katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1.著作権は非常に曖昧で恣意的で、 どのような引用、参照ならば法的にokなのかが 分からないだが、 これは日本が法律後進国だから、 それとも、私の理解が足りないだけ? 逮捕は警察次第、 罪になるかならないかは優秀の弁護士を雇った方 次第にしか感じないが、 2.抽象的な詩を発表した詩人を その詩の内容が国家転覆の思想であり、 その様な詩を本で伝播したいう意味不明な理由で 治安維持法で逮捕した神戸詩人事件や、 ディズニーのパイレーツカリビアン(カリブの海賊)の奴隷シーンが 女性差別として、別のシーンに置き換え

1.著作権は非常に曖昧で恣意的で、

どのような引用、参照ならば法的にokなのかが

分からないだが、

これは日本が法律後進国だから、

それとも、私の理解が足りないだけ?

逮捕は警察次第、

罪になるかならないかは優秀の弁護士を雇った方

次第にしか感じないが、


2.抽象的な詩を発表した詩人を

その詩の内容が国家転覆の思想であり、

その様な詩を本で伝播したいう意味不明な理由で

治安維持法で逮捕した神戸詩人事件や、

ディズニーのパイレーツカリビアン(カリブの海賊)の奴隷シーンが

女性差別として、別のシーンに置き換えれたのは

言論弾圧の一連なのだろうか?


(神戸詩人事件、京大俳句(新興俳句)弾圧事件.きりしま事件、

JASRAC音楽教室著作権問題、

パイレーツオブカリビアン(カリブの海賊)の奴隷シーン削除の

利点欠点限界盲点とは?)


3.抽象的な詩を国家転覆の思想とどの様に

拡大解釈すれば、できるのか?

つまり、全ての作品はいつでも国家転覆の容疑を

警察、公安は付けようと思えば、付けるということ?


(きりしま事件やアンジェリ、ワイダの「群像」で社会的なリアリズムの

抽象的な詩を書いるから書くのをやめさせられた詩人のケースなど言論弾圧

快挙にいとまがないが、言論弾圧に対抗するためには

抽象度合いを上げて、ルビンの壺の様に、抽象的かつ、社会的なリアリズムもしく

体制側の好む表現様式を、一つ作品で表現するしかないのか?


庵野監督は、、「手書きの誤差こそ重要」と語り

コーチングの大家苫米地英人は、、

誤差や曖昧こそAIでは表現でない

人間らしさであり、AIを凌駕するためには誤差や曖昧さこそが必要であり、

我々はwant toを見つけ、自我を鍛えなくてはいけないのだろうか?)



4.台湾で現実的でない作品は

書き上げるのはダメという規制で台湾のフィクション、マンガ文化は衰退してしまったが、(台湾の規制はアンジェリ、ワイダが「残像」(Powidoki)で批判した社会的なリアリズムの影響なのでは???) 


5.パイレーツカリビアン(カリブの海賊)の奴隷シーンは削除は、

本当に女性差別

過去の歴史シーンを今の時代感覚で排除していけば

歴史の学問はその内に排除され、

アニメ「サイコパス」の世界の様に歴史を学校で

教えることが消滅するように感じてならないが、


6.言葉狩りや時代錯誤のシーンを削除することは

美術家、芸術家、クリエイターのイメージに

打撃を与えるのでは?

言葉狩りの利点欠点限界盲点とは?


7.コーチングの大家苫米地英人が言うように、

差別は、昔の差別の事例を教えてしまえば

それは差別を助長することになるらしいので、

(黒人は、差別されていたという事例など、)

美術作品が差別を助長するならば、

いっそのこと、

美術作品と現実空間(物理空間)は分けるべきなのか?

それとも、未成年に影響を与えないようにR指定などの規制をするべきなのか?



https://ja.m.wikipedia.org/wiki/著作権


https://en.wikipedia.org/wiki/Copyright

Copyright is a legal right created by the law of a country that grants the creator of an original work exclusive rights for its use and distribution. This is usually only for a limited time. The exclusive rights are not absolute but limited by limitations and exceptions to copyright law, including fair use. A major limitation on copyright is that copyright protects only the original expression of ideas, and not the underlying ideas themselves.[1][2]

Copyright is a form of intellectual property, applicable to certain forms of creative work. Some, but not all jurisdictions require "fixing" copyrighted works in a tangible form. It is often shared among multiple authors, each of whom holds a set of rights to use or license the work, and who are commonly referred to as rights holders.[3][4][5][6] These rights frequently include reproduction, control over derivative works, distribution, public performance, and "moral rights" such as attribution.[7]

Copyrights are considered territorial rights, which means that they do not extend beyond the territory of a specific jurisdiction. While many aspects of national copyright laws have been standardized through international copyright agreements, copyright laws vary by country.[8]

Typically, the duration of a copyright spans the author's life plus 50 to 100 years (that is, copyright typically expires 50 to 100 years after the author dies, depending on the jurisdiction). Some countries require certain copyright formalities to establishing copyright, but most recognize copyright in any completed work, without formal registration. Generally, copyright is enforced as a civil matter, though some jurisdictions do apply criminal sanctions.

Most jurisdictions recognize copyright limitations, allowing "fair" exceptions to the creator's exclusivity of copyright and giving users certain rights. The development of digital media and computer network technologies have prompted reinterpretation of these exceptions, introduced new difficulties in enforcing copyright, and inspired additional challenges to copyright law's philosophic basis. Simultaneously, businesses with great economic dependence upon copyright, such as those in the music business, have advocated the extension and expansion of copyright and sought additional legal and technological enforcement.


