katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

(平井の痴漢冤罪「やっない」でも強制連行)総武線平井駅(亀戸、新小岩の真ん中の駅)で、 痴漢の冤罪の男性が警察に連行されたらしいが、痴漢の冤罪事件は本当なのだろうか? (中国人女性は痴漢と言ったらしいが、 男性はバックがあっただけだと語っているが どちらの方が正しいのだろうか?)

総武線平井駅(亀戸、新小岩の真ん中の駅)で、

痴漢の冤罪の男性が警察に連行されたらしいが、痴漢の冤罪事件は本当なのだろうか?

(中国人女性は痴漢と言ったらしいが、

男性はバックがあっただけだと語っているが

どちらの方が正しいのだろうか?)



皆さんにとって、痴漢冤罪とは?


痴漢冤罪が起きたらば、我々(男性、女性、その他)は

どの様にするべきなのだろうか?



痴漢冤罪事件が起きた平井駅は何が有名な駅なのだろうか?(観光、名産、歴史、コミュニティ、住みやすさ、家賃等)



社会、法律カテゴリー皆さんの

ご回答のほど、

お待ちしております。



総武線 平井駅で痴漢冤罪の男性が警察に連行される事件発生 電車遅延 6/3

https://matome.naver.jp/m/


【大悲報】平井駅で痴漢冤罪騒ぎ なお痴漢を疑われた男性は警察に連行された模様

https://www.google.co.jp/amp/amp.alfalfalfa.com/articles/187468.html


<痴漢冤罪保険>加入急増「逃げるより、まず弁護士を」

 

毎日新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-00000028-mai-bus_all

 電車などで痴漢の疑いをかけられた人に迅速に弁護士を派遣し、相談費用も補償する保険サービスの契約件数が急増している。痴漢容疑者が線路に逃げてトラブルが拡大する事例が相次ぐ中、「逃げるよりも、まず弁護士を呼んだ方がいい」との認識が広がっていることが背景にあるとみられる。

 このサービスは、ジャパン少額短期保険(東京都千代田区)が2015年9月に始めた「痴漢冤罪(えんざい)ヘルプコール」。交通事故などの際、弁護士への相談費用を補償する年6400円の保険に特典として付く。この特典目当ての加入が大半だという。

 契約者が痴漢の疑いをかけられた際、スマートフォンなどを通じて通報すると、提携する全国各地の弁護士に一斉に緊急メールが届く。通報者の位置情報も発信されるため、近くの弁護士が駆けつけたり電話で相談に乗ったりする。事件発生後48時間以内の弁護士費用が全額補償される。

 この保険の契約件数は4月まで数十件ペースで推移していた。しかし都内で痴漢容疑者が線路に逃走する事件が相次いで報じられ、5月に入って契約件数が数百件と10倍以上に急増したという。

 契約者の8割は男性だが、痴漢被害に遭った際にも利用可能のため、女性の契約者も2割いる。冤罪以外の場合、補償されない。

 同社の杉本尚士社長によると、痴漢冤罪裁判を描いた映画「それでもボクはやってない」をヒントに開発したという。「痴漢トラブルにいつ巻き込まれるか分からない。不安に感じている人の手助けになれば」と話す。【松本尚也】


https://keiji-pro.com/columns/1/

2016.3.31

弁護士が解説!痴漢冤罪を回避する全手順


http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/kurashi/higai/koramu2/koramu5.html

警視庁 許すな痴漢!


https://www.npa.go.jp/hakusyo/h27/data.html

平成27年警察白書 統計資料


https://ja.wikipedia.org/wiki/小岩警察署

小岩警察署(こいわけいさつしょ)は、警視庁が管轄する警察署の一つである。第七方面本部所属。

江戸川区の東北部を管轄している。

署員数およそ290名、識別章所属表示はTI。

所在地[ソースを編集]

施設[ソースを編集]

管轄区域[ソースを編集]

江戸川区のうち、以下の町丁を管轄。特記のないものはその町丁の全域を管轄。

  • 鹿本地域の一部
  • 松江地域の一部
    • 大杉五丁目の一部(30・31番)(それ以外の大杉は小松川警察署の管轄)
    • 中央三丁目の一部(14から16番の各一部、17から19番、20番の一部)、四丁目の一部(19番の一部)(それ以外の中央は小松川警察署の管轄)
  • 篠崎地域の一部
  • 小岩地域
    • 南小岩一・二・三・四・五・六・七・八丁目
    • 東小岩一・二・三・四・五・六丁目
    • 西小岩一・二・三・四・五丁目
    • 北小岩一・二・三・四・五・六・七・八丁目

沿革[ソースを編集]

組織[ソースを編集]

交番[ソースを編集]

