約2H)、GPSユニットやCCDカメラ等を取り付け、より詳細な生態や飛行コースを追跡する実験も行われている[6]

文化[編集]

Gezi2.jpg

ハトは、その群れを成す性質から、オリーブと共に平和の象徴とされている。

ノアとハトのモザイク画

これは旧約聖書ノアの箱舟の伝説にも由来している。ノアは47日目にカラスを放ったが、まだ水が乾く前であったからすぐに戻ってきた。ハトを放ったところ、オリーブの葉をくわえて戻ってきた。これによりノアは水が引き始めたことを知ったという。平和の祭典とも称される近代五輪の開会式では、かつては実際に鳩が飛ばされていたが、外来生物への危機感の高まりや鳩が生息できる環境ではない場所での開催、式典が日中ではなく夜中に行われるようになった事などから、鳩に扮した人のダンサーなどによるパフォーマンスや鳩を模した風船、モニター映像によるもの等に変わった。

また、ギリシア神話においてハトは、女神アプロディーテー聖鳥とされていた他、イアーソーンを始めとする英雄たち(アルゴナウタイ)が乗るアルゴー船が、互いに離れたりぶつかり合ったりを繰り返す二つの巨岩シュムプレーガデスの間を通り抜ける際、試しにハトを通り抜けさせて安全を確認するエピソードや、狩人オーリーオーンプレイアデス(巨神アトラースの七人娘たち)を追い回した際、それを不憫(ふびん)に思った主神ゼウスが彼女たちをハトに変え、さらに星へと変えたエピソード等が存在する。新約聖書では、荒野で苦行を終えたイエス・キリストサタンの誘惑をしりぞけた後、聖霊が白いハトの姿となってくだったことは、つとに有名である。

一方、オーストリア動物行動学の権威、コンラート・ローレンツはその著書『ソロモンの指環』の中で、平和の象徴とされるハトの別の一面を紹介している。2羽のハトを一つの鳥籠に入れて外出したところ、籠の中でハトが喧嘩を起こし、互いに死ぬまで決して戦いを止めようとはしなかった、というもので、こうした「ハトの喧嘩」は戦い方を知らず致命打を与えられるほどの武器も持ち合わせていない動物ほど、いざ争いを始めた際にはある意味戦慣れした肉食動物以上に凄惨な殺し合いに発展する、という事例の典型例として引き合いに出される事が多い。

日本[編集]

日本がヴェルサイユ条約締結を記念して発行した3銭切手(大正8年 (1919年))

日本では鳩が八幡神神使とされてきた。八幡神軍神なので平和とは結びつかず、武士の家紋ともなった[7]。戦後西洋的価値観が入ってきて、タバコピースのデザインのような平和のシンボルと言うイメージが定着した。

十銭紙幣A号券(昭和22年 (1947年))

日本の童謡の代表的なものの一つとして『』が挙げられる。また、瀧廉太郎は『鳩ぽっぽ』という童謡を作曲している。

「鳩に三枝の礼あり(仔鳩が親の恩を感じ三つ下の枝に止まる故事より、礼儀を重んじることの重要性)」「鳩に豆鉄砲(突然の出来事に、あっけにとられた様子)」「鳩を憎み豆を作らぬ(些細なことに拘って肝心なことが疎かになる愚かしさや弊害)」等、諺でもお馴染みである。

ハトの名前は特急列車の名称などに用いられ親しまれたことがある他、日本テレビジャンクション鳩の休日』にも長年(開局〜)ハトが登場している。また、神奈川県の銘菓のひとつに、「鳩サブレー」というハトの形を模した菓子も存在している。

郷土玩具のあけび鳩車

企業名やシンボルマークでハトにちなんだものとしては、例えばはとバスや、イトーヨーカ堂ロゴマーク(真上にと真下にの中間にシロバトの位置)、ハトのマークの引越センターが存在し、また滋賀県を中心に展開するスーパーチェーンの平和堂ロゴマーク(赤い背景に前にシロバトと後にアオバトの位置)として親しまれていたこともある。後述の外国語名から取られた企業名として、ベビー用品メーカーのピジョン、ガス機器メーカーのパロマなども挙げられる。