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/残像_(映画)

『残像』(Powidoki)は、アンジェイ・ワイダ監督による2016年のポーランドのドラマ映画である[1]。第41回トロント国際映画祭のマスターズ部門で上映された[2]。第89回アカデミー賞外国語映画賞にはポーランド代表作として出品されたが、ノミネートには至らなかった[3][4]。ワイダは2016年10月に亡くなたっため、この映画が遺作となった。


https://m.cinematoday.jp/movie/T0021456?__ct_ref=https%3A%2F%2Fwww.google.co.jp%2F


https://kotobank.jp/word/神戸詩人事件-1733598

https://kansaisocal.org/2017/05/19/kyoboshinbun/


https://mainichi.jp/auth/login_return.php?url=https%3A%2F%2Fmainichi.jp%2Farticles%2F20170523%2Fddn%2F013%2F040%2F053000c%3Fck%3D1&session_clear=false&janrain_nonce=2017-07-05T21%3A57%3A17ZIHbu0d&openid.mode=setup_needed&openid.ns=http%3A%2F%2Fspecs.openid.net%2Fauth%2F2.0



http://itest.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1499055131/


https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201703/sp/0010021580.shtml



https://ja.wikipedia.org/wiki/新興俳句弾圧事件

新興俳句弾圧事件(しんこうはいくだんあつじけん)あるいは昭和俳句弾圧事件とは1940年から1943年の間に行なわれた俳句誌・俳人に対する言論弾圧事件である。


https://ja.wikipedia.org/wiki/きりしま事件

きりしま事件( - じけん)は、1943年6月3日に鹿児島日報(現在の南日本新聞)の記者2名と販売局員1名を始め総勢37名が鹿児島県警察部特高課に治安維持法違反並びに不敬で検挙された事件。いわゆる「新興俳句弾圧事件」の一つに数えられる。検挙された3名はいずれも俳句同人誌『きりしま』の同人であった。



https://ja.m.wikipedia.org/wiki/PSYCHO-PASS

学校制度は変更され、シビュラ導入当初は並存していた大学制度も、システム安定期の2080年頃に廃止され、職業訓練過程となっている[19][59]。歴史の授業は行われず、遠回しに思想統制がされている(テレビアニメ第9話)



https://en.wikipedia.org/wiki/Psycho-Pass

Psycho-Pass (JapaneseサイコパスHepburnSaiko Pasu) is an anime television series that was produced by Production I.G, directed by Naoyoshi Shiotani and Katsuyuki Motohiro and written by Gen Urobuchi. The series was aired on Fuji TV's Noitaminaprogramming block between October 2012 and March 2013. The story takes place in an authoritarian future dystopia, where omnipresent public sensors continuously scan the mental states of every passing citizen. Collected data on both present mentality and aggregated personality data is used to gauge the probability of that citizen committing a crime, the rating referred to as that citizen's Psycho-Pass. Authorities are alerted whenever excessive ratings are detected, and officers of the Public Safety Bureau are dispatched with weapons called "Dominators", energy pistols that modulate their power in response to the target's Psycho Pass. The story follows Shinya Kogami and Akane Tsunemori among other members of Unit One of the Public Safety Bureau's Criminal Investigation Division.

Psycho-Pass originated from Production I.G.'s interest in making a successor to Mamoru Oshii's achievements. The series was inspired by several live-action films. Chief director Katsuyuki Motohiro aimed to explore psychological themes in society's youth using dystopian storylines. Multiple books and movies influenced Psycho-Pass with the most notable being the 1982 American science fiction film Blade Runner.

The series was licensed by Funimation in North America. A second season began airing in October 2014, with an animated filmreleased in January 2015. A manga adaptation has been in serialization in Shueisha's Jump Square magazine and several novels, including an adaptation and prequels to the original story, have been published. An episodic video game adaptation called Chimi Chara Psycho-Pass was developed by Nitroplus Staffers in collaboration with Production I.G. New novels and another manga were serialized in 2014.

The first anime, Psycho-Pass, has garnered critical acclaim in both Japan and the west with critics praising the characters' roles and interactions set in the dystopia. The animation has also been praised despite issues in latter episodes which required to be fixed in the DVD volumes of the series. On the other hand, the second series, Psycho-Pass 2, received mixed critical response stemming from its heavy use of gore as well as the new villain.


苫米地 差別。

http://ycoaching.blog.jp/archives/2202147.html


https://scholar.google.co.jp/scholar?q=台湾+フィクション+規制&btnG=&hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0%2C5



台湾アニメ


http://www.geocities.jp/laugh_man_is/dai4kai.htm


http://diamond.jp/articles/-/89169


http://jp.taiwan.culture.tw/information_34_60442.html


[PDF]日本マンガと - 京都精華大学国際マンガ研究センター

http://imrc.jp/images/upload/lecture/data/Global_Manga_Studies_04_revised.pdf


JASRAC

http://toyokeizai.net/articles/amp/179234?page=2


https://www.google.co.jp/amp/s/news.nifty.com/amp/domestic/society/12213-20170704-50105/


https://www.google.co.jp/amp/s/amp.bengo4.com/topics/6308/


http://sp.ch.nicovideo.jp/tomabechi

[無料公開]「玉井さんより詳しくなれちゃう!? Dr.苫米地と一緒にJASRACのお勉強!」なまべちvol.95 放送ダイジェスト