駐在所[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]











https://ja.m.wikipedia.org/wiki/小松川警察署

https://www.city.koto.lg.jp/101020/kuse/tokeshiryo/tokehyo/862.html
江東区人口統計

関連ページ

https://ja.wikipedia.org/wiki/痴漢冤罪

痴漢冤罪(ちかんえんざい)とは、痴漢をしていない者が、痴漢行為者として疑いをかけられる冤罪

概要[編集]

近年では社会的に、痴漢犯罪を撲滅しようという動きが高まり、1999年以降痴漢の送検件数が急増した。一方で、痴漢犯罪の取締り強化に伴い、痴漢行為をしていない者が告発され、無実の罪を着せられる冤罪事件も発生するようになった(ただし、実際にどの程度発生しているのか、実態は明らかではない)。それによって警察や司法機関から不当な処遇・処分を受けたり、社会的制裁を受けたりする場合もある。この問題は、多くの男性が冤罪被害に遭う可能性のある事件として、1990年代末からマスメディアなどで社会問題として頻繁に取り上げられるようになった[1]。これは痴漢被害者のほとんどが女性のためだが、痴漢被害者は男女を問わない[2]ため、女性が冤罪被害に遭う可能性もある。

典型的には、鉄道バスなどの公共交通機関の車内で、痴漢被害に遭った女性またはそう主張する女性が、近傍に居合わせた無関係な男性を犯罪者として告発するような事件を指す。例えば女性の後に男性が2人並んで立っていて、一方が女性に対し触れるなどの痴漢行為をした場合に、女性がもう一方の無関係な男性の手を誤って掴んでしまい、その男性が疑われるというケースなどが考えられる。[要出典]

痴漢冤罪が発生しやすい背景の1つは、満員電車内での痴漢行為が誤認を起こしやすい状況下の犯罪だということである。実際に痴漢に遭った場合でも、混雑からその実行者を誤認し、無関係な人間を訴えてしまう危険がある。また、痴漢犯罪は客観的な物的証拠が残りにくく、痴漢被害者の証言を真に受けて無実の人が有罪にされることも挙げられる。

痴漢冤罪の発生を防ぐためにも、加害者とされている人物が本当に加害者であるかどうかについては、慎重な精査が求められる。また逆に、物的証拠が残り難いという痴漢犯罪の性質上、加害者ではないと主張する人物が本当に加害者ではないのかについても、慎重な精査が求められる。

問題点[編集]

冤罪被害によくあるもの[編集]