日本では1980年代あたりから都市部を中心にハトによる食害や糞害が多発し、問題化している。もともと都市部に生息する野鳥はヒトに肺炎を起こすオウム病クラミジア原虫)やクリプトコッカスカビの一種)を含んだ糞を排出しやすく、特に大群をなすハトはそれを排出しやすい。[要出典]公園などでの餌付け行為にも賛否がある。

イングランド[編集]

イングランドでは、胸の筋肉を異常に発達させたポーターという愛玩具用の品種の鳩やw:Fancy pigeonという観賞用のハトの品種群が存在する(w:pouterを参照)。

中国[編集]

中国では鳥を放つと幸運が訪れるという民間信仰があり、祭事・祝い事の際にはハトを放つ習慣があったが、現在では都市部でハトが繁殖してしまっているため、放鳥が禁止されている地域もある。

食用[編集]

食文化としてドバトは中国では普通に食用にされる。また、フランスでもハトは食材として一般的である。ギリシャレバノン、エジプトなど地中海沿岸諸国においてハトはよく食される[8]イギリスでも18世紀頃までは自然繁殖した物を捕らえて調理したものが一般的に食卓に上っていたといわれ、現在でも食文化中にそのなごりがみられる。中近東では古くより、乾燥した風土でも放し飼いでよく増える性質があるため、ハトのための養殖場のような建造物)もあり、貴重な動物性蛋白源として、一般的に利用されている。鳩の塔(ピジョン・タワー)と呼ばれるこの塔は、高さは10mから15mほどで、場所によってスタイルが違う。イランイスファハーン周辺においてはひとつおきに積んだ日干しレンガを高く積み上げ、ハトの休息できる無数の空洞を作る。ここにハトがやってきて営巣するのである。その外側はぐるりと日干しレンガの壁によっておおわれており、内部構造は見えなくなっている。外壁にはいくつかの穴があけられており、そこからハトは出入りする。エジプトにおいては中は空洞で、そのかわりに止まり木が何段も差し込まれ、これがハトの巣となっている。イランにおいてのピジョン・タワーの主目的は肥料としてのハトの糞の収集であり、そのため化学肥料の普及後は利用されることはなくなっている。これに対しエジプトのピジョン・タワーは食用ハトの飼育を目的としており、現在でも使用されている。糞ももちろん肥料として使用するが、二義的なものである[9]。エジプト料理においてはハトは一般的な食材の一つとなっている。

日本では一般的には鳩を食用とすることはまれである。初めて日本にきた中国人はしばしば、野生のハトを誰も捕まえようとせず、ハトも人を恐れないことに驚く。日本において野鳥を狩猟することは鳥獣保護法で規制されているが、キジバト(山鳩)は狩猟鳥であり、食用にされることがある。ハトの卵はハトの肉と同様日本では食材として一般的ではない。沸騰したお湯でも固まらず、ほとんど食べられることはない。

首振り歩行[編集]

ハトは歩行時に首を前後に振りながら歩くことで知られている。この動作はハト科以外の多くの鳥でも見られるが、ハト(特にドバト)は、警戒心が非常に弱く、歩いている状態で身近に見かける機会が多いため、多くの人々から「首を振る鳥」として認知されている。

この首振り歩行は、暗闇や、ベルトコンベア上を逆向きに歩かせたときは行われない。一方、移動する風景を投影するスクリーンを周囲に張り巡らした実験装置の中では歩行しないまま首振りをする。従って、胴体が前進しているときでも頭部だけはなるべく長時間にわたって空間内で静止するよう首を前後させ、視覚情報を安定して得られるように行われているものと考えられている。また、首振りのタイミングは、体重を片脚で支えている間も重心が安定する位置に来るようになっている。それゆえに「安定して歩行するため」という説もある。恐竜の末裔である鳥類の歩行の研究は、まだまだ、謎に満ちている分野であると言える。

各国語での呼び名など[編集]

