katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

4.ラインは利権の塊なのだろうか? 苫米地英人が「2050年衝撃の未来予測」で言った様に、韓国政府や投資家が後押ししたからこそ、 ラインは上場したのだろうか? 発明性はなく、古いSNSの一形態なのでは? 5.ラインは全ての個人情報を収集しているので、 一度既得権益側についたらば、 ビッグブラザーの様になるのでは?

1.ラインのアルバム作成で、

写真毎にコメントつけるのは、どうすれば良いか?


2.アルバムの題名にしか文章は入れられないのだろうか?


3.ラインの利点欠点限界盲点とは?


4.ラインは利権の塊なのだろうか?

苫米地英人が「2050年衝撃の未来予測」で言った様に、韓国政府や投資家が後押ししたからこそ、

ラインは上場したのだろうか?

発明性はなく、古いSNSの一形態なのでは?


5.ラインは全ての個人情報を収集しているので、

一度既得権益側についたらば、

ビッグブラザーの様になるのでは?


6.マイナーポータブルの利点欠点限界盲点とは?


5.カルロスゴーンでなければ、

日産を立て直せなかったように、

ラインが韓国政府などの外国企業でなければ、

既得権益者に潰されていたのでは?



http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1065475.html


https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-06-15/ORJ4IH6S972801


http://www.soumu.go.jp/main_content/000439543.pdf


https://s.news.mynavi.jp/articles/2017/06/16/line_pey/


http://lite.blogos.com/article/229118/


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/LINE_(アプリケーション)

LINE(ライン)は、韓国のIT企業ネイバー子会社LINE株式会社が提供するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。

スマートフォンフィーチャーフォンなど携帯電話パソコンに対応したインターネット電話テキストチャットなどの機能を有する。2012年7月3日にはプラットフォーム化が発表された[1]



https://en.wikipedia.org/wiki/Line_(software)

Line (styled as LINE) is a freeware app for instant communications on electronic devices such as smartphones, tablet computers and personal computers. Line users exchange texts, images, video and audio, and conduct free VoIP conversations and video conferences. The service is operated by Line Corporation, the Japanese arm of Naver Corporation.

Line launched in Japan in 2011, reaching 100 million users within eighteen months and 200 million users only six months later.[8] Line became Japan's largest social network in 2013. In October 2014 Line announced that it had attracted 560 million users worldwide with 170 million active user accounts.[9][10] In February 2015, it announced the 600 million users mark had been passed and 700 million were expected by the end of the year.[11]

Line was originally developed as a mobile application for Android and iOS smartphones. The service has since expanded to BlackBerry OS (August 2012),[12] Nokia Asha (Asia and Oceania, March 2013),[13][14] Windows Phone (July 2013),[15] Firefox OS (February 2014),[16] iOS tablets (October 2014), and as a Chrome Browser Application (via the Chrome Web Store). At one point Line was available as a website (non-browser-app), but that has been discontinued. The application also exists in versions for laptop and desktop computers using the Microsoft Windows and macOS platforms.


https://scholar.google.co.jp/scholar?hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0,5&q=line+コミニケション


http://www.yc.tcu.ac.jp/~cisj/16/assets/16_05.pdf


http://ci.nii.ac.jp/naid/120005851541


https://www.obirin.ac.jp/postgraduate/graduate_course/psychology/master_thesis/7fl296000006lwza-att/7fl296000006lxjc.pdf


https://www3.chubu.ac.jp/documents/communications/content/6236/6236_822ebe036cd8387f9e046c5a6185723c.pdf


http://nagaya.hi-tech.ac.jp/labo/miyakoshi/pdf/h25/osawa/osawa_thesis.pdf


http://ci.nii.ac.jp/naid/110010027601