katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1.アナフィラキシーショックを起こす強い毒を持つアリ 「ヒアリ」(火蟻)が国内初確認されたらしいが、、 この様な小さいアリでは侵入を許してしまうのは 仕方がないのでは? どの様にしてこの様な小さいアリの侵入を阻止するのだろうか?

1.アナフィラキシーショックを起こす強い毒を持つアリ

「ヒアリ」(火蟻)が国内初確認されたらしいが、、

この様な小さいアリでは侵入を許してしまうのは

仕方がないのでは?

どの様にしてこの様な小さいアリの侵入を阻止するのだろうか?


2.ヒアリに対して我々が出来る対策とは?




http://www.asahi.com/sp/articles/ASK6F4TKDK6FULBJ00D.html


強毒「ヒアリ」国内初確認 環境省「侵入否定できぬ」有料記事

戸田政考2017年6月13日20時5分


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/アナフィラキシー

アナフィラキシー(英: anaphylaxis)とは、ヒトや他の哺乳類で認められる、急性の全身性かつ重度なI型アレルギー反応の一つ。ギリシャ語である「ανα ana(反抗して)」と「φύλαξις phylaxis(防御)」を語源とする[1]。ほんの僅かなアレルゲンが生死に関わるアナフィラキシー反応(アナフィラキシーショック)を引き起こすことがある。アナフィラキシーは、アレルゲンの摂取、皮膚への接触、注射や時に吸入により惹起され得る[2]。


外来生物 東京。

http://gairaisyu.tokyo/species/danger_15.html


外来生物法。https://www.env.go.jp/nature/intro/1outline/law.html


https://scholar.google.co.jp/scholar?hl=ja&q=外来生物問題&btnG=&lr=lang_en%7Clang_ja


https://scholar.google.co.jp/scholar?q=外来生物対策&btnG=&hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0%2C5