katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

低エフカシィーだから教師は「窓から飛び降りなさい」と自分の教え子に言えたのだろうか? 1.どの様な精神状況になれば、 自分の教え子に対して、「窓から飛び降りなさい」と 言えるのだろうか?4.厚生労働省の虐待定義では、 立場を利用(権力の氾濫)した暴言、脅迫、威圧や、 「言うこと聞かない、とご飯を食べさせません等」 の発言や、 子どもの悩みを聞かない、 子どもがいじめられているを親に相談してきたのに、 子どもに対してそんなの「気にしなければ良い」と 言って話を聞いてあげないネグレクト行為等は パワハラ、

低エフカシィーだから教師は「窓から飛び降りなさい」と自分の教え子に言えたのだろうか?



1.どの様な精神状況になれば、

自分の教え子に対して、「窓から飛び降りなさい」と

言えるのだろうか?




2.学校の先生が、

自分の教え子に対して、「窓から飛び降りなさい」を

言うことの利点欠点限界盲点とは?

言われた子どもに対しての精神的なケアと、

この先生の進退は?

教育委員会文部科学省はこの事件にどの様に受け止めて、どの様な再発防止策を取るのだろうか?


3,これは、厚生労働省の虐待の定義を知らないから

こうなるのではないのだろうか?

厚生労働省の虐待の定義を教師に対して啓蒙するべきなのではないか?

教職員は、教職としての知識は豊富かもしれないが

倫理教育をしていないかでは?


4.厚生労働省の虐待定義では、

立場を利用(権力の氾濫)した暴言、脅迫、威圧や、

「言うこと聞かない、とご飯を食べさせません等」

の発言や、

子どもの悩みを聞かない、

子どもがいじめられているを親に相談してきたのに、

子どもに対してそんなの「気にしなければ良い」と

言って話を聞いてあげないネグレクト行為等は

パワハラ、虐待になるが、

ほとんどの人間たちは、

この事に対して無関心をなので、

今だに、社会の縮図の学校で

自己評価(エフカシィー)が低い子ども達

(学生、生徒、児童)が蔓延っているのではないか?


5.自己評価(エフカシィー)が低い子ども達の

低エフカシィーは、やがては社会に対しての恨みや

何もしたくない無気力状態や、

死ぬために他人も巻き込むことも平気で行う人間に

成ってしまうのではないか?

(土浦連続殺傷事件や

秋葉原殺傷事件(秋葉原無差別殺傷事件)

附属池田小学校、黒子のバスケ脅迫事件

今回の神戸北区五人殺傷事件など様に)




ニュースカテゴリー皆さんの

ご回答のほど、

お待ちしております。



児童に「窓から飛び降りなさい」 埼玉の40代小学教諭

2017/7/18 20:55

社会

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG18H7U_Y7A710C1CC1000/


警察官振り切り逃走図る? 神戸5人殺傷 

更新:07/18 20:04

http://www.mbs.jp/news/sp/kansai/20170718/00000060.shtml



苫米地英人 ブスとは?

https://am-our.com/special/73/3664/


エフカシィー

http://re-sta.jp/efficacy-2473


http://kidukilife.net/social-issues/efficacy/


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/アルバート・バンデューラ

アルバート・バンデューラ(Albert Bandura 1925年12月4日 - )は、自己効力感社会的学習理論で知られるカナダ心理学者。カナダのブリティッシュコロンビア大学を卒業後、1952年、アイオワ大学にて博士号を取得。アメリカのスタンフォード大学の心理学教授を長く務め、1974年には、アメリカ心理学会会長も務めた。

1950年代後半、当時優勢であった行動主義学習理論の中で、社会的学習理論モデリングによる学習)を提唱したことでも知られる。従来の学習理論が、学習する個体(人間や動物)自身の経験を前提としていたのに対し、学習が他の個体の行動を観察することによっても成り立つことを実証し、新たな理論づけを行った。

1990年代に提唱された自己効力感についての理論は心理学にとどまらず、教育学社会学にも大きな影響を与えた。

https://en.wikipedia.org/wiki/Albert_Bandura

Albert Bandura OC (/bænˈdʊərə/; born December 4, 1925) is a psychologist who is the David Starr Jordan Professor Emeritus of Social Science in Psychology at Stanford University. For almost six decades, he has been responsible for contributions to the field of education and to many fields of psychology, including social cognitive theorytherapy, and personality psychology, and was also influential in the transition between behaviorism and cognitive psychology. He is known as the originator of social learning theory (renamed the social cognitive theory) and the theoretical construct of self-efficacy, and is also responsible for the influential 1961 Bobo doll experiment.

Social cognitive theory is how people learn through observing others. An example of social cognitive theory would be the students imitating the teacher. Self-efficacy is "the belief in one’s capabilities to organize and execute the courses of action required to manage prospective situations." To paraphrase, self-efficacy is believing in yourself to take action. The Bobo Doll Experiment was how Albert Bandura studied aggression and non-aggression in children.

A 2002 survey ranked Bandura as the fourth most-frequently cited psychologist of all time, behind B. F. SkinnerSigmund Freud, and Jean Piaget, and as the most cited living one.[1] Bandura is widely described as the greatest living psychologist,[2][3][4][5] and as one of the most influential psychologists of all time.[6][7]

In 1974 Bandura was elected to be the Eighty-Second President of the American Psychological Association (APA). He was one of the youngest president-elects in the history of the APA at the age of 48. Bandura served as a member of the APA Board of Scientific Affairs from 1968 to 1970 and is well known as a member of the editorial board of nine psychology journals including the Journal of Personality and Social Psychology from 1963 to 1972.[8] At the age of 82, Bandura was awarded the Grawemeyer Award for psychology.


https://ja.wikipedia.org/wiki/自己効力感

自己効力感 (じここうりょくかん)(self-efficacy) とは、自分がある状況において必要な行動をうまく遂行できるかという可能性の認知[1]心理学で用いられる。

カナダ人心理学者アルバート・バンデューラが提唱したもので、原語はself-efficacy[2]。「自己効力」[3]や「自己可能感」[4]などと訳されることもある。自己効力感は、バンデューラの社会的認知理論の中核となる概念の1つである[1]自己効力感を通して、人は自分の考えや、感情、行為をコントロールしている[要出典]

よく似た用語に、自尊心(self-esteem)があるが、自尊心は自分を信じていること、あるいは自分を信じていると感じている程度を意味する[5]のに対し、自己効力感は自分にある目標を達成する能力があるという認知[1]のことをさす。ただし、高い自尊心を持っていれば、困難な作業であってもそれに取り組もうとして、結果的に成功をもたらすことも多い [1]


https://en.wikipedia.org/wiki/Self-efficacy

Self-efficacy, also referred as personal efficacy, is confidence in one's own ability to achieve intended results.[1] Psychologists have studied self-efficacy from several perspectives, noting various paths in the development of self-efficacy; the dynamics of self-efficacy, and lack thereof, in many different settings; interactions between self-efficacy and self-concept; and habits of attribution that contribute to, or detract from, self-efficacy.

Self-efficacy affects every area of human endeavor. By determining the beliefs a person holds regarding his or her power to affect situations, it strongly influences both the power a person actually has to face challenges competently and the choices a person is most likely to make. These effects are particularly apparent, and compelling, with regard to behaviors affecting health.[2]

Judge et al. (2002) argued the concepts of locus of controlneuroticism, generalized self-efficacy (which differs from Bandura's theory of self-efficacy) and self-esteem may be markers of the same higher order concept and demonstrated them to be related concepts.[3]