katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

苫米地英人流コミニューケション術 対面は印象操作を受けるので極力回避 2.「自分と相手との意図を把握すること」 「適切な情報を提示、交換すること」 この二つがコミニューケションの核心

下記の文章は、

苫米地英人の「成功の思考法」で

苫米地英人さんが語っていたコミニューケションに

ついての文章だが、

苫米地英人さんのコミニューケションについての

文章は本当に正しいのだろうか?


。1.コミニューケションにおいて

重要なのは、「直接会う、会わないではない」


会って話さない方が対面場所に移動する手間が省け

手際よく短時間で行われる、


2.対面してしまえば、無駄な世間話などをする可能性も高いので時間の無駄を生む可能性が高い、


3.「自分と相手との意図を把握すること」

「適切な情報を提示、交換すること」

この二つがコミニューケションの核心


4.対面でコミニューケションしてしまえば、 

非言語的な「情動」を使って、情動に訴えて、

洗脳される可能性がたかくなる。


対面で会話すると情動を使って、コミニューケションを有利に

事を進めるかもしれないので、基本、対面して人に会うのは避けなければならない。


4.対面でどうしても、会う場合は

口調、態度、雰囲気、服装、などを判断材料にはせず、口から出た言葉(ファクト)だけを判断材料にしなければ、相手が印象操作で話を有利に進めるかもしれないので危険。


注。(非言語的なコミニューケション

相手の見た目、雰囲気、服装

態度などに)