katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1.地方選挙で解禁されていないビラ配布解禁する 改正公選法が参議院本会議で全員一致で可決したらしいが、地方選挙でのビラ配布の利点欠点限界盲点とは?2.なぜ今まで、地方選挙でビラ配布が禁止されていたかの方が謎なのだが、地方選挙は、出来レースだったから、?? 衆参選挙でのビラ配布がokで、 地方選挙でのビラ配布が禁止だった論理とは?

1.地方選挙で解禁されていないビラ配布解禁する

改正公選法参議院本会議で全員一致で可決したらしいが、地方選挙でのビラ配布の利点欠点限界盲点とは?

(候補者1人につき配布できるビラの上限は、都道府県議選で1万6000枚、政令市の市議選で8000枚、政令市以外の市議選と特別区議選で4000枚。町村議選は解禁対象に含まれていない。各議会が条例で定めればビラ作製費用の公費負担も可能となる。)


2.なぜ今まで、地方選挙でビラ配布が禁止されていたかの方が謎なのだが、地方選挙は、出来レースだったから、??


衆参選挙でのビラ配布がokで、

地方選挙でのビラ配布が禁止だった論理とは?


3.選挙でビラ配布ではなく、

Twitterustream や郵便ではなく、

(要介護4.要介護3の郵便での投票解禁等)や

スーパーに投票場を設ける等ではなく、

インターネットでの投票ができる時代はまだなのだろうか?



4.日本はインターネット後進国だから、

未だに手配ビラや拡張器、街頭車や辻立ちに拘り

インターネットやSNSに抵抗するのだろうか?


5.日本で戸別訪問が解禁される時代はいつに

なったらば来るのだろうか?





地方議会選挙、ビラ配布解禁へ…改正法が成立

2017年06月14日 18時10分

http://sp.yomiuri.co.jp/politics/20170614-OYT1T50090.html