katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1.日野原重明が105歳で亡くなったが、 日野原重明の利点欠点限界盲点歴史的や業績 影響力とは? 2.(本当に人間ドックを普及させ、 脳卒中、腎臓病は生活をよくする様に啓蒙活動を したのは本当なのだろうか?) 3.皆さんにとって、日野原重明とは? 4.日野原重明は本当に名医者なのか? それとも、薮医者なのか?

1.日野原重明が105歳で亡くなったが、

日野原重明の利点欠点限界盲点歴史的や業績

影響力とは?


2.(本当に人間ドックを普及させ、

脳卒中、腎臓病は生活をよくする様に啓蒙活動を

したのは本当なのだろうか?)


3.皆さんにとって、日野原重明とは?


4.日野原重明は本当に名医者なのか?

それとも、薮医者なのか?



医学、社会カテゴリー皆さんの

ご回答のほど、

お待ちしております。


100歳超えて現役医師 日野原さん「習慣病」も提唱

2017年7月18日11時11分

https://news.google.co.jp/news/amp?caurl=http%3A%2F%2Fwww.asahi.com%2Farticles%2FASK7L338ZK7LULBJ002.html#pt0-280742


https://www.google.co.jp/amp/www.sankei.com/life/amp/170718/lif1707180038-a.html


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/日野原重明

日野原 重明(ひのはら しげあき、1911年(明治44年)10月4日 - 2017年(平成29年)7月18日[1])は、日本の医師・医学博士、聖路加国際病院名誉院長、上智大学日本グリーフケア研究所名誉所長、公益財団法人笹川記念保健協力財団名誉会長、一般財団法人ライフ・プランニング・センター理事長、公益財団法人聖ルカ・ライフサイエンス研究所理事長などを務める。