社会復帰の困難性
痴漢冤罪事件の無罪判決が確定してもなお社会的信頼を失い、痴漢の証人に対する損害賠償請求を起こしても大概の案件は敗訴するのが現状である。勝訴しても精神的苦痛による慰謝料が通るかどうかの程度で、仮に取れたとしてもごく少額であり、裁判費用(弁護士・司法書士費用)を多くは取り返すことは出来ない。早期に冤罪が確定しても「痴漢と疑われる人」など、社会的地位/信頼性、私生活などを失いかねない被害を受ける[3]。また、逮捕時のトラウマから、冤罪被害を恐れて公共交通機関を利用できなくなるなどの心理的打撃も発生することがある[3]
これらの問題は逮捕された時点であたかも犯罪者であるかのように扱う報道機関の影響も考えられる。一例として、痴漢の容疑で実名報道されたJR西日本の重役が自殺している[注釈 1][4]
一方で、加害者ではない者を告発した者は、勘違い等で済まされることが多く、社会的や私生活に受ける被害は小さい。ただし兵庫県内では、痴漢被害に遭ったとされる当時高校生だった女子大学生が、冤罪になった相手(被誣告者)から「お礼参り」として暴行された末に殺害された上、河川敷に遺棄された例もある。神戸地方裁判所裁判員裁判)は「復讐や仕返しにしてはやり過ぎだ」と断罪し、犯人に対し懲役25年の判決を宣告した[要出典]
長期勾留
痴漢行為の冤罪を主張し否認を続けた場合、警察・検察により数ヵ月から1年以上長期間にわたって勾留され[注釈 2]、容疑を認めるまで解放されない。そのため容疑者としての勾留であっても周囲には勾留=逮捕=有罪確定と誤認される可能性がある。
最終的に冤罪であると認められた場合でも、裁判の判決まで1年から数年を要する。それを怖れ、痴漢をした事実がなくても、警察からの早期解放を目的に罪を認める場合がある。この場合、前科が付き、数万から数十万円の罰金刑を支払うことになるが、前科は一定期間すれば記録には残らない。また、再犯を犯さない限り犯罪の事実は社会に公表されることはない。
これに対し、冤罪だと主張した場合は、実名報道されるケースが多い。この不利益により、冤罪被害者本人に限らず、家族が重い鬱病になった事例や、離婚に追い込まれた事例もある。痴漢冤罪の被害者が家計を主に支える人間である場合、世帯の収入が激減することも大きな問題である(代用監獄も参照)。
虚偽申告
警察庁長官は、記者会見で「極めて少数だが、痴漢被害を偽装する女性が存在する」と認めている[5]
中には男性に多額の示談金を要求するケースもあり、痴漢告発の常習者であった事案もある[6][7]。ただ、誣告者が刑事責任を問われるのは前述のとおり勘違いなどで済まされることが多々あり、ほぼ皆無である。
希な例ではあるが、大阪市営地下鉄御堂筋線車内で交際相手とつるみ、偶然居合わせた乗客を痴漢扱いして警察に誣告した女性が大阪地方裁判所で執行猶予付き有罪判決を受けた例がある。これを使嗾した交際相手の男性は、同地裁にて懲役5年6ヶ月の実刑判決を宣告された。ただ、この事件は実行犯の女性が自首したことで発覚したものである[要出典]
検挙のための検挙
痴漢被害者が、痴漢加害者が誰か正確に認識できず、告訴をためらっていた場合でも『警察が責任を持つ』『後戻りはできない』と、警察官が被害者に告訴を強要する場合もある[8]
判決の理由として「原告の(被害体験)供述は臨場感がある」といった判決理由も多い。警察・検察が、容疑者に有利な証拠を出さない場合もある。このように、取り締まる側が通報者に過度に協力的な態勢は、自らの業務意義を間違った形で、肯定するための手段に陥りがちである。
推定無罪の原則
本来、刑事裁判における犯罪の証明には、捜査機関が「被告人が犯罪をした証拠」を提出する必要がある。しかし、痴漢の場合は物的証拠がほとんど残らないという犯罪の性質上、被害を受けた者の「この人が痴漢をした」との証言(犯人識別供述)と被疑者の自白程度しか証拠がないことが多く、その証言ないし自白が信用されるものと認定されれば、具体的な物証がなくとも実際に犯罪をなしたと見なされる傾向にある。日本は他の近代法治国家と同様に推定無罪の原則を採っているが、痴漢を含む性犯罪に関しては、容疑者がいわゆる「悪魔の証明」をしない限りは被害者の訴えのみで有罪が確定するケースが大半である。
しかしながら、痴漢など性犯罪に限らず、被害者の証言とそれに伴う状況証拠の検証のみで有罪が確定することは一般的である。例えば「Aさんに殴られた」という軽微な暴行事件についても被害者の訴え以外に証拠を集めることは困難であり、被害者の証言をもとに検証するしかない。そのため、司法の問題点を指摘する意見や、治安を守る上での限界という意見もある。
上記のように推定無罪の原則が適用されにくいため、痴漢冤罪を防ぐには、被告人が「痴漢をしていない証拠」を示し、100%揃える必要がある。これは悪魔の証明と呼ばれるものであり、痴漢をしていないことを証明することは極めて困難である。このような構造になった原因として、もともと日本では軽微な性犯罪であると見なされていた痴漢に対する制裁が軽く、弱い立場の被害者が泣き寝入りすることも多かったため、これを是正するために警察や裁判所が被害者を守ることに重点を置いた対応をするようになったことを挙げる意見がある[要出典]
実際、起訴されれば無罪になる確率が0.02%であり、1審で有罪になると、新証拠が出されないと無罪になりにくい[9]。ただし、一般に起訴後の無罪率は0.03%であり、痴漢犯罪において顕著に無罪率が低いということはない。また、起訴されたうちの何割が実際に無罪であったかは不明であるため、「冤罪率=無罪の人が有罪になる確率」は不明である[注釈 3]

痴漢冤罪に顕著なもの[編集]

誤認による冤罪
混雑している車両で起こるため、痴漢自体はあったとしても、加害者として無関係の乗客を間違えて訴えてしまうことがある。
現行犯逮捕への不理解
痴漢容疑者が、既に私人逮捕されていることに気づかず駅事務所について行ってしまった場合、現行犯逮捕に同意した(自身の氏名や居住地・身分を明らかにせず容疑を認めた)とみなされるため、容疑者自身の立場を法律的に悪くしている[9]
なお、痴漢を目撃した場合、あるいは被害者が痴漢の事実を訴えている場合には、周囲にいる人には、被疑者が身分を明らかにせず、かつ逃亡の恐れがあると認められるときに限り、被疑者の身柄を現行犯逮捕することができる。ただし、目撃者が被害者一人だけの場合、違法逮捕になる恐れもあり、十分な状況の把握が必要になる。

痴漢冤罪をめぐる変化[編集]

司法の変化[編集]

