katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1.デンマークでハイネさんと自撮りした皇太子は、 父親が一生をかけて模索した新たな象徴天皇像を 自分なりにも模索しているという現れなのだろうか?

1.デンマークでハイネさんと自撮りした皇太子は、

父親が一生をかけて模索した新たな象徴天皇像を

自分なりにも模索しているという現れなのだろうか?


2.皇太子が考える象徴天皇像とは?

(現在の天皇皇后両陛下と皇太子のそれぞれの

利点欠点限界盲点とは?)


3.我々が皇太子ならば、

どの様な象徴天皇を模索するのだろうか?


4.現在の天皇皇后両陛下の退位後の住まいは

赤坂離宮?それとも京都?

「仙洞(せんとう)御所」はどこになるのだろうか?



5.皆さんにとって、天皇皇后両陛下と皇太子とは?


6.なぜ、左翼は天皇皇后両陛下、王室をを嫌い、

右翼は天皇皇后両陛下、王室を好むのだろうか?

左翼、右翼、の利点欠点限界盲点とは?


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/フレデリク_(デンマーク王太子)

フレデリク・アンドレ・ヘンリク・クリスチャン(Frederik André Henrik Christian、1968年5月26日 - )は、マルグレーテ2世の長男でデンマーク王太子(kronprins til Danmark)、モンペザ伯爵(greve af Monpezat)。弟にヨアキム王子がいる。


https://en.wikipedia.org/wiki/Frederik,_Crown_Prince_of_Denmark

Frederik, Crown Prince of Denmark, Count of MonpezatRESKmd (Frederik André Henrik Christian; Danish pronunciation: [ˈfʁæðˀʁæɡ̊]; born 26 May 1968) is the heir apparent to the throne of Denmark. Frederik is the elder son of Queen Margrethe II and Henrik, the Prince Consort.


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/皇太子徳仁親王

皇太子徳仁親王(こうたいし なるひとしんのう、1960年(昭和35年)2月23日 - )は、日本の皇族。今上天皇の第一皇男子。母は皇后美智子。御称号は浩宮(ひろのみや)。身位は皇太子(法定推定相続人)、親王皇室典範に定める敬称は殿下。お印は梓(あずさ)。勲等は大勲位。学位は人文科学修士学習院大学)1988年(昭和63年)。その他、名誉学位・称号として名誉法学博士(ケンブリッジ大学)などがある。皇位継承順位第1位


https://en.wikipedia.org/wiki/Naruhito,_Crown_Prince_of_Japan


Naruhito, Crown Prince of Japan (皇太子徳仁親王? Kōtaishi Naruhito Shinnō, born 23 February 1960) is the elder son of Emperor Akihito and Empress Michiko, which makes him the heir apparent to the Chrysanthemum Throne.

Naruhito is first in line to become the 126th Emperor according to Japan's traditional order of succession. In January 2017, reports emerged that the Emperor was considering abdicating the throne at the end of 2018 or beginning of 2019.[1] Crown Prince Naruhito would succeed his father to the Chrysanthemum Throne and the beginning of his reign would mark a new Japanese era.


https://www.google.co.jp/amp/amp.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201703/CK2017032702000119.html


https://www.google.co.jp/amp/www.asahi.com/articles/ASK6N5JFMK6NUTIL037.html#pt0-9948


「仙洞(せんとう)御所」

http://m.huffpost.com/jp/entry/17236154


https://auth.mainichi.co.jp/auth/openid/op/auth


http://www.news24.jp/sp/articles/2017/03/26/07357366.html



https://www.google.co.jp/amp/www.asahi.com/amp/articles/ASK6D51N0K6DPLZB01K.html


http://www.jprime.jp/articles/-/6076?display=b


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/双京構想

双京構想(そうきょうこうそう)とは、京都を文化面の首都と位置付けて、皇室行事を東京都京都府で行う構想[1]

構想は、2010年に立ち上げられた「京都の未来を考える懇話会」による第一次提案の一部として、東日本大震災から1年後にあたる2012年に発表された[2]皇族の一部が滞在し公務を行うことで、皇室にとってより安全な環境を築くことなどを目的とする。東京以外で御所の所在する地域であることと、都として千年以上、皇室とともにあった地域であることが、京都で実施する理由とされた[3]

京都府京都市では構想に対する有識者への意見聴取を行い[4]、政府への要望などが行われている。具体化としては、明治時代に廃止された節会五節句)などの宮中行事を再開したり、園遊会歌会始などを実施したりする形で、皇族の京都滞在の機会を増やす取組が検討されている[5]

類似案に2005年頃から、首都機能のバックアップ用に京都御所等を皇室関係の代替施設とする構想があり[6][7]関西広域連合では皇族の京都常住を提案している[8]

http://www.pref.kyoto.jp/mirai-pj/documents/sankou6.pdf#page=25


http://www.kouiki-kansai.jp/contents.php?id=259


http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/189/0002/18907030002017a.html


天皇の退位等に関する皇室典範特例法について

http://www.kantei.go.jp/jp/headline/taii_tokurei.html


天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/koumu_keigen/