katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

肯定的表現」⇆ 「誉める言葉」を使うことの 利点欠点限界盲点とは? (良い事をした時は、それを正当に評価し、素直にそれを表現すれば良い。わざと言ったり、強いて褒め言葉を言っても、相手を甘えさせたり、間違ったメッセージを与えるのは、正しくないので、避けるべき。なのだろうか?)

肯定的表現」⇆ 「誉める言葉」を使うことの

利点欠点限界盲点とは?

(良い事をした時は、それを正当に評価し、素直にそれを表現すれば良い。わざと言ったり、強いて褒め言葉を言っても、相手を甘えさせたり、間違ったメッセージを与えるのは、正しくないので、避けるべき。なのだろうか?)


自己肯定力、自己効力感(エフカシィー、efficacy)を

上げることの利点欠点限界盲点とは?


皆さんにとって、

自己肯定力、自己効力感(エフカシィー、efficacy)とは?


熱意ある社員が日本て6パーセントなのは

やりたい仕事ではなく、

やりたくない仕事をやっているからでは?

だから、モーチベションが上がらないのでは?



http://scholar.google.co.jp/scholar?q=自己肯定力+efficacy&hl=ja&as_sdt=0&as_vis=1&oi=scholart&sa=X&ved=0ahUKEwjh0I3t147UAhVKmpQKHdHdAmIQgQMIGjAA


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/自己効力感

自己効力感 (じここうりょくかん)(self-efficacy) とは、自分がある状況において必要な行動をうまく遂行できるかという可能性の認知[1]。心理学で用いられる。


カナダ人心理学者アルバート・バンデューラが提唱したもので、原語はself-efficacy[2]。「自己効力」[3]や「自己可能感」[4]などと訳されることもある。自己効力感は、バンデューラの社会的認知理論の中核となる概念の1つである[1]。自己効力感を通して、人は自分の考えや、感情、行為をコントロールしている[要出典]。


よく似た用語に、自尊心(self-esteem)があるが、自尊心は自分を信じていること、あるいは自分を信じていると感じている程度を意味する[5]のに対し、自己効力感は自分にある目標を達成する能力があるという認知[1]のことをさす。ただし、高い自尊心を持っていれば、困難な作業であってもそれに取り組もうとして、結果的に成功をもたらすことも多い [1]。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/自己評価

自己評価(じこひょうか)とは、自分で自分についての評価(吟味)をする機能/システムのことを指す。この場合の「自己評価(する)」は英語で「self-evaluation」という。反対語は他者評価。


なお、自分に対する評価そのものとして、自己肯定感(自尊感情)を持つことについて用いられることもある。この場合の「自己評価(が高い/低い)」は英語で「self-esteem」といい、自尊心を持つことを指す。主観的で肯定的な自己評価を自信という場合もある。


自分自身を評価するという文脈における自己評価とは、自尊心的な意味でその自らの評価を肯定するとか否定するなどといった意味ではなく、社会において自らから生み出したものを評価することでよりよい物を生産したりすることができるという文脈などで用いられる用語である。もっとも、自尊感情と自己評価は連関しているという指摘はあり、社会心理学では「SEMモデル (Self-evaluation maintenance model)」といって自己評価を高く保とうとするシステムの存在を指摘している。自己評価は会社経営や学校教育など様々な分野で役立つ事も多いとされる[要出典]。


「熱意ある社員」6%のみ 日本132位、米ギャラップ調査

2017/5/26 0:29

国際

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLZO16873820W7A520C1TJ1000/



トップ › ブログ 2016年 11月 › モチベーションには2種類あるんです

http://www.sugimoto-works.com/posts/blog116105.html


モチベーションの上げ方、

http://reen-coaching.com/how-to-motivation-up/