katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1.ダブルケアとは? 2.ダブルケアの利点欠点限界盲点とは? 3.皆さんにとって、ダブルケアとは? 4.結局ダブルケアとは、何なのだろうか? 晩婚カップルの親の健康や介護問題に対して 我々はどの様に向き合えばよいのだろうか?

1.ダブルケアとは?

2.ダブルケアの利点欠点限界盲点とは?


3.皆さんにとって、ダブルケアとは?


4.結局ダブルケアとは、何なのだろうか?

晩婚カップルの親の健康や介護問題に対して

我々はどの様に向き合えばよいのだろうか?


5.老年学gerontology:ジェロントロジーは

この問題に何らかの解決策を示してくれ流のだろうか?


ニュースカテゴリー皆さんの

ご回答ほど、

お待ちしております。



35歳以上で出産、半数が「ダブルケア」経験 民間調査

西村圭史2017年7月11日21時29分

http://www.asahi.com/sp/articles/ASK7C4TGRK7CUTFK00J.html


http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/pdf/ldi/2017/rp1707c.pdf

晩産カップルにおける子育てと親の健康・介護問題 - 第一生命


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/老年学

老年学(ろうねんがく、英語: gerontology:ジェロントロジー、ドイツ語: Gerontologie)は、比較的新しい学問で、もともと発達心理学から派生した学問のため、老齢化又は老いることについて心理学的な立場から考える学問として生まれた。老人学(ろうじんがく)、加齢学(かれいがく)とも言う。


1904年に、ドイツの免疫学者であるイリヤ・メチニコフが、老年学を意味するGerontologyを名付けた。後になり、1930年頃から社会の変化に伴って、社会学的および生物学的な分野も取り入れた幅広い見地から、老齢化について研究していく学問として、様々な老齢化に関する研究がなされていくこととなった。


老年医学に隣接した分野だが、高齢者の健康に限定されたそれと違い、高齢者の健康と福祉、社会参加、衣食住とその条件整備、年金、メンタルケアなどを広く守備範囲とした研究分野である。高齢者の平均寿命が延びてきたことから、元気な高齢者も増え、社会参加や生きがい、ライフワークなどを中心としたクオリティ・オブ・ライフ (QOL)、成人後見なども重要なテーマになりつつある。


日本では、桜美林大学に老年学研究科が設置され、大学院課程も用意されている。また東京大学では、2009年4月に総長室直属の組織として高齢社会総合研究機構が設置された。



https://en.wikipedia.org/wiki/Gerontology

Gerontology (from the Greek γέρων, geron, "old man" and -λογία, -logia, "study of"; coined by Ilya Ilyich Mechnikov in 1903) is the study of the social, cultural, psychological, cognitive, and biological aspects of aging.[1] It is distinguished from geriatrics, which is the branch of medicine that specializes in the treatment of existing disease in older adults. Gerontologists include researchers and practitioners in the fields of biology, nursing, medicine, criminology, dentistry, social work, physical and occupational therapy, psychology, psychiatry, sociology, economics, political science, architecture, geography, pharmacy, public health, housing, and anthropology.[2]


http://www.gender.go.jp/research/kenkyu/wcare_research.html

育児と介護のダブルケアの実態に関する調査報告書


http://blog.sato501.com/?eid=1087216

晩産化の夫婦 子育てと親の介護のダブルケア意識低い