katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

覬覦 (きゆ)、道鏡(どうきょう)の意味、語源、使用例、 語感(印象、心象、イメージ、ニュアンス)とは?

覬覦 、道鏡の意味、語源、使用例、

語感(印象、心象、イメージ、ニュアンス)とは?


皆さんにとって、

覬覦 、道鏡とは?



https://kotobank.jp/word/覬覦-476514

き‐ゆ【×覬×覦】


[名](スル)身分不相応なことをうかがい望むこと。

「鴃舌(げきぜつ)の蛮夷(ばんい)神州を―しに来たかと疑猜(うたが)い憤りて」〈露伴・寝耳鉄砲〉


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/道鏡

道鏡 自筆署名

道鏡(どうきょう、文武天皇4年(700年)? - 宝亀3年4月7日(772年5月13日))は、奈良時代法相宗の僧。物部氏の一族の弓削氏の出自で、弓削櫛麻呂の子とする系図がある[1]。 孝謙天皇に仕え、寵愛を受けたとされる。 俗姓が弓削連であることから、弓削道鏡(ゆげのどうきょう)とも呼ばれる。兄弟に弓削浄人天智天皇の皇子である志貴皇子の子とする異説もある[2]。


https://en.wikipedia.org/wiki/Dōkyō

Dōkyō (道鏡?, 700 – May 13, 772) was a Japanese monk of the Hossō sect of Buddhism; and he was a political figure in the Nara period.[1]