katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

過労死と働くことについてとの認識と社会、政府に求められる対応とは?

1.過労死最大の問題は
睡眠不足で、最低1日8時間は取らないと
過労死になる確率が上がっていくのでは?

(基本。過労死とは
働き過ぎで、心臓に負担がかかり過ぎて、
心臓が破裂することを言う)
なので、心臓にかかる負担を取り除く、
身体にたまった疲労をとるためにも、寝るのが最適。

寝るているとにしか細胞は再生はしないので、
疲労は取り除かれないので。)

取れない場合は、昼寝、休憩等を浸かって
身体を動かなさない時間を作り、
疲労をできるだけ取り除くように
つとめる。

2.自由裁量こそ、過労死になるのではないだろうか?
年金生活者だろうと、過労フリーと思っていても
自由裁量の様な働き方をしていて、
睡眠に対しての認識が甘いと過労死にはなる可能性が
高くなるのではないだろうか?
(自由裁量とは、
主婦、研究者、自営業のように
自分で働く時間を決めて働く形態)

3.働きたくないならば、生活保護を取ればよいだけではないのだろうか?
(そもそも貧しい国ではないのだから働く必要はない。

この国の憲法には、最低限度の文化的な生活を
保証と明記しているのだから保証するのは当たり前なのでは?)

4.会社的な理由で、休憩、睡眠を取れない場合は、
仕事と仕事との間に休息時間を設ける
インタバール制度を導入するように会社(経営者、労務管理の方)政府(官邸、厚生労働省経済産業省)等に
働きかけをするべきのでは?

5.1〜4が全てだめだった場合は、
(そう言いながら、生き延びて、〜代になり、身体にガタがきて、病気がちになっても、保証が受けられなかったら?とは考えないのか?)
自己責任でだから仕方がない?

6.労働問題、働き方改革の最大の問題点とは?

7.働き方改革実行会議の利点欠点限界盲点とは?


8.過労死等防止対策白書は、
我々(社会全体に対して)にどのように認識を与えたのだろうか?


これ以上働いたら壊れちゃう サービス残業の末の過労死:朝日新聞デジタル


働き方改革実行計画

過労死等防止対策白書 - 厚生労働省


平成29年6月9日、「経済財政運営と改革の基本方針2017~人材への投資を通じた生産性向上~」(骨太方針)が経済財政諮問会議での答申を経て、閣議決定されました。


https://scholar.google.co.jp/scholar?hl=ja&q=過労死&btnG=&lr=lang_en%7Clang_ja


.