katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1.日本の引きこもり臨床研究第一人者の 田中俊英さんと言えばレイオルデーンバーク著の 「サードプレイス コミュニティーと核となる 「とびきり居心地よい場所」の 書籍の啓蒙者としても有名だが、

1.日本の引きこもり臨床研究第一人者の

田中俊英さんと言えばレイオルデーンバーク著の

サードプレイス コミュニティーと核となる

「とびきり居心地よい場所」の

書籍の啓蒙者としても有名だが、

彼の若者やニート、引きこもりの為に物理的なサードプレイスの場を主体的に推進して創造している行為は素晴らしいと思うが、

(若者、子ども、引きこもり、ニートの自己評価(エフェカシィー)、自尊心(セルフエスティーム)を上げる利他的な行動にも繋がっていると思うが)

2017年の子供、若者白書の「特集 若者にとっての人とのつながり」によると、若者の6割が

ネット空間を自分の居場所と感じていると回答している為ので、物理的な場所だけでなく、インターネットの情報空間にも「カフェ、喫茶店、居酒屋、ディスコ、雀荘、碁会所、床屋等」の様なサードプレイスを

創った方がよいのでは、ないだろうか?


2.若者、子ども、ニート、引きこもり問題の本質とは?この問題をどの様に解決するべきなのだろうか?



空気という「学校風船」

田中俊英 | 一般社団法人officeドーナツトーク代表

6/16(金) 7:02

https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakatoshihide/20170616-00072165/


平成29年版 子供・若者白書(全体版)(PDF版)

http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h29honpen/pdf_index.html


サードプレイス 書籍。

http://www.tate-lab.net/mt/2010/02/post-161.html



早稲田大学サードプレイスを!! 

12月 17, 2013

http://toroo4ever.blogspot.jp/2013/12/blog-post_17.html?m=1


若者の6割がインターネット空間を「自分の居場所と感じている」政府調査 学校・職場を超える

最下位は「職場」の4割弱。

https://www.google.co.jp/amp/nlab.itmedia.co.jp/nl/amp/1706/15/news119.html


http://news.nicovideo.jp/watch/nw2806269

日本の若者の10人に1人がニート、その多くは専業主婦 OECDは「保育サービスの拡充」を呼びかけ

2017/5/30(火)18:26 キャリコネ