katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

限界、陥穽 発音、意味、語源、使用例、 語感(印象、心象、イメージ、ニュアンス)

限界、陥穽

発音、意味、語源、使用例、

語感(印象、心象、イメージ、ニュアンス)


皆さんにとって限界、陥穽、とは?


限界、陥穽、の微妙な違いとは?


https://dictionary.goo.ne.jp/jn/48654/meaning/m0u/

かん‐せい【陥×穽】 の意味

出典:デジタル大辞泉

1 動物などを落ち込ませる、おとしあな。「陥穽にはまる」

2 人をおとしいれる策略。わな。「詐欺師の仕掛けた陥穽に陥る」


 

名詞

かん‐せい【陥×穽】の前後の言葉

官制

官製

陥穽

乾生

乾性

索引から検索 か かん かんせ


 

かん‐せい【陥×穽】の例文

・・・しかしながら現代の男女としてはかような情緒にほだされていわゆる濡れ場めいた感情過多の陥穽に陥るようなことはその気稟からも主義からも排斥すべきであって、もっと積極的に公共の建設的動機と知性とをもって明るく賢く快活に生きるべきであろう。

倉田百三「人生における離合について」

・・・丙は時として荊棘の小道のかなたに広大な沃野を発見する見込みがあるが、そのかわり不幸にして底なしの泥沼に足を踏み込んだり、思わぬ陥穽にはまって憂き目を見ることもある。

寺田寅彦「自由画稿」

・・・草原の草を縛り合わせて通りかかった人を躓かせたり、田圃道に小さな陥穽を作って人を蹈込ませたり、夏の闇の夜に路上の牛糞の上に蛍を載せておいたり、道端に芋の葉をかぶせた燈火を置いて臆病者を怖がらせたりと云ったような芸術にも長じていた。

寺田寅彦「重兵衛さんの一家


https://dictionary.goo.ne.jp/jn/69259/meaning/m0u/

物事の、これ以上あるいはこれより外には出られないというぎりぎりの範囲、境。限り。「広葉樹分布の北の限界」「能力の限界を知る」「体力の限界に挑戦する」