katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

加藤シズエ議員とピルと、MRA(道徳再武装)というイデオロギー団体

1.加藤シズエ議員は、反ピル急先鋒だったから日本ではピルの認知度が低いのでは?

(ペッサリの利権を失いたくなかったので、ピルよりはペッサリの方が避妊率が高いと、、科学的にピルの方がペッサリより高いとのデータがあるのにも

関わらず、)


2.優生学支持者だったので、今では存在すら忘れさられているのが加藤シズエなのでは?

なぜ、まともな加藤シズエが優生学なんかを信奉するようになり、その欠点、限界盲点を見出せなかったのだろうか?


3.日本のフェミニスト運動の立役者が?

加藤シズエなのだろうか?

母体保護法、、動物愛護法、環境法、ぐらい業績は?


4.加藤シズエが日本で広めた道徳再武装とは

略称MRA(Moral Re-Armament)とは

新興宗教、カルトの類いなのでは?

(キリスト福音主義の社会改革運動)

日本が無宗教国家なのをフランク、ブックマン牧師が憂い、日本キリスト教国にすげ替えるために

広めたものなのだろうか?




https://ja.m.wikipedia.org/wiki/加藤シヅエ


加藤 シヅエ(かとう シヅエ、旧姓:広田、本名:静枝、1897年(明治30年)3月2日 - 2001年(平成13年)12月22日)は、日本の優生学思想普及者・婦人解放運動家・政治家。父は工学者・廣田理太郎、夫は政治家の加藤勘十、娘はコーディネーターの加藤タキ。称号は東京都名誉都民。早くから産児制限に関わり、「不良な子孫の出生を防止する」と謳われた1948年の優生保護法成立に、同じ日本社会党所属の衆議院議員である福田昌子や太田典礼と、政治的には保守派であった参議院議員の谷口弥三郎と共に深く関わった。1951年、アメリカ・マキノ島での道徳再武装国際会議に参加。道徳再武装との関係は娘タキに受け継がれた。


https://en.wikipedia.org/wiki/Shidzue_Katō

Shidzue Katō (加藤 シヅエ? Katō Shizue, March 2, 1897 – December 22, 2001) was a 20th-century Japanese feminist and one of the first women elected to the Diet of Japan. Katō was best known as a pioneer in the birth control movement and a strong supporter of Eugenics.


https://scholar.google.co.jp/scholar?hl=ja&q=加藤シズエ+&lr=lang_en%7Clang_ja&oq=


https://kotobank.jp/word/道徳再武装運動-855221



https://ja.m.wikipedia.org/wiki/道徳再武装

道徳再武装(どうとくさいぶそう、英語Moral Re-Armament、略称MRA)は、1921年メソジストフランク・ブックマン[1]牧師率いるオックスフォード・グループ[2]が発展する形で発足した、国際的な道徳と精神を標榜する運動である。1938年に現在の名称となった[3]。以後、ブックマンは1961年に死去するまでの23年間にわたりMRAを率いた。

MRAはキリスト教に端を発し、あらゆる宗教や社会的背景に属する人々によって構成される非政府の国際ネットワークである。MRAは、「4つの絶対標準」[4]と呼ばれる考え方に則っている。MRAはその支持者に対して、政治的活動や社会的活動に参画することを奨励する[5]

2001年に、道徳再武装は、その名称をイニシアティブス・オブ・チェンジ(IofC、日本ではICと呼ばれることが多い)に変更した。非政府組織のICインターナショナル[6]として、国際連合欧州評議会との連携も図ろうとしている[7]。各国における取組には、アメリカにおける「都市における希望(Hope in the Cities)」やスイスにおける「人間の安全保障に関するコー会議」、インドの「ガバナンスのための拠点」、シエラレオネの「Hope Sierra Leone」などがある。


https://en.wikipedia.org/wiki/Moral_Re-Armament

Moral Re-Armament (MRA) was an international moral and spiritual movement that, in 1938, developed from American minister Frank Buchman's Oxford Group. Buchman headed MRA for 23 years until his death in 1961. In 2001 the movement was renamed Initiatives of Change.


カルトの世紀 道徳再武装MRAと松下政経塾 banchou

https://www.google.co.jp/amp/satehate.exblog.jp/amp/20495980/