katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1.北朝鮮がICBM発射実験成功したらしいが、 これはつまり、どういうことなのだろうか? ICBMミサイルの利点欠点限界盲点とは? 2.北朝鮮は、防衛の為に、 一点豪華主義でミサイルを独自に開発しているらしいが、、それを批判する事は必要なのだろうか? 3.北朝鮮に対してなぜ、日本だけ政権を転覆させなくてはいけないとの強硬論が強いのか? 8.北朝鮮が存在しているか、日本に在留米軍基地が あるのだろうか? 北朝鮮が存在しなければ、戦争ビジネスが出来なくなり軍需産業が枯渇、衰退するので、アメリカなどは 北

1.北朝鮮ICBM発射実験成功したらしいが、

これはつまり、どういうことなのだろうか?

ICBMミサイルの利点欠点限界盲点とは?


2.北朝鮮は、防衛の為に、

一点豪華主義でミサイルを独自に開発しているらしいが、、それを批判する事は必要なのだろうか?


3.北朝鮮に対してなぜ、日本だけ政権を転覆させなくてはいけないとの強硬論が強いのか?


4.中国の北朝鮮政策は生かさず、殺さずらしいが、

中国の北朝鮮政策は何か変わるのだろうか?


5.皆さんにとって、北朝鮮とは?


6.北朝鮮は韓国と統一して連邦国家になるのだろうか?

文在寅(ムン・ジェイン、문재인)大統領の利点欠点限界盲点とは?

統一国家論の利点欠点限界盲点とは?


7.日本の北朝鮮政策は圧力をかけることだが、

圧力をかけるぐらいならば、

北朝鮮に数億ぐらいのお金をあげた方が良いのでは

ないのだろうか?


8.北朝鮮が存在しているか、日本に在留米軍基地が

あるのだろうか?

北朝鮮が存在しなければ、戦争ビジネスが出来なくなり軍需産業が枯渇、衰退するので、アメリカなどは

北朝鮮を崩壊はさせたくないのだろうか?


9.日本、北朝鮮、アメリカ、ロシア、中国、

それぞれの利点欠点限界盲点とは?


ニュースカテゴリー皆さんの

ご回答のほど、

お待ちしております。


ICBM ニュース。

https://www.google.co.jp/amp/news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/13290080/


http://jp.wsj.com/articles/SB11781252089813404376104583246901488995088


https://www.google.co.jp/amp/jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJPKBN19P0HN


https://www.google.co.jp/amp/www.asahi.com/amp/articles/ASK7454JKK74UHBI00T.html

https://www.google.co.jp/amp/s/news.biglobe.ne.jp/smart/amp/international/0704/kyo_170704_1913647716.html


http://thediplomat.com/2017/07/north-korea-just-successfully-tested-a-missile-that-sure-seems-like-an-icbm-whats-next/


http://www.bbc.com/news/world-asia-40491138


http://nypost.com/2017/07/04/north-korea-says-they-have-successfully-launched-icbm/


https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-07-04/north-korea-fires-ballistic-missile-south-korea-says


http://www.cnbc.com/2017/07/03/north-korea-launches-missile-nearing-japan-reports.html


http://www.ibtimes.com/irbm-vs-icbm-north-korea-claims-have-launched-intercontinental-ballistic-missile-2561102


労働新聞。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/労働新聞_(朝鮮労働党)


労働新聞로동신문 ロドン・シンムン、ろうどうしんぶん)は、朝鮮民主主義人民共和国北朝鮮)の指導政党である朝鮮労働党中央委員会機関紙で同国を代表する朝鮮語の日刊紙である。発行部数は100万部以上。平壌市中区域に事務所を置く労働新聞社로동신문사)が発行。なお、韓国では頭音法則により「동신문」と書き、「ドンシンムン」と発音する。


https://en.wikipedia.org/wiki/Rodong_Sinmun

Rodong Sinmun (Korean로동신문IPA[ɾodoŋ ɕʰinmun]Workers' Newspaper) is a North Korean newspaper that is the official newspaper of the Central Committee of the Workers' Party of Korea. It was first published on November 1, 1945, as Chǒngro(Chosŏn'gŭl정로Hancha正路; "right path"), serving as a communication channel for the North Korea Bureau of the Communist Party of Korea. It was renamed in September 1946 to its current name upon the steady development of the Workers' Party of Korea. Quoted frequently by the Korean Central News Agency(KCNA) and international media, it is regarded as a source of official North Korean viewpoints on many issues.