痴漢の場合、物的証拠がほとんど残らないため、痴漢被害者の訴えが他の訴訟に比して重要視される傾向にあった。しかし、被害者の保護が行き過ぎると冤罪の訴えの多発を招く。そのため、痴漢冤罪に対する世論の高まりとともに、痴漢被害を主張する者の衣服の指紋の採取、容疑者の指に付着した衣服の繊維や被害者の体液や皮膚の組織などのDNA鑑定等、より先進的かつ客観的な物的証拠が求められるようになり、これらの物的証拠は、起訴段階もしくは審理において重要視されるようになりつつある[10]。ただし、列車が揺れた際に偶然手が触れたといったケースの場合、意図的ではなくても物的証拠が残ってしまう可能性もある。ただし、いまだに被害者本人と交際相手の証言のみでも有罪になる場合がほとんどであり、司法は痴漢冤罪に関して未だ厳しいのが現状である。[要出典]

社会の変化[編集]

痴漢冤罪による無罪判決がマスコミなどで頻繁かつ大々的に取り上げられるようになった結果、企業・組織の側でも従業員が逮捕されても初犯に限り、即座に懲戒免職としない傾向が見られるようになった。失職する場合本人が留まりづらく自ら退職する場合が多かったが、近年では人格的に信用されている個人の場合、社員仲間が被疑者を支援し、その家族を支える事例も見られる。また、都市部においては痴漢冤罪対策として、男性を中心に自家用車(オートバイ・原付バイク・自転車を含む)通勤をする人あるいは座席指定制の有料特急(新幹線通勤を含む)やホームライナーを利用する人も増えている[要出典]

2015年9月には、ジャパン少額短期保険が事件発生後48時間以内の弁護士費用を補償するサービス『痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士費用保険』を開始し、2017年に痴漢の被疑者が線路内を逃走するトラブルが相次いで報道されたことを受け、加入者が急増した[11]

主な痴漢冤罪事件[編集]

以下は個別の記事がある痴漢冤罪事件である。

痴漢冤罪に対する有識者の見解[編集]

ジャーナリストで現参議院議員有田芳生は、金銭目的の「痴漢被害捏造犯」の存在に言及しており、また「痴漢冤罪に巻き込まれたくない」という理由で「家に帰るときは電車を使わず、なるべくタクシーで帰宅している」と本人のブログで発言している[12]

作家の阿川弘之は、自らが痴漢冤罪の被害に遭いかけたという経験から、「男性専用車両」の導入を提唱している。同様に、利用客の男性などからの「男性専用車両」を切望する声も少なくない[13]

同様に性平等主義者の女性、及び女性専用車両に乗らなかったせいで、周囲の男性から軽い暴力を受けた女性からの「男性専用車両」を切望する声も少なくない。

日本テレビ行列のできる法律相談所』では、2008年に4名中2名の弁護士が走って逃げるのが最善と回答し[14]、2016年には4名中3名の弁護士が現場から立ち去るべきと回答した[15]

元裁判官で現在は弁護士である井上薫もインタビューで「逃げてしまった方が一面では有効かも知れない」と述べている[16]

実際に起こった事件に関しては、鉄道関係者は「疑いをかけられた時点で、逮捕を逃れること不可能に近い」「走って逃げても取り押さえられたらお終い」とコメントしている[4]

メディアの報道[編集]

2008年2月には大阪市営地下鉄御堂筋線で痴漢の疑いをかけて示談金をだまし取ろうとした「痴漢でっち上げ詐欺事件」が発生し、翌年4月の裁判で有罪の判決を受けたが、裁判翌日の朝日新聞の社説は「痴漢冤罪を防ぐよりも女性専用車を更に拡大すべきだ。」との趣旨の社説を載せた[17]

また大手マスコミが報道していない痴漢冤罪については、2009年の新宿駅で被害者の青年が無実にもかかわらず痴漢の疑いをかけられその後自殺する事例も「My News Japan」[18] や「紙の爆弾[19]で報じられている。

痴漢冤罪事件を扱った作品[編集]

本節では、痴漢冤罪を主題とした作品と、副次的に痴漢冤罪を扱っている作品を記載する。

主題とした作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

小説[編集]

実用書[編集]

  • Satoki・著 弁護士 坂根真也・監修『痴漢に間違われたらこうなります!』 

音楽・歌謡[編集]

