katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

りゅうちょるの 「自分の脳内にある、なりたい自分を表現しようと思った」はココシャネルもやっていたが、 これはルータイス苫米地式で言う「コンフォートゾーン」なのでは無いのだろうか? 彼らは無意識にコーチングをやっていたのではないだろうか?りゅうちょるとココシャネルが、 ここまで思うように成功したのは(彼、彼女の基準で) 全てコンフォートゾーンの書き換えがうまく言ったからではないだろうか?

1.黒には全てがある。白も同じである。

その美しさは絶対的なもの。それが完璧なハーモニー。

(ココシャネルはフランス人でなので、

脳内でフランス語で言ったあと後に英語に翻訳したと

思うが、フランス語ではこの表現はどの様になるのだろうか?)


(Black has everything. White is also the same.

The beauty is absolute. That is the perfect harmony.)


(Tout en noir, il est. Le blanc est également le même.

Sa beauté est absolus. L'harmonie est parfaite.)


(Все в черном цвете есть. Белый также то же самое.

Его красота абсолютные. Гармония это прекрасно.)(ロシア語は学んでいるので載せただけでココシャネルとは関係ありません。)



2.ココシャネルはなぜ、

黒をこの様に表現したのだろうか?

彼女にとって、黒とは?


3.色彩的な、心理的には黒は人に、

どの様に映るのだろうか?


4.ココシャネルは現代の美術、ファションは基礎を作ったが、(銀座、原宿、全世界ののファションの源水を辿ると全てはローマではなく、ココシャネルに辿り着くと言っても過言ではないはず。)

日本、世界のファション家が彼女を目指しては

彼女の劣化コピーに成ってしまうが、

現代の美術家はどの様に彼女を超えるべきなのだろうか?


5.日本で有名なりゅうちょると言い若い方は

ファション家?なのだろうか?

番組ディレクターにバカぽい表現をするように

指導されて断ったというのはつまり、

日本の一般層では女の子ぽい方は

(差別的な発言でオカマ、ゲイぽい方は、)、

(LGBT FtM MtF カトゥーイその他กะเทย(FtM)

Tomboy(MtF

bencong(ベンチョン) baci (バンチ)wadam(ワダム) wadu (ワドゥ)walia(ワリア) 

(ベンチョンからワリアはインドネシアで、

lgbtの意味ワリア以外は否定的な意味合いがあるので使わないでください。)

その様に表現するのが当たり前だと

思っているのだろうか?

LGBT(差別的な意味合いでゲイ、ニューハーフ

ダブル(差別的な意味合いでハーフ)や

在日等の少数派の差別迫害から遠ざけ、

一般人が彼に差別的な発言をしないようにするために

我々はどの様にするべきなのだろうか?


(男性という性は女性の突然変異で生まれたものだが)

(我々日本人は全員弥生系渡来人と日本列島の原住民の

縄文人のダブルだが、)



 

(彼らの自己肯定力.(自己効力感、エフカシィー)を上げるためには?

1.ネガティヴ要素がある言葉を死語にし、

ポジティブな意味合いを含んだ言葉を流行らせる?

(ネガティヴ要素のある言葉を紹介、教えることも、

何らかの意識を教えることも、

差別を助長するかもしれないが、)

(言葉狩りになるかもしれないが、)

2.その方の自己肯定力(自己効力感、エフカシィ)を上げ

ゴールを応援する(ドリームサポーターになる?

3.人権教育の普及や隗より始めよの精神で活動を行い

支援者、賛同者を増やしいき、反対派の方を無くしていく、

(頑固な反対派方はそのうち亡くなるので、

反対派より賛同者の数を増やしていけば、

少数派の方々の勝利ではないのだろうか?)


6.りゅうちょるの

「自分の脳内にある、なりたい自分を表現しようと思った」はココシャネルもやっていたが、

これはルータイス苫米地式で言う「コンフォートゾーン」なのでは無いのだろうか?

彼らは無意識にコーチングをやっていたのでは

ないだろうか?

(コンフォートゾーンとは自分の心地よい領域

我々人類、人間、生物は全ての活動で

この心地よい領域内をホームとして活動し、

そこから出た活動は苦痛として感じさける性質がある

(趣味、仕事、収入、その他人間活動全ての感覚.行動)

様々な言葉的、イメージ的な技術を駆使して

新たに心地よいイメージの感覚を作り上げると

そのイメージに臨場感持つと、

脳のそのイメージ(自己イメージ)を本当のことと勘違いして、そのイメージを現状にするための行動をとる。)

りゅうちょるとココシャネルが、

ここまで思うように成功したのは(彼、彼女の基準で)

全てコンフォートゾーンの書き換えがうまく言ったからではないだろうか?


美術、社会カテゴリー皆さんの

ご回答のほど、

お待ちしております。



https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ココ・シャネル


http://iso-labo.com/labo/words_of_CocoChanel.html


http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170604-OHT1T50061.html


ココシャネルについて。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ココ・シャネル


http://iso-labo.com/labo/words_of_CocoChanel.html


https://scholar.google.co.jp/scholar?q=黒色+心理&btnG=&hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0%2C5


https://scholar.google.co.jp/scholar?q=ココシャネル&btnG=&hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0%2C5


りゅうちょるについて

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170604-OHT1T50061.html


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/りゅうちぇる


ハーフ ダブル 混血

https://scholar.google.co.jp/scholar?q=ハーフ+ダブル+混血&btnG=&hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0%2C5


https://scholar.google.co.jp/scholar?q=少数派+日本+差別+ハーフ&btnG=&hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0%2C5


Lgbtについて、

https://scholar.google.co.jp/scholar?q=lgbt++差別&btnG=&hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0%2C5


タイ 🇹🇭カートゥイ(กะเทย )tomboy ladyboy

https://www.google.co.jp/amp/gamp.ameblo.jp/hiddenimage/entry-11052563433.html


https://runbkk.net/thailand-ladyboy/


https://fukiko.net/2016/08/30/タイはlgbt先進国か/


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/タイ王国におけるLGBTの権利

https://en.wikipedia.org/wiki/LGBT_rights_in_Thailand

https://scholar.google.co.jp/scholar?hl=ja&q=タイ+LGBT&btnG=&lr=lang_en%7Clang_ja


インドネシア🇮🇩 lgbt 

bencong(ベンチョン) baci (バンチ)

wadam(ワダム) wadu (ワドゥ)

walia(ワリア) 


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/インドネシアにおけるLGBTの権利

https://en.wikipedia.org/wiki/LGBT_rights_in_Indonesia


https://www.hrw.org/ja/news/2016/08/11/292935


https://scholar.google.co.jp/scholar?q=インドネシア+LGBT&btnG=&hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0%2C5




コーフォットゾーンについて

苫米地英人 ル タイス(lou tice)


https://matome.naver.jp/m/odai/2137428181518104901


http://www.ttcbn.net/no_second_life/archives/33793


http://www.meguminimal.com/entry/2015/05/11/081545


https://scholar.google.co.jp/scholar?q=コンフォートゾーン&btnG=&hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0%2C5


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/苫米地英人


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/国際コーチ協会

https://www.last.fm/music/Lou+Tice/+wiki

http://www.tpijapan.co.jp/kasou_a.html

http://the-ent.blog.so-net.ne.jp/2015-01-24