katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1.明治カール東日本での販売終了したが、

1.明治カール東日本での販売終了したが、

(工場の生産品目を集約して生産効率を高める狙いで)

明治カールという菓子の

利点欠点限界(陥穽)盲点とは?


(通販で買えば東も西等の地理は

関係ないと思えが)


2.皆さんにとって明治カールとは?


3.株式会社明治はこれから

どのようになって行くのだろうか?

(小さな視点では、

工場の生産品目集約、生産効率を高めることだが、

大きな視点では?)



[PDF]

「カール」シリーズの販売地域変更などに関するお知らせ - 株式会社 明治

7 時間前 - 株式会社 明治は、スナック菓子「 カールチーズあじ」および「カールうすあじ」の全国での販売. を終了し、関西地域以西での販売とさせて ...

http://www.meiji.co.jp/smartphone/corporate/


http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDZ25I0J_V20C17A5000000/

明治「カール」、東日本での販売終了へ

ラインアップも2種に縮小

2017/5/25 16:50

企業

 

主力の「チーズあじ」など2種が西日本限定販売になる明治のスナック菓子「カール」(25日)

 明治は25日、スナック菓子「カール」シリーズの販売を東日本で終了すると発表した。主力の坂戸工場(埼玉県坂戸市)など全国5カ所の生産拠点のうち8月中に4カ所で生産を終了し、子会社である四国明治(香川県三豊市)の松山工場(松山市)1カ所に縮小して西日本限定で販売する。ラインアップも主力の「チーズあじ」「うすあじ」のみにして、「カレーあじ」「大人の贅沢カール」「小つぶカール」は生産終了する。


 カールは約50年間販売されてきたコーンのスナック菓子のロングセラー。テレビCMで長年使用してきたキャラクター「カールおじさん」も認知度が高い。


 ただ、明治によるとスナック菓子の人気はポテトチップス系に集まるようになり、コーン系は長年苦戦が続いてきた。カールも最盛期の1990年代には小売りベースで190億円程度あった売り上げも、現在は約60億円と3分の1以下に激減していた。生産や物流の効率性を考慮し、今後は西日本のみの販売とする。


 明治が同じく生産・販売していたコーンのスナック菓子「ピックアップ」も販売を終了する。工場の生産品目を集約して生産効率を高める狙いもある。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/カール_(スナック菓子)

カールは、株式会社明治が発売しているスナック菓子。


ポップコーンに着想を得て1968年、当時の明治製菓から発売された。明治ではカールを日本初のスナック(菓子ではない)として公表している[1]。


名称は昭和30年代に流行した玩具「カール人形」から採用された[2]。