エピソードの1つとして扱った作品[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

漫画[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、このケースでは痴漢被害者が、被疑者の顔を覚えてしまうほど過去に同様の手口で複数回の被害があり、間違いはないと主張している[4]
  2. ^ 勾留されている間、行政から一切の就業補償はなされない。
  3. ^ 例えば、無罪率が0.02%であっても、そもそも起訴事件中で実際に無罪であるものが0.02%しかなく、これらが無罪判決となっているのであれば、冤罪率は0%である。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “【関連】『痴漢』逆転無罪 『決めつけ』捜査批判 3年の訴え実る”東京新聞. (2009年4月15日朝刊).  オリジナル2009年4月17日時点によるアーカイブ
  2. ^ “男性も痴漢から保護対象に この春、全都道府県で改正条例施行”ハフィントン・ポスト. (2014年4月5日2016年6月26日閲覧。
  3. a b “無罪判決 「痴漢現行犯」に問われた男性 大阪府警が誤認逮捕 地裁支部「証拠不十分」”毎日新聞. (2016年4月26日).  オリジナル2016年8月23日時点によるアーカイブ
  4. a b c 「警察発表」だけで報じる新聞・テレビ「痴漢報道」——JR西日本の重役はなぜ死ななければならなかったのか”. 現代ビジネス (2013年1月24日). 2016年3月31日閲覧。
  5. ^ “「痴漢事件捜査、多角的に検討」 無罪判決で警察庁長官”朝日新聞. (2009年4月16日).  オリジナル2009年4月19日時点によるアーカイブ
  6. ^ “痴漢冤罪の恐怖 あなたも犯人に…(1)”ZAKZAK. (2007年2月24日)
  7. ^ [1] 痴漢えん罪ネットワーク 2007年2月24日[出典無効]<
  8. ^ 夕刊フジ特捜班 痴漢冤罪の恐怖 あなたも犯人に…(3) ZAKZAK
  9. a b 奇跡体験!アンビリバボー 痴漢えん罪事件壮絶868日 フジテレビ 2013年11月7日放送
  10. ^ 平成21年6月25日付警察庁通達(PDF)
  11. ^ 痴漢冤罪保険:加入急増「逃げるより、まず弁護士を」”. 毎日新聞 (2017年5月29日). 2017年5月30日閲覧。
  12. ^ 有田芳生 (2006年8月28日). “周防正行監督の痴漢冤罪映画”.  オリジナル2008年3月5日時点によるアーカイブ。 2014年9月11日閲覧。
  13. ^ 東京新聞 2007年5月12日朝刊
  14. ^ 行列の出来る法律相談所”. 日本テレビ (2008年4月27日). 2014年9月11日閲覧。
  15. ^ 行列の出来る法律相談所”. 日本テレビ (2016年3月20日). 2016年3月21日閲覧。
  16. ^ “電車の中で「痴漢です」! 叫ばれたらどうしたらいいのか 弁護士・井上薫さんに聞く”J-CASTニュース. (2009年2月1日)
  17. ^ 朝日新聞 2009年4月17日社説
  18. ^ “自殺した痴漢冤罪青年による110番通報の謎 目撃者、続々現れる”My News Japan. (2011年12月29日2016年12月31日閲覧。記事名に被害者の実名が使われているため、一部省略した。
  19. ^ 『月刊『紙の爆弾』2016年5月号』”. 鹿砦社2016年12月31日閲覧。
  20. ^ 初出:『小説現代』1968年6月号
  21. ^ 「筒井ワールド 4」 BIG FACE 1997年2月5日 - 11日 両国シアターX(カイ) 「座敷ぼっこ」「こぶ天才」「懲戒の部屋」「最高級有機質肥料」 脚本、演出:伊沢弘 監修:川和孝 出演:千田隼生 佐藤昇 吉宮君子 名倉右喬 津川友美[2]

2017 年度 冬、平井駅が生まれ変わります! ...

https://www.jreast.co.jp/chiba/news/pdf/pre1603_2017winter_hirai.pdf


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/平井駅_(東京都)

平井駅
北口(2007年3月12日)
北口(2007年3月12日)
ひらい
Hirai
JB 23 亀戸 (1.9km)
(1.8km) 新小岩 JB 25
所在地東京都江戸川区平井三丁目30-1
駅番号JB 24
所属事業者JR logo (east).svg東日本旅客鉄道JR東日本
所属路線JB 総武線(各駅停車)
(正式には総武本線
キロ程8.2km(東京起点)
千葉から31.0km
電報略号ヒイ←ヒヰ
駅構造高架駅
ホーム1面2線
乗車人員
-統計年度-
32,116人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日1899年明治32年)4月28日[1]
備考業務委託駅
区 東京都区内
テンプレートを表示
南口(2007年3月12日)
南口(2007年3月12日)
改札口(2007年3月12日)
改札口(2007年3月12日)

平井駅(ひらいえき)は、東京都江戸川区平井三丁目にある、東日本旅客鉄道JR東日本総武本線である。駅番号JB 24

当駅には、緩行線を走る中央・総武線各駅停車のみが停車する。また、特定都区市内制度における「東京都区内」に属する。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する高架駅である。駅舎は北口と南口がある。駅の構造上改札口は1か所ある。

