katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1.東あずまの錦糸町のミスターデンジャー (デスマッチ王松永光弘が開いたお店、 リズナブルな価格で希少性のあるお肉を楽しめる) 2.新小岩の肉の村正、 (安くて美味しいと有名でリズナブルな価格で 楽しめるお店,、) 3.秋葉原 たん清。 (水曜日の限定1000円ランチが有名なお店) 4.千駄ヶ谷のほそ島や。(蕎麦屋)(藤井四段が好きな店) 5.日本の冷やし中華発祥の店 (発祥は仙台の龍亭と神保町の揚子江菜館 二つの候補があるらしいが、) 「揚子江菜館(ようすこうさいかん)」 1から5のうち美味しいお店は


1.東あずま錦糸町のミスターデンジャー

(デスマッチ王松永光弘が開いたお店、

リズナブルな価格で希少性のあるお肉を楽しめる)

2.新小岩の肉の村正、

(安くて美味しいと有名でリズナブルな価格で

楽しめるお店,、)

3.秋葉原 たん清

(水曜日の限定1000円ランチが有名なお店)

4.千駄ヶ谷のほそ島や。(蕎麦屋)(藤井四段が好きな店)

5.日本の冷やし中華発祥の店

(発祥は仙台の龍亭と神保町の揚子江菜館

二つの候補があるらしいが、)

揚子江菜館(ようすこうさいかん)」


1から5のうち美味しいお店は?

1から5のお店のそれぞれの利点欠点限界盲点とは?

(ちなみに私は1.5.だけは行きました。)


揚子江菜館の1500円の甘い冷やし中華は高いのか

安いのかよくわからなかったが、

皆さんはどの様に思われたのだろうか?

(雰囲気や高級店などの外部情報に晒されると

美味しいのだろう!と洗脳されて

美味しいと感じるように思ったが。)


中国人がやっているお店は愛想がなく、

接客がわるいとの

よく日本人は言うらしいが、

それは本当なのだろうか?

中国人韓国人などのアジア人や

フランス人、ロシア人などのヨーロッパ人には

接客の概念がないという本当なのだろうか?



飲食店に重要なのは、

接客や愛想ではなく、そもそも味であり、

接客、愛想などはホテル等の影響で各地に根付いた

二次的な文化なのでは?

(元接客業経験者(10年以上)の私の印象です。)

(接客が大事、大事と私も先輩達から教わったが、

やっぱり、接客よりも重要なのはコンテンツである

中身の味、料理なのではないかと思うが、

(店長、経営者の方針で、接客か、味、もしくはその他を重視するかは変わると思うが。)


皆さんにとって、接客、愛想とは何か?

接客、愛想は飲食店、飲食業には

必要なのか?不可欠なのだろうか?

(この質問は、

神保町の揚子江菜館に行って生まれた質問です。)


飲食カテゴリー皆さんの

ご回答のほど、

お待ちしております。


https://scholar.google.co.jp/scholar?hl=ja&q=接客+中国&btnG=&lr=lang_en%7Clang_ja


https://scholar.google.co.jp/scholar?q=接客+飲食業&btnG=&hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0%2C5


https://scholar.google.co.jp/scholar?q=接客業+愛想&btnG=&hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0%2C5