katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

親が子供におこなう習い事と 知識、知性、教養などの学びの利点欠点限界盲点とは? 儒教的な教育と、 フェミニズム思想、 それぞれの利点欠点限界盲点とは?

ヴィオラ等の楽器、華道、花道、香道

日本舞踊、お菓子作り、裁縫、料理、家事等などを

日本の貴族、華族、成金、金持ちの子女に特に女性

女の子になかば強制して、洗脳に近い形で、行ったが

これは、上流階級の人間からすれば、

彼ら、彼女達が信じている品性やマナーを付けるため?

そうすれば、子供が政略結婚の時に、さらによい階級の女子と結婚するのではと考えているのだろうか?

(品性、マナーは政略結婚という勘合貿易のために身に付けるのが上流階級の常識、、。?.)


エマ ゴールドマンの時代の様に、

女子は結婚するから、知識、教養、知性などは必要なく、若さと品性、マナーだけがあれば全てよいという

儒教的な、もしくは、男尊女卑的な考えを持つ人間が

多いのだろうか?


親が子どもに施す習い事とは、

親のネゴであり、それに付き合わされる子どもから

すれば、完全に洗脳なのでは?

でも、親は子供の為と信じているから洗脳ではなく 

教育になるのではないか?



なぜ、時代で変わる品性やマナーではなく、

持っていて一生分の価値になる、

知識、知性、教養、学びに特価しなかったのだろうか?


親が子供におこなう習い事と

知識、知性、教養などの学びの利点欠点限界盲点とは?


儒教的な教育と、

フェミニズム思想、

それぞれの利点欠点限界盲点とは?




https://scholar.google.co.jp/scholar?hl=ja&q=子どもの習い事&btnG=&lr=lang_en%7Clang_ja


https://scholar.google.co.jp/scholar?q=エマ+ゴールドマン&btnG=&hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0%2C5


https://scholar.google.co.jp/scholar?q=フェミニズム&btnG=&hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0%2C5


https://scholar.google.co.jp/scholar?start=10&q=儒教+女性&hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0,5


https://scholar.google.co.jp/scholar?q=上流階級+儒教&btnG=&hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0%2C5


https://scholar.google.co.jp/scholar?q=上流階級+教育+習い事&btnG=&hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0%2C5


https://ja.wikipedia.org/wiki/日明貿易

日明貿易(にちみんぼうえき)は、室町時代に日本が中国の朝と行った貿易。特に室町幕府大内氏との朝貢貿易は、倭寇や密貿易と区別し正式な遣明使船である事が確認できるよう勘合(勘合符)を使用したことから勘合貿易(かんごうぼうえき)とも呼ばれる。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/フェミニズム


フェミニズムfeminism)とは、性差別を廃止し、抑圧されていた女性権利を拡張しようとする思想運動性差別に反対し女性の解放を主張する思想・運動などの総称。男女同権運動との関わりが深い。リベラル・フェミニズムラディカル・フェミニズムなど、フェミニズムの思想は多様であり、一本の思想と考えることはできない。対置概念はマスキュリズム

フェミニズムを主張する人のことをフェミニストと呼ぶ。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/マスキュリズム

マスキュリズムmasculism)とは、男性に対する性差別男性差別)の撤廃を目指す思想や運動である。直訳すると「男性主義」であり、かつての欧米では男尊女卑という意味で使われていた言葉だが、この思想の主唱者であるワレン・ファレルフェミニズムの対置概念として提唱してからは現在の意味で使われるようになった。主に西ヨーロッパ北アメリカで普及しており、中東極東でも萌芽が見られる。

マスキュリズムの推進者や同調者をマスキュリストと呼ぶ。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/フェミニズム

フェミニズム(はんフェミニズム)またはアンチ・フェミニズムantifeminism)とは、フェミニズムに反対する思想運動のこと。反フェミニズム論者のことを、アンチ・フェミニストという。「バックラッシュ」、「反ジェンダー」と呼ぶこともある。「ポスト・フェミニズム」や「ジェンダー研究」などと称するもののうち、一部のフェミニズムそのものを希釈化する思想や運動を含む意味で用いられることもある(出典:『


https://en.wikipedia.org/wiki/Feminism

Feminism is a range of political movementsideologies, and social movements that share a common goal: to define, establish, and achieve political, economic, personal, and social rights for women.[1][2] This includes seeking to establish educational and professional opportunities for women that are equal to such opportunities for men.

Feminist movements have campaigned and continue to campaign for women's rights, including the right to vote, to hold public office, to work, to earn fair wages or equal pay, to own propertyto receive education, to enter contracts, to have equal rights within marriage, and to have maternity leave. Feminists have also worked to promote bodily autonomy and integrity, and to protect women and girls from rapesexual harassment, and domestic violence.[3]

Feminist campaigns are generally considered to be a main force behind major historical societal changes for women's rights, particularly in the West, where they are near-universally credited with achieving women's suffrage, gender neutrality in Englishreproductive rights for women (including access to contraceptives and abortion), and the right to enter into contracts and own property.[4] Although feminist advocacy is, and has been, mainly focused on women's rights, some feminists, including bell hooks, argue for the inclusion of men's liberation within its aims because men are also harmed by traditional gender roles.[5] Feminist theory, which emerged from feminist movements, aims to understand the nature of gender inequality by examining women's social roles and lived experience; it has developed theories in a variety of disciplines in order to respond to issues concerning gender.[6][7]

Numerous feminist movements and ideologies have developed over the years and represent different viewpoints and aims. Some forms of feminism have been criticized for taking into account only white, middle class, and college-educated perspectives. This criticism led to the creation of ethnically specific or multicultural forms of feminism, including black feminism and intersectional feminism.[8]


https://en.wikipedia.org/wiki/Antifeminism

Antifeminism is broadly defined as opposition to some or all forms of feminism. This opposition has taken various forms across time and cultures. For example, antifeminists in the late 1800s and early 1900s resisted women's suffrage, while antifeminists in the late 20th century in the United States opposed the Equal Rights Amendment.[1][2]


https://en.wikipedia.org/wiki/Antifeminism

Antifeminism is broadly defined as opposition to some or all forms of feminism. This opposition has taken various forms across time and cultures. For example, antifeminists in the late 1800s and early 1900s resisted women's suffrage, while antifeminists in the late 20th century in the United States opposed the Equal Rights Amendment.[1][2]