JR東日本ステーションサービスが受託する業務委託駅

自動券売機自動改札機指定席券売機が設置されている。みどりの窓口2013年2月25日をもって営業を終了した。

のりば[編集]

番線路線方向行先
1JB 総武線(各駅停車)西行秋葉原新宿中野方面
2東行新小岩市川船橋千葉方面

利用状況[編集]

2015年度の1日平均乗車人員32,116人である。

近年の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗車人員[3][4]
年度1日平均
乗車人員
出典
1992年(平成4年)31,605[* 1]
1993年(平成5年)31,104[* 2]
1994年(平成6年)30,759[* 3]
1995年(平成7年)30,557[* 4]
1996年(平成8年)30,710[* 5]
1997年(平成9年)30,143[* 6]
1998年(平成10年)30,099[* 7]
1999年(平成11年)29,896[* 8]
2000年(平成12年)[JR 1] 30,110[* 9]
2001年(平成13年)[JR 2] 30,368[* 10]
2002年(平成14年)[JR 3] 30,538[* 11]
2003年(平成15年)[JR 4] 30,595[* 12]
2004年(平成16年)[JR 5] 30,103[* 13]
2005年(平成17年)[JR 6] 29,752[* 14]
2006年(平成18年)[JR 7] 30,080[* 15]
2007年(平成19年)[JR 8] 29,995[* 16]
2008年(平成20年)[JR 9] 30,149[* 17]
2009年(平成21年)[JR 10] 30,823[* 18]
2010年(平成22年)[JR 11] 31,198[* 19]
2011年(平成23年[JR 12] 30,874[* 20]
2012年(平成24年[JR 13] 31,088[* 21]
2013年(平成25年)[JR 14] 31,478[* 22]
2014年(平成26年[JR 15] 31,444[* 23]
2015年(平成27年[JR 16] 32,116[* 24]

駅周辺[編集]

旧中川荒川に挟まれている。江戸川競艇場目黄不動尊平井聖天東京水辺ライン平井発着場への最寄り駅。

駅北口には西友、南口の平井駅前通りには商店街がある。駅周辺に接骨院ドラッグストア、薬局店が多い。北口・南口ともにロータリーになっている。地下駐輪場が北口に設置されているが、南口にも2009年10月には定期用の地下駐輪場が設置された。最近はラーメン店や居酒屋も増えている。

北口のロータリーは、東京都市計画事業による土地区画整理参照)により整備されており、利用客数に比して広大なものとなっている。

バス路線[編集]

北口(平井駅前)[編集]

南口(平井駅南口)[編集]

平井駅入口(蔵前橋通り沿い)[編集]

隣の駅[編集]

JR logo (east).svg 東日本旅客鉄道
JB 総武線(各駅停車)
 亀戸駅 (JB 23) - 平井駅 (JB 24) - 新小岩駅 (JB 25)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. a b c d e 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』26号 総武本線成田線鹿島線東金線朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版週刊朝日百科〉、2010年1月17日、16-19頁。
  2. ^ 「1番~線に」などと男性だったら番と線の間を伸ばすスタイルや番線の部分にアクセントを付けない女性の放送。
  3. ^ 東京都統計年鑑
  4. ^ 統計江戸川 - 江戸川区

出典[編集]

JR東日本の2000年度以降の乗車人員
東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


Hirai Station (Tokyo)

From Wikipedia, the free encyclopedia
JB
24
 
Hirai Station
平井駅
JR-Hirai002.jpg
Hirai Station North entrance, March 2007
Location3 Hirai, EdogawaTokyo
(東京都江戸川区平井3丁目)
Japan
Operated byJR logo (east).svg JR East
Line(s)JB Chūō-Sōbu Line
Connections
  • Bus stop
Other information
Station codeJB24
History
Opened1899
Traffic
Passengers (FY2010)31,198 daily

Hirai Station (平井駅? Hirai-eki) is a railway station in Edogawa, Tokyo, Japan, operated by the East Japan Railway Company (JR East).

Lines[edit]

Hirai Station is served by the Chūō-Sōbu Line.

