katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

フランス料理を極めたい、、どうすれば??

1.フランスに行くか、

フランス料理店に入る、

フランス料理を教科書をつかって

自宅で作る


2,自分がフランス料理で働いている

イメージは確信的に練り上げたほうがよいかと、

たくさんフランス料理について、

学習を重ね、近場のフランス料理店には

全て行ったほうがよいかと。


3.踏ん張って、

大丈夫、大丈夫、あなたならば出来る、

出来る。


ただし、周りには夢は言わないほうが

よいかと、

言われれば批判を受けるかもしれないので!


料理人になるとどの様な批判を受けるかは色々調べ、その批判にどのようにしたらば、やりこめるか、考えるのが必要。


圧倒的な知識収集とプラス思考を欠かさず、なおかつ、料理人としての技量も

磨き、見識をつけるために、

フランス料理店に行き、

自分が料理店で働く、

もしくは、オーナーになるならば、

どのような店をつくり、

どのような店内(証明、壁紙、厨房、

レストランの内装、食器類、椅子、

テーブル、トイレ)にするか、

あとはどの様な人を雇うか、

どの様な接客をするか、


料理の食材は?

産地は??



自分のフランス料理とは

これだと、言えるまで、

借り物言葉ではなく、

自分の言葉で言える状態がよいかと。


4.フランス語学んだ時にフランス語料理辞典を少し読んだ記憶があった、
フランス料理については詳しくはないが、
そのフランス料理辞典は重宝すると
思うから購入された方がよいかと。

あと現在のホテルの接客、料理は
なぜか、フランスに起源があるとか、
そのため高級ホテルにはフレンチレストランが多い、



6.フランス料理情報。

7フランス料理辞典

ホテル技能検定

ホテル、レストランサービス能力検定。

一級の問題。

一級でフランス語の知識が必要なのは 
ホテルの料理、接客が
フランス流のあかし、

一級の問題をスラスラ解ければ
解けなければ最低でも満点は取れるまで
学習を重ねてください
まぁ、知識はあると言ってよいだろう。

8,食品の検定。

9.フランス料理や料理人になりたい方、
みなさまにエールを送りたいかと、
はい、踏ん張って、
あなたならば出来る、出来る!

あなたには底知れない奥域の
能力がある、!ある!