katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1.サントメプリンシペ 、パナマ が 台湾との外交関係を解消して、 台湾と外交関係を結んでいる国が20カ国に減ったが この出来事は、台湾にとってどの様な意味があるのだろうか?

1.サントメプリンシペ 、パナマ

台湾との外交関係を解消して、

台湾と外交関係を結んでいる国が20カ国に減ったが

この出来事は、台湾にとってどの様な意味があるのだろうか?


2.外交断然はイデオロギーではなく経済が趨勢であることをまざまざと見せつけたのでは?


3.この出来事は台湾独立の機会になるのだろうか?

(憲法制定委員会を設置して、住民投票を行う等)


4.台湾はこれから中国と、どの様に共存を図るのだろうか?



社会カテゴリー皆さんの

ご回答のほど、

お待ちしております。


「台湾断交ドミノ」拡大 関係維持は残り20カ国

https://www.google.co.jp/amp/www.asahi.com/amp/articles/ASK6F56Q8K6FUHBI01D.html


パナマ断交で台湾に波紋 独立へ余地広がると「歓迎論」も

2017.6.14 22:50

http://www.sankei.com/smp/world/news/170614/wor1706140037-s1.html


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/辜寛敏

辜寬敏(グー・クアンミン、こ かんびん、1926年10月15日 - )は台湾の実業家、台湾独立運動家。中華民国総統府資政。父親は辜顕栄。異母兄は辜振甫(台湾の財界人、海峡交流基金董事長)。 息子にリチャード・クーエコノミスト)。