katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1.台湾から国際郵便で、覚醒剤を密輸した 極東会系暴力団の元会長が中国で逮捕されたらしいが、国際郵便で覚醒剤を密輸する方法は暴力団では ポーピュラな方に入るのだろうか?

1.台湾から国際郵便で、覚醒剤を密輸した

極東会系暴力団の元会長が中国で逮捕されたらしいが、国際郵便で覚醒剤を密輸する方法は暴力団では

ポーピュラな方に入るのだろうか?


2.極東会暴力団とは何なのだろうか?


3.なぜ、この方は、中国の青島に潜伏したのだろうか?青島には、この方を支援する体制が存在していたということなのだろうか?

青島の暴力団関連支援施設、隠れ家についての証言を引き出す捜査が行われる?もしくは司法取引でこの方の罪が軽くなる可能性も高いのだろうか?


4.中国ではこの事件はどの様に報道されたのだろうか?

 


26日 18時44分

覚醒剤密輸容疑で暴力団元代表を逮捕、中国から成田へ移送

http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3088735.htm


http://dekigotoatoyomi.com/2015/12/01/国際郵便・危険ドラッグの温床に、違法薬物の摘/


平成27年4月1日より、関税法上、指定薬物の輸入が新たに禁止されます。

http://www.customs.go.jp/mizugiwa/smuggler/designateddrugs.htm


[PDF]指定薬物の - 財務省

https://www.mof.go.jp/customs_tariff/trade/safe_society/mitsuyu/cy2015/ka280219.pdf


  • 危険ドラッグの乱用の根絶のための緊急対策(平成26年7月18日 薬物乱用対策推進会議決定。平成26年8月7日一部改正。)
  • 危険ドラッグの乱用の根絶のための緊急対策フォローアップ(平成26年9月19日 薬物乱用対策推進会議決定。)

危険ドラッグに関する注意喚起等

指定薬物の輸入、関税法違反での摘発第一号はラッシュ

極東会(きょくとうかい)は、東京都豊島区に本部を置く的屋系の指定暴力団。構成員は2016年末の時点で約590人。[1]

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/極東会


[PDF]

平成28年警察白書 概要 - 警察庁

https://www.npa.go.jp/hakusyo/h28/gaiyouban/gaiyouban.pdf


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/中国国際郵便覚醒剤密輸事件

中国国際郵便覚醒剤密輸事件(ちゅうごくこくさいゆうびんかくせいざいみつゆじけん)とは、中国籍の男が国際郵便を使って覚醒剤を密輸入しようとしたとして起訴されたが、無罪となった事件である。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/青島市

青島市(チンタオし、せいとう[1]し、中国語: 青岛市、ドイツ語: Tsingtau)は、中華人民共和国山東省に位置する主要な港湾都市副省級市・計画単列市、国家歴史文化名城に指定されている。中国の海洋産業の中心都市であり、東部沿岸の重要な経済と文化の中心であり、近代的な製造業やハイテク産業基地も立地する。また国際的な沿岸リゾート地、東北アジアの国際海運センター、中国国内の主要な地方国際空港所在地であり、中国人民解放軍海軍北海艦隊司令部のある軍港でもある。

2008年の北京オリンピックや2009年の第11回中華人民共和国全国運動会のサブ会場は青島に位置しており、また、2014年国際園芸博覧会が青島で開催される。


https://www.google.co.jp/amp/jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJP2017062601002060


指定暴力団とは

http://www1a.biglobe.ne.jp/boutsui/category/taisakuhou/shitei.html


指定暴力団一覧。

http://www1a.biglobe.ne.jp/boutsui/category/taisakuhou/pdf/shitei_bouryokudan2016.pdf


覚醒剤に関する法律。

http://s.webry.info/sp/33765910.at.webry.info/201102/article_21.html


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/泳がせ捜査

泳がせ捜査(およがせそうさ)とは、違法行為が発覚してもすぐに検挙するのではなく、様子を見ながら監視し続け、犯罪の全体像が判明してから検挙する捜査のこと。制御下配送とも。英語でコントロールド・デリバリー(controlled delivery)と呼ぶ。

犯罪の全体像を把握して検挙することを可能とするが、一方で監視対象や対応次第では監視中に組織的に大きな犯罪を進行し続けることになる問題点も存在する。

法律では一部の事例について泳がせ捜査について合法と明記されている。

麻薬特例法第3条・第4条[1]では入国審査官や税関長は検察官からの通報や司法警察職員の要請を受け、審査を経ての上陸許可や規制薬物の税関通過許可を認めている。

一部の法律では規制物品をすり替えた上で泳がせ捜査をするクリーン・コントロールド・デリバリーによる立件を可能とする規定になっている。銃刀法第31条の17では銃刀法違反を犯す意思をもって拳銃や拳銃実包や拳銃部品として交付された物品(すり替えによる偽物)や取得した物品を輸入、所持、譲り渡し等をすることを罪としている。麻薬特例法第8条でも、規制薬物として交付された物品(すり替えによる偽物)や取得した物品を輸出入等をすることを罪としている。


泳がせ捜査 法的な問題。

https://www.google.co.jp/amp/gamp.ameblo.jp/byoosoku/entry-12023060343.html


麻薬特例法覚せい剤譲り受け

http://s.webry.info/sp/33765910.at.webry.info/201102/article_18.html


主な不正薬物の密輸入形態別摘発件数
財務省「平成22年の全国の税関における関税法違反事件の取締り状況」資料より転載
http://www.mof.go.jp/jouhou/kanzei/ka230203b.htm