katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1障害者雇用促進法は経営環境を圧迫し、 (障害者雇用するより、障害者雇用しない方が) 抽象的な社会的な責任を求める為に 欠陥なのだろうか? 2.障害者雇用促進法の利点欠点限界盲点とは?

1障害者雇用促進法は経営環境を圧迫し、

(障害者雇用しないより、障害者雇用する方が)

抽象的な社会的な責任を求める為に

欠陥なのだろうか?


2.障害者雇用促進法の利点欠点限界盲点とは?


3.障害者雇用はどの様にすればよいのだろうか?

得策とは?


4.資本主義において、

障害者と健常者の共生、自立は不可能なのだろうか?


5.弱肉強食の資本主義において、

使える障害者は重宝され、使えない障害者は選別される運命なのだろうか?


6.障害者とは社会が定義を決めれば誰でもなるものだが、障害者が資本主義の中で生きる為には

何が必要なのだろうか?


7.資本主義において、利潤、利益のでなく、

生産性がない、福祉はコストカットの対象に成っていくだけでは?

資本主義で福祉はどの様に共存出来るのか?




障害者雇用と市場評価。

http://w3iser.iser.osaka-u.ac.jp/~ohtake/student/nagae_1.pdf


障害者雇用促進法

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/shougaishakoyou/shougaisha_h25/index.html


https://scholar.google.co.jp/scholar?hl=ja&q=障害者雇用&btnG=&lr=lang_en%7Clang_ja