katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1. ロシア人女性が、無痛分娩で障害を負ったのは産科医が1人だからが理由なのだろうか? 2.産科医が1人なのは産婆さんの歴史的な背景があるのでは?

1. ロシア人女性が、無痛分娩で障害を負ったのは産科医が1人だからが理由なのだろうか?

2.産科医が1人なのは産婆さんの歴史的な背景があるのでは?


3.近代産科技術は加藤シズエによって持ち込まれて

定着したらしいが、それ以前の産婆さん時代の文化が残っているから、まだ1人でも大丈夫という事になるのだろうか?

それともただ単にマンパワー人材がいないから1人で執刀を行なってしまうのだろうか?


4.減少する産科医を増やす得策とは?


http://www.ndl.go.jp/jp/diet/publication/issue/0575.pdf

産科医療の問題点 - 国立国会図書館


産科医が1人にしいない個人医院は法的には、

違法なのだろうか?




「産科医1人だけの医院、許可しないで」無痛分娩で障害、ロシア女性の母が手記

6/13(火) 15:52配信 

467

 読売新聞

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170613-OYTET50017/


http://www2.kobe-u.ac.jp/~emaruyam/medical/Lecture/slides/110709funsou.pdf

「医療事故と法律」 総論・過失の判断 - ...


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/出産難民

出産難民(しゅっさんなんみん)、お産難民(おさんなんみん)は、産科医の減少に伴い顕在化した、病院出産を希望しながらも希望する地域に適当な出産施設がない、あるいは施設はあっても分娩予約が一杯で受け付けてもらえない妊婦の境遇を、行き場を失った難民になぞらえた言葉である。はじめから妊娠中に産科や産院へ(定期的に)受診しない飛び込み出産のことは示さない。



5.日本でピルが定着しなかったのは、

90年代厚生省がピル許可に前向きだったのに対して

母体保護法制定の尽力者で女性解放運動の1人

(家族計画連盟会長、ジョイセフ会長、国会議員を歴任した

昭和のフェミニストの重鎮。)

加藤シズエが、ピル反対の急先鋒として、

ピルよりもペッサリの避妊効果の方が高いと言った為?

(ペッサリと避妊ゼリーの利権が欲しいから言ったのか?)


6.加藤シズエは優生学を否定した山本宣治の弟子なのに

なぜ、優生学を支持したのか?

マーガレットサンガーの影響なのだろうか?


7.加藤シズエ、山本宣治、マーガレットサンガーの

利点欠点限界盲点とは?

皆さんにとって、それぞれどの様な方々なのだろうか?


http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5903-015.pdf

母体保護法



https://scholar.google.co.jp/scholar?q=加藤シズエ++産科医&btnG=&hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0%2C5