katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1.日本ロシア学会の主催公開シンポジウムが7/8に 開かれるらしいが、ロシア語を学んでいる手前、 この公開シンポジウムには行くべきなのだろうか? そもそも行く価値はあるのだろうか?

1.日本ロシア学会の主催公開シンポジウムが7/8に

開かれるらしいが、ロシア語を学んでいる手前、

この公開シンポジウムには行くべきなのだろうか?

そもそも行く価値はあるのだろうか?


2.日本ロシア学会の利点欠点限界盲点とは?


3.皆さんにとって、日本ロシア学会とは?





日本ロシア学会の主催公開シンポジウム

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~slav/01dep_slav/img/gakkai_0612.jpg


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/日本ロシア文学

日本ロシア文学会(にほんロシアぶんがっかい[1]、ロシア語: Японская ассоциация русистов, ЯАР[2]、英語: Japan Association for the Study of Russian Language and Literature, JASRLL[3])は、日本の学術団体。


ロシア文学・ロシア語学者の学術団体として1950年に発足した。学会誌『ロシア語ロシア文学研究』を刊行している[4]。