katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1.「天皇制廃止」を訴える左派団体「反天皇制運動連絡会」(反天連)とは? 2.「反天皇制運動連絡会」の利点欠点限界盲点業績影響とは?

1.「天皇制廃止」を訴える左派団体「反天皇制運動連絡会」(反天連)とは?

2.「反天皇制運動連絡会」の利点欠点限界盲点業績影響とは?


3.皆さんにとって、「反天皇制運動連絡会」とは?


4.左翼、保守、中核派革労協

反天皇制運動連絡会」(反天連)との

一番の違いとは?


5.1984昭和記念公園開園反対闘争を菅孝行は繰り広げたのだろうか?


6.差別の根源が天皇にあるののだろうか?



社会カテゴリー皆さんの

ご回答のほど、

お待ちしております。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/反天皇制運動連絡会

反天皇制運動連絡会(はんてんのうせいうんどうれんらくかい)は、反皇室闘争を目的とする日本の新左翼グループの一つである。略称は「反天連」。機関誌「反天皇制運動カーニバル」。

 概要 編集


1984年(昭和59年)、昭和記念公園開園反対闘争をしていた新左翼系評論家菅孝行が呼びかけ人となって結成された。昭和天皇在位60年式典や昭和天皇大喪の礼今上天皇即位の礼など、皇室関連行事が連続し、反天連はこれらの式典への反対を主張し活動を行った。


反皇室闘争そのものは中核派革労協などの有力新左翼党派も手がけるが、反天連はこれらとは一線を画し、皇室に関する様々な活動を繰り広げた。近年では、毎年8月15日に靖国神社前でデモ行進を行っている。反天連に対し批判的な立場の右翼団体や、行動する保守系の市民団体らが、そのデモ活動に対する抗議活動を行う姿が確認されている。2011年には保守系評論家の古谷経衡が反天連のデモ行進に「潜入」しその経緯をブログに公開している[2]。

皇室関連行事が一段落した1991年(平成3年)に「発展的解散」を宣言、その直後に「再結集」を呼びかけた。反天連はこれ以降、活動期間を3年とし、3年ごとに組織の見直しを行い、解散と再結集を行う形態を採っている。


設立当初は「天皇制廃止論」を主要テーマとしていたが、「皇室に対する警備批判」などのテーマについても掲げるようになっている。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/反皇室闘争

反皇室闘争(はんこうしつとうそう)とは、日本の新左翼による政治闘争の一つ。


『警察学論集』(警察大学校編 1989年5月号)では、反皇室闘争を「革命運動の一環として皇室の存在を否定し、暴力的な手段でその廃絶を企図する各種の活動」と定義付けている。


本項では、皇室を標的とした非合法活動について解説する。


https://www.google.co.jp/amp/www.sankei.com/affairs/news/170603/afr1706030016-n1.html#pt0-175388

吉祥寺で「反天皇制」デモ 激怒した右翼団体も続々と集結 街は一時騒然となり…


 2017.6.3 19:48

ツイートする いいね! LINEで送る

「身分差別」「天皇制反対」などと書かれたバナーを掲げて歩くデモ隊=3日、東京都武蔵野市(三枝玄太郎撮影)

「身分差別」「天皇制反対」などと書かれたバナーを掲げて歩くデモ隊=3日、東京都武蔵野市(三枝玄太郎撮影)

 「天皇制廃止」を訴える左派団体「反天皇制運動連絡会」(反天連)を主な母体とする「6・3天皇制いらないデモ実行委員会」が3日、東京都武蔵野市のJR吉祥寺駅周辺で「帰ってきた天皇制いらないデモ」を行い、反天連が動員した百数十人のほかに、数百人の機動隊、警備、公安関係者、デモに抗議する右派団体の関係者らで街は騒然となった。



 午後2時半ごろ、武蔵野市の井の頭公園・三角広場を出た反天連が「天皇制いらない」「天皇制は差別の根源だ」などとシュプレヒコールを上げて姿を現すと、右派団体が「日本から出て行け」「反天連つぶせ」と隊列に怒声を浴びせた。


 東京都中央区の会社員の女性(48)は「言論の自由はあるが、デモの趣旨には賛成できない」と話し、近くに住む家族連れの男性会社員(41)は「先日も大きなデモがあって街が騒然とした。正直言うと、吉祥寺でやるのは勘弁してほしい」と話した。


 昨年11月にも反天連はJR吉祥寺駅周辺でデモを行ったが、このときは激高した右翼団体関係者らが反天連の街宣車のフロントガラスを壊すなどし、警視庁は関係者11人を器物損壊容疑で書類送検するなどしている。


 3日のデモでは、デモ隊が通行する前後をシャットアウトするなどして右派団体の関係者が近づけないようにした。デモ隊は「公安警察は弾圧をやめろ」などとシュプレヒコールを上げて解散した。大きなトラブルはなかったが、右派団体のメンバーが「あんな連中を守るのか」などとかみつく姿が見られた。


 反天連は昭和59年、新左翼系の評論家、菅孝行氏を中心に設立され、天皇制廃止を訴えているとされる。天皇陛下が退位される意向を示されたことを「憲法違反だ」として、激しく非難している。(WEB編集チーム)