Station layout[edit]

Ticket barriers, March 2007

Platforms[edit]

1JB Chūō-Sōbu Linefor KinshichōAkihabaraShinjukuNakano, and Mitaka
2JB Chūō-Sōbu Linefor FunabashiTsudanuma, and Chiba

Adjacent stations[edit]

«Service»
Chūō-Sōbu Line 
JB
24
Kameido 
JB
23
 Local Shin-Koiwa 
JB
25

History[edit]

Hirai Station opened on 28 April 1899.[1]

Passenger statistics[edit]

In fiscal 2010, the station was used by an average of 31,198 passengers daily.[2]

Surrounding area[edit]

See also[edit]

 Media related to Hirai Station (Tokyo) at Wikimedia Commons

References[edit]

  1. Jump up ^ 各駅情報(平井駅) [Station information (Hirai Station)] (in Japanese). Japan: East Japan Railway Company. Retrieved 22 November 2011.
  2. Jump up ^ 各駅の乗車人員 [Station passenger figures] (in Japanese). Japan: East Japan Railway Company. Retrieved 22 November 2011.

External links[edit]


https://ko.wikipedia.org/wiki/히라이_역_(도쿄_도)

히라이 역(일본어: 平井駅, ひらいえき)은 일본 도쿄 도 에도가와 구에 있는 동일본 여객철도 소부 본선(각역정차)의 역이다.

타는 곳[편집]

1소부 선(각역정차)긴시초·아키하바라·신주쿠·미타카 방면
2소부 선(각역정차)니시후나바시쓰다누마지바 방면

인접역

https://zh.wikipedia.org/wiki/平井站_(東京都)

平井站 (東京都)[编辑]

维基百科,自由的百科全书
平井站
北口(攝於2007年3月12日)
北口(攝於2007年3月12日)
平井 – ひらい – Hirai
◄JB23 龜戶(1.9公里)
(1.8公里)新小岩 JB25►
所在地東京都江戶川區平井三丁目30-1
車站編號JB24
所屬公司東日本旅客鐵道JR東日本
所屬路線JB 總武線(各站停車)
(正式為總武本線
距離8.2公里(起點站:東京
電報略號ヒイ←ヒヰ
車站结构高架車站
月台配置1面2線
乘客人數
統計年度
平均每日32,116[1]人次(不含下車乘客)
2015年
啟用年月日1899年(明治32年)4月28日
備註設有綠色窗口
[区]東京都區內車站
南口(攝於2007年3月12日)
剪票口(攝於2007年3月12日)

平井站(日语:平井駅ひらいえき Hirai eki */?)是東日本旅客鐵道JR東日本總武本線鐵路車站,位於東京都江戶川區平井三丁目。

車站構造[编辑]

島式月台1面2線之高架車站。

月台配置[编辑]

JR平井站月台
月台路線方向目的地
1JB 總武線(各站停車)西行秋葉原新宿中野方向
2東行新小岩市川船橋千葉方向

鄰近建築[编辑]

北口[编辑]

歷史[编辑]

相鄰車站[编辑]

東日本旅客鐵道
JB 總武線(各站停車)
龜戶(JB23)-平井(JB24)新小岩(JB25)

參考文獻[编辑]

相關條目[编辑]

外部連結[编辑]



Se riscontri problemi nella visualizzazione dei caratteri, clicca qui

Stazione di Hirai (Tokyo)

Da Wikipedia, l'enciclopedia libera.
Hirai
平井
stazione ferroviaria
JR-Hirai002.jpg
Fabbricato viaggiatori
Localizzazione
StatoGiappone Giappone
LocalitàEdogawa
Coordinate35°42′23″N 139°50′33″ECoordinate35°42′23″N 139°50′33″E (Mappa)
LineeJR East
 Linea Chūō-Sōbu
Caratteristiche
TipoStazione sopraelevata passante e di superficie di testa
Stato attualeIn uso
Attivazione1899
Binari2
Statistiche
Passeggeri
al giorno
all'anno
Fonte: JR East
31.198 (2011)
Mappa di localizzazione
Mappa di localizzazione: Tokyo
Hirai
Hirai

La Stazione di Hirai (平井駅 Hirai-eki?) è una stazione ferroviaria di Tokyo situata nel quartiere di Edogawa che serve la linea Chūō-Sōbu della JR East.

Linee[modifica | modifica wikitesto]

Struttura[modifica | modifica wikitesto]

La stazione è dotata di una banchina centrale a isola con due binari sopraelevati.

1 Linea Chūō-Sōbuper KinshichōAkihabaraShinjuku e Mitaka
2 Linea Chūō-Sōbuper Shin-KoiwaNishi-FunabashiTsudanuma e Chiba

Stazioni adiacenti[modifica | modifica wikitesto]

«Servizio»
Linea Chūō-Sōbu
KameidoLocaleShin-Koiwa

Note[modifica | modifica wikitesto]


Altri progetti[modifica | modifica wikitesto]


    La gare de Hirai (平井駅Hirai-eki?est une gare ferroviaire de la ville de Tokyo au Japon. Elle est située dans l'arrondissement d'Edogawa à l'est de la ville. La gare est desservie par la ligne Chūō-Sōbu de la JR East.