The English-language version of Rodong Sinmun was launched in January 2012.[3]


https://ru.wikipedia.org/wiki/Нодон_синмун

«Нодо́н синму́н» (кор. 로동신문?勞動新聞?Рабочая газета) — ежедневная газета КНДР, центральный печатный орган Трудовой партии Кореи. Выходит в Пхеньяне с 1 ноября1945 (до сентября 1946 под названием «Чонно» [정로]). Тираж около 1,5 млн экземпляров. Является главным официальным печатным изданием в стране, публикует официальные новости, заявления правительства КНДР и т. п.

Российский кореевед А. Н. Ланьков в своей статье, написанной в 1992 году и позднее незначительно переработанной, даёт следующую характеристику газеты[2]:


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/朝鮮人民軍_(機関紙)


朝鮮人民軍(ちょうせんじんみんぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国北朝鮮)の日刊新聞人民武力部機関紙


https://en.wikipedia.org/wiki/Joson_Inmingun

Joson Inmingun (Korean조선인민군) is the newspaper of Korean People's Army.[1][2][3]



https://ja.m.wikipedia.org/wiki/青年前衛

青年前衛(せいねんぜんえい)は、朝鮮民主主義人民共和国北朝鮮)の日刊新聞北朝鮮の青年、学生の大衆団体である金日成社会主義青年同盟機関紙


http://www.rodong.rep.kp/en/




【苫米地NEWS】金正男暗殺事件の真相!世界の安全保障における北朝鮮の位置付け

02-26-2017 Kunisaki

http://nipponzine.net/diplomacy-and-national-security/7279




https://ja.m.wikipedia.org/wiki/大陸間弾道ミサイル

大陸間弾道ミサイル(たいりくかんだんどうミサイル、英語: intercontinental ballistic missile, ICBM)は、有効射程が超長距離で北アメリカ大陸ユーラシア大陸間など、大洋に隔てられた大陸間を飛翔できる弾道ミサイル。大陸間弾道弾(たいりくかんだんどうだん)とも称する。アメリカ合衆国ソビエト連邦間では、戦略兵器制限条約(SALT)により、有効射程が「アメリカ合衆国本土の北東国境とソ連本土の北西国境を結ぶ最短距離である5,500km以上」の弾道ミサイルと定義された。


https://en.wikipedia.org/wiki/Intercontinental_ballistic_missile

An intercontinental ballistic missile (ICBM


http://dic.pixiv.net/a/ICBM

An intercontinental ballistic missile (ICBM) is a guided ballistic missile with a minimum range of 5,500 kilometres (3,400 mi)[1]primarily designed for nuclear weapons delivery (delivering one or more thermonuclear warheads). Similarly, conventional, chemical, and biological weapons can also be delivered with varying effectiveness, but have never been deployed on ICBMs. Most modern designs support multiple independently targetable reentry vehicles (MIRVs), allowing a single missile to carry several warheads, each of which can strike a different target.

Early ICBMs had limited precision, which made them suitable for use only against the largest targets, such as cities. They were seen as a "safe" basing option, one that would keep the deterrent force close to home where it would be difficult to attack. Attacks against military targets(especially hardened ones) still demanded the use of a more precise manned bomber. Second- and third-generation designs (such as the LGM-118 Peacekeeper) dramatically improved accuracy to the point where even the smallest point targets can be successfully attacked.

ICBMs are differentiated by having greater range and speed than other ballistic missiles: intermediate-range ballistic missiles (IRBMs), medium-range ballistic missiles (MRBMs), short-range ballistic missiles (SRBMs) and tactical ballistic missiles (TBMs). Short and medium-range ballistic missiles are known collectively as theatre ballistic missiles.