katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1.米林宏昌監督の「メアリと魔女の花」は プロデューサーの西村義明氏らが設立したスタジオポノックによる第1回長編作品の利点欠点限界盲点とは?

1.米林宏昌監督の「メアリと魔女の花」は

プロデューサーの西村義明氏らが設立したスタジオポノックによる第1回長編作品の利点欠点限界盲点とは?


2.皆さんにとって

米林宏昌監督とは?「メアリと魔女の花」とは?


3.スタジオジブリ宮崎駿監督は

米林宏昌監督の「メアリと魔女の花」をどの様に

評価するのだろうか?


4.アニメにおいて、

スタジオジブリスタジオポノック

宮崎駿米林宏昌とは?

彼らの利点欠点限界盲点とは?



米林宏昌 スタジオポノック関連記事。


https://news.google.co.jp/news/amp?caurl=http%3A%2F%2Feiga.com%2Fnews%2F20170622%2F22%2F#pt0-925975


https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1844291.html


http://s.news.mynavi.jp/news/2017/06/22/083/


http://natalie.mu/eiga/news/237825


http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170622-OHT1T50152.html


http://s.cinemacafe.net/article/2017/06/22/50437.html


https://m.mantan-web.jp/2017/06/22/20170622dog00m200037000c.html


https://m.mantan-web.jp/article/20170622dog00m200037000c.html


http://s.cinema.pia.co.jp/smart/news/172197/71204/


http://www.zaikei.co.jp/sp/article/20170622/379588.html


http://natalie.mu/eiga/news/237613


https://ja.wikipedia.org/wiki/メアリと魔女の花



https://ja.m.wikipedia.org/wiki/米林宏昌

米林 宏昌(よねばやし ひろまさ、1973年7月10日 - )は、日本のアニメーター、アニメ監督。スタジオポノック所属。2014年末まで株式会社スタジオジブリに所属していた[1]。ジブリでの愛称は麻呂(まろ)[2][3]。

メアリと魔女の花』(めありとまじょのはな)は、スタジオポノックによるアニメーション映画2017年7月8日公開予定。監督は、スタジオジブリ出身の米林宏昌キャッチコピーは、「魔女、ふたたび。」、「この夏、メアリは出会う。驚きと歓び。過ちと運命。そして、小さな勇気に――。」。



https://en.wikipedia.org/wiki/Mary_and_the_Witch%27s_Flower

Mary and the Witch's Flower (Japaneseメアリと魔女の花? HepburnMeari to Majo no Hana) is an upcoming Japanese animefantasy film directed by Hiromasa Yonebayashi and produced by Studio Ponoc, based on The Little Broomstick by Mary Stewart. This is Studio Ponoc's first feature film.[2] The film tells a story of a young girl named Mary who discovers that she has a mysterious power to become a witch, which lasts for one night only.[3][4]



https://en.wikipedia.org/wiki/Hiromasa_Yonebayashi

Hiromasa Yonebayashi (米林 宏昌? Yonebayashi Hiromasa, born 1973 in Nonoichi, Ishikawa, Japan),[1] nicknamed Maro, is a Japanese animator and director for Studio Ghibli. After his directorial debut with Studio Ghibli (The Secret World of Arrietty), he became the youngest director of a theatrical film produced by the studio.[2] He was nominated for the Academy Award for Best Animated Feature in 2015 for his second film, When Marnie Was There.

He studied at the Kanazawa College of Art, where he majored in commercial design.[1]


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/西村義明


西村 義明(にしむら よしあき、1977年 - )は日本アニメーションプロデューサー東京都出身。元スタジオジブリ所属で、自身が設立したスタジオポノック代表取締役を務める。

https://en.wikipedia.org/wiki/Yoshiaki_Nishimura

Yoshiaki Nishimura (西村 義明? Nishimura Yoshiaki, born September 25, 1977 in Tokyo, Japan) is a Japanese lead film producer formerly of Studio Ghibli and founder of the company Studio Ponoc.[1] He was nominated for the Academy Award for Best Animated Feature in 2014 for The Tale of Princess Kaguya[2] and received consecutive Oscar nomination at 88th Academy Awards for When Marnie Was There in same category.[3][4]



https://ja.wikipedia.org/wiki/スタジオポノック

株式会社スタジオポノックSTUDIO PONOC CO.,LTD.)は、日本アニメ制作会社。「ポノック」とはセルビア・クロアチア語で「深夜0時」を意味し、新たな一日のはじまりの意味が込められている[1]


https://en.wikipedia.org/wiki/Studio_Ponoc



Studio Ponoc (株式会社スタジオポノック?Kabushiki-gaisha Sutajio Ponokku) is a Japanese animation studio based in Musashino, TokyoJapan. It was founded by Yoshiaki Nishimura in April 2015. Its first feature film, Mary and the Witch's Flower, will be released in 2017.


http://www.roppongihills.com/facilities/arena/