    Dispositions des quais[modifier | modifier le code]

    Fréquentation[modifier | modifier le code]

    En 2011, la fréquentation de la gare était en moyenne de 30 874 voyageurs par jour1.

    Notes et références[modifier | modifier le code]

    Liens externes[modifier | modifier le code]


    https://ru.wikipedia.org/wiki/Хираи_(станция,_Токио)

    Хираи (станция, Токио)

    [править | править вики-текст]
    Материал из Википедии — свободной энциклопедии
    (Станция Хираи)
    Вид на станцию
    Местонахождение
    ПрефектураТокио
    РайонЭдогава
    История
    Год открытия1899
    Прочая информация
    ОператорJR East
    ЛинииЛиния Тюо-Собу

    Станция Хираи (яп. 平井駅 хираи эки)железнодорожная станция на линии Тюо-Собу расположенная в специальном районе Эдогава, Токио. Станция была открыта 28-го апреля 1899-го года.

    Планировка станции

    Одна платформа островного типа и 2 пути.

    1

    Линия Тюо-Собу

    Кинситё, Акихабара, Синдзюку, Накано, Митака

    2

    Линия Тюо-Собу

    Ниси-Фунабаси, Фунабаси, Тиба

    Близлежащие станции

    «Линия»
    Камэйдо Линия Тюо-Собу Син-Коива

    Ссылки


    それでもボクはやってない』は、2007年(平成19年)1月20日に公開された日本映画

    概要[編集]

    周防正行監督による、『Shall we ダンス?』以来10年ぶりの新作映画。前作の封切り後、時間をかけて続けた地道な調査活動を踏まえ、自ら「どうしても作りたかった」という、日本の刑事裁判人質司法に疑問を投げかける社会派の作品である。監督は、2002年(平成14年)に東京高裁で逆転無罪判決が出された事件をきっかけに痴漢冤罪(ちかんえんざい)に関心を持ち始めた。自ら取材した数多くの冤罪事件の実在エピソードを作品中にちりばめるなど、痴漢冤罪事件を通じて、日本の被疑者取調べと刑事裁判の、人権軽視の実態を映像化している。

    2007年(平成19年)8月には、第80回アカデミー賞外国語映画部門に日本代表作品としてエントリーされた。また、同年5月には、スイスジュネーブで開催された国連拷問(ごうもん)禁止委員会に合わせて現地で上映され、委員の過半数が映画を鑑賞したという。

    本作品のモデル
    主人公のモデルとなった一人に2005年(平成17年)、JR横浜線の電車内で女性に痴漢を働いたとされて東京都迷惑防止条例違反で逮捕・起訴された男性がいる(のち、訴因変更で強制わいせつ罪に格上げされた[1])。男性は無罪を主張したが、2007年(平成19年)の一審で有罪判決が出され、懲役1年6ヵ月の実刑を言い渡された。『それでもボクはやってない』公開から2週間というこの時期に、痴漢の被疑としては異例の実刑判決[要検証 ]が出されたことで、周防監督は男性の妻に「私の映画が裁判官の心証に影響したかもしれない。」と詫びた[要出典]
    男性は控訴上告したが、2008年(平成20年)12月最高裁判所は上告を棄却し、有罪が確定した。この事件に関しては、テレビ朝日 『報道発 ドキュメンタリ宣言スペシャル』(痴漢事件で涙の収監「それでもパパはやってない」 = 2009年(平成21年)10月25日付放送)にて放送された。

    トーリー[編集]

    フリーター金子徹平は、朝の通勤通学ラッシュに大混雑する電車で就職面接に向かう際、女子中学生に痴漢と間違えられて、有無を言わさず駅員室に連行されてしまう。無実の罪を被って示談で済ませるという妥協案を拒み、あくまで濡れ衣を晴らそうとした徹平は、まもなくやってきた警官に逮捕・連行され、更には起訴されてしまう。

    「被害者」の少女に事実確認することもできず、刑事たちは彼の無実の弁明を信じようとはしない。心が折れかけた徹平だが、彼の無実を信じる家族や親友、元カノらの運動で、元判事の荒川弁護士や市民団体の助力を得て、徹平は証拠を固めて裁判で真実を明らかにしようとする。

    しかし、検察の立証が不十分との心証を形成していた若手の担当裁判官、大森判事が突如異動となり、当初から検察よりの心証を形成している室山判事が担当裁判官となったことで、裁判の行方には暗雲が立ちこめ始める。そして、有罪の判決を言渡された徹平は、あくまで裁判で闘っていく決意を表明する。

    キャスト[編集]

    スタッフ[編集]

    受賞[編集]

    2007年(平成19年)度の以下の映画賞を受賞する。

    書籍[編集]

    関連項目[編集]