第一次世界大戦偵察機として多く使われた軽飛行機の「エトリッヒ・タウベ」(またはルンプラー・タウベ)の名は、翼の形がハトに似ていることからつけられた。
pigeon (ピジョン) / dove (ダヴ)
英語において、ノルマン人からの借用語である pigeon は主に飼いバトを、ゲルマン語由来の dove は野生バト、とりわけコキジバト(turtle dove)を指すが、現在のアメリカなどでは pigeon で一括してしまうことも多い。また詩語としては dove が好んで使われる。
paloma (パロマ
スペイン語でハトの意味。パロマを参照。
Taube (タウベ)
ドイツ語。英語 dove と同源[10]
鴿子/鸽子(コーツ、gēzi
現代中国語では「鳩()」という字は用いない。なお、「鳩()」「鴿)」ともに、鳩の鳴き声に由来する音字であるとされる。

  • https://en.wikipedia.org/wiki/Columba_(genus)
  • The large bird genus Columba comprises a group of medium to large stout-bodied pigeons, often referred to as the typical pigeons. The terms "dove" and "pigeon" are used indiscriminately for smaller and larger Columbidae, respectively. Columba species – at least those of Columba sensu stricto – are generally termed "pigeons", and in many cases wood-pigeons. The species commonly referred to just as "the pigeon" is the feral pigeon (C. livia domestica). It is derived from the rock pigeon (C. livia), which also has given rise to the majority of domesticated pigeonbreeds, such as the racing pigeon. Meanwhile, "wood pigeon" by itself usually means the common wood pigeon (C. palumbus).

    This genus as understood today is native to the Old World, but some – notably the domestic and feral rock pigeon – have been introduced outside their natural range, for example in the Americas.

    Etymology[edit]

    The term columba comes from the Latin columba, "a dove",[1] the feminine form of columbus, "a male dove",[2] itself the latinisation of the Greek κόλυμβος (kolumbos), "diver",[3] which derives from the verb κολυμβάω (kolumbaō), "to dive, plunge headlong, swim".[4] The feminine form of kolumbos, κολυμβίς (kolumbis), "diver",[5] was the name applied by Aristophanes and others to the common rock pigeons of Greece, because of the "swimming" motion made by their wings when flying.[6]

    Systematics[edit]

    The American pigeons formerly in Columba are now split off as a separate genus Patagioenas again. That the American radiation constitutes a distinct lineage is borne out by molecular evidence; in fact, the Patagioenas "pigeons" are basal to the split between the Columba"pigeons" and the Streptopelia "doves". The typical pigeons together with Streptopelia and the minor Nesoenas and Stigmatopelia lineages constitute the dominant evolutionary radiation of Columbidae in temperateEurasia, though they also occur in tropical regions. The taxonomic status of some African pigeons presently placed here is in need of further study; they are smaller than the usual Columba (and hence often called "doves"), and differ in some other aspects. They might be separable as genus Aplopelia. That notwithstanding, the lineage of the typical pigeons probably diverged from its closest relatives in the Late Miocene, perhaps some 7-8 million years ago (Ma).[7]

    Species[edit]

    African olive pigeon (C. arquatrix)
    Nilgiri wood pigeon (C. elphinstonii)
    The extinct Lord Howe pigeon (C. vitiensis godmanae) is known only from some travellers' reports

    Species remaining in Columba are:

    fossil species, C. omnisanctorum, was described from the Early Pliocene (5.3-3.6 Ma) of the Gargano Peninsula and surroundings, Italy. A supposed "falcon" fossil from nearby contemporary and Middle Pliocene(3.6-2.6 Ma) sites may either be of the same species or another pigeon; the name Columba pisana would apply for it or (if conspecific) for both. C. melitensis is a fossil pigeon from the Late Pleistocene of Malta. Only known from a coracoid described by Richard Lydekker in 1891, whether it is indeed distinct from the living species and not just a paleosubspeciesneeds to be studied, given its late age. Indeterminate remains of a Columba were also found in Late Pliocene/Early Pleistocene (ELMMZ MN 17) deposits at Varshets (Bulgaria) and Šandalja (Croatia).[8]

    Another prehistoric pigeon, C. congi, was described from Early Pleistocene remains found in the famous Zhoukoudian caves in China. This, too, needs to be studied regarding whether it is not just an ancestral population of a still-living species.


    https://scholar.google.co.jp/scholar?q=ハト+生態&btnG=&hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0%2C5