katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1.20170714 に東大で開かれる沼野 充義のアンジェリワイダ監督の「シャドウ ・ライン」«Теневая черта», или «Теневая полоса» (польск. Smuga cienia) について上映会と講演会。 原作ジョゼフ・コンラッド に行く価値はあるのだろうか? 2.東大の沼野 充義教授とは? 沼野 充義の利点欠点限界盲点とは? 皆さんにとって、沼野 充義とは? (昨日の日経に沼野充義の記事が載っていたので、 彼をフォローしたらば、この講演を知る事が出来たが、) 4.

1.20170714 に東大で開かれる沼野 充義のアンジェリワイダ監督の「シャドウ ・ライン」«Теневая черта», или «Теневая полоса» (польск. Smuga cienia

について上映会と講演会。

原作ジョゼフ・コンラッド に行く価値はあるのだろうか?

2.東大の沼野 充義教授とは?

沼野 充義の利点欠点限界盲点とは?

皆さんにとって、沼野 充義とは?

(昨日の日経に沼野充義の記事が載っていたので、

彼をフォローしたらば、この講演を知る事が出来たが、)


3.映画「シャドウ ・ライン」と作家ジョゼフ・コンラッドとは?

映画「シャドウ ・ライン」と作家ジョゼフ・コンラッドの利点欠点限界盲点とは?

皆さんにとって、映画「シャドウ ・ライン」と作家ジョゼフ・コンラッドとは?


4.私は、

講演会には何百回、何千回と行きまくっている

講演会オタク、講演マニア、講演会王だが、

それで得られた持論は、

結局講演会は書籍を読むのと比べて得られる知識量は

拡大に少ないが、

(勝間和代も言った様に、

勝間和代を代表するとビジネスマン、企業戦士は、

合理主義、効率主義を極めに、極めつくしている人間なので、致し方がないが、)しかし

それでは、講演会.それに近い講義さえ無価値となり

講演会、大学、カルチャースクールに行く価値すら無意味に成ってしまうが、

私が思う行く価値は、

新たな出会い、新たなコミニューケション

自我の拡大、、

そして、

自分で見つけられないスコトーマ(盲点)原理に隠された自分には認識出来ない「名前のない何かを」を

見つけること、と、

講演会、講演をやっている教授達が自主的に訓練して上げに上げた、高い視点の情報空間を共有することではないかと、、、(苫米地英人twitterで言ったように、)



5.皆さんにとって、

講演会、講義、大学という存在の

利点欠点限界盲点とは。




美術、文学カテゴリー皆さんの

ご回答ほど、

お待ちしております。





東大沼野 無料 7月14日

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/genbun/20170714shadowline.html


https://ja.wikipedia.org/wiki/沼野充義

沼野 充義(ぬまの みつよし、1954年6月8日 - )は、日本のスラヴ文学者東京大学教授。専門はロシアポーランド文学。現代日本文学など世界文学[1]にも詳しく、その文芸評論は文芸誌・新聞などでしばしば見られる。


http://www.l.u-tokyo.ac.jp/teacher/database/104.html


https://spur.hpplus.jp/culture/feature/151225/KZGTU2Y/


http://d.hatena.ne.jp/kinoshitakazuo/touch/20140501


http://magazines.russ.ru/nj/2003/2321/numan.html

Интервью с профессором Мицуёси Нумано

    

“Для меня на первом месте стоит русский язык и русская литература”



『物理空間』 と 『情報空間』

2016/09/12 07:29

http://sakanashi.blog.jp/archives/7038121.html


https://en.wikipedia.org/wiki/The_Shadow_Line

The Shadow-Line is a short novel based at sea by Joseph Conrad; it is one of his later works, being written from February to December 1915. It was first published in 1916 as a serial in New York's Metropolitan Magazine (September—October) in the English Review (September 1916-March 1917) and published in book form in 1917 in the UK (March) and America (April). The novella depicts the development of a young man upon taking a captaincy in the Orient, with the shadow line of the title representing the threshold of this development.


https://en.wikipedia.org/wiki/Joseph_Conrad

Joseph Conrad (Polish pronunciation: [ˈjuz̪ɛf ˌkɔn.rad]; born Józef Teodor Konrad Korzeniowski; 3 December 1857 – 3 August 1924) was a Polish-British writer regarded as one of the greatest novelists to write in the English language.[1] He joined the British merchant marine in 1878, and was granted British nationality in 1886. Though he did not speak English fluently until his twenties, he was a master prose stylist who brought a non-English sensibility into English literature.[note 1] He wrote stories and novels, many with a nauticalsetting, that depict trials of the human spirit in the midst of an impassive, inscrutable universe.[note 2]

Conrad is considered an early modernist, though his works still contain elements of 19th-century realism.[2] His narrative style and anti-heroic characters[3] have influenced many authors, including F. Scott Fitzgerald,[4] William Faulkner,[4] Ernest Hemingway,[5] André Malraux,[6] George Orwell,[7]:254 Graham Greene,[4] Gabriel García Márquez,[4] John le Carré,[4] V. S. Naipaul,[4] Philip Roth,[8] J. M. Coetzee,[4] and Salman Rushdie.[9] Many films have been adapted from, or inspired by, Conrad's works.

Writing in the heyday of the British Empire, Conrad drew on, among other things, his native Poland's national experiences[note 3] and his own experiences in the French and British merchant navies, to create short stories and novels that reflect aspects of a European-dominated world—including imperialism and colonialism—and that profoundly explore the human psyche.


Andrzej Wajda has made a 1976 film adaptation of the novel under its Polish title - Smuga cienia.





https://ru.wikipedia.org/wiki/Теневая_черта_(фильм)


https://ru.wikipedia.org/wiki/Теневая_черта_(фильм)

«Теневая черта», или «Теневая полоса» (польск. Smuga cienia) — фильм польского режиссёра Анджея Вайды по одноимённой повести Джозефа Конрада.


Smuga cienia – polsko-brytyjski film psychologiczny z 1976 roku na podstawie powieści o tym samy tytule (org. The Shadow-Line, A Confession, 1917) Josepha Conrada. Akcja filmu osnuta jest na epizodzie z 1888 r. - epidemii febry (malarii) na pokładzie barku Otago, którego kapitanem był autor. Zdarzenie to miało miejsce w czasie kariery morskiej Józefa T. K. Korzeniowskiego (1857-1924), który nim został sławnym pisarzem brytyjskim, spędził 20 lat na morzach, jako marynarz, oficer, a w końcu kapitan na statkach handlowych, w znacznej większości brytyjskich. Treścią filmu, za tworzywo do którego posłużyła opowieść pt. "Smuga cienia", są przejścia młodego oficera brytyjskiej marynarki handlowej skierowanego przez konsula brytyjskiego do Bangkoku w celu przeprowadzenia stamtąd do Singapuru pewnego trójmasztowego barku, którego poprzedni kapitan zmarł w morzu.