katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1.娘の元交際相手に侮辱メールを送る事の 利点欠点限界盲点とは? 2.皆さんにとって、 娘の元交際相手に侮辱メールを送る行為とは? 3.娘の交際相手に対して侮辱メールを送る心理が全然分からないが、娘に彼氏が出来たらば、最低は喜んであげることが必要なのではないか? 4.娘が巣立つていく悲しみや、自分が育ってた娘を どこぞの知れない男に取られる感情も分からなくもないが、子どもは親の所有物ではなく、一つの人格ある人間だから、尊重してあげなくてはいけないのでは?

1.娘の元交際相手に侮辱メールを送る事の

利点欠点限界盲点とは?


2.皆さんにとって、

娘の元交際相手に侮辱メールを送る行為とは?


3.娘の交際相手に対して侮辱メールを送る心理が全然分からないが、娘に彼氏が出来たらば、最低は喜んであげることが必要なのではないか?


4.娘が巣立つていく悲しみや、自分が育ってた娘を

どこぞの知れない男に取られる感情も分からなくもないが、子どもは親の所有物ではなく、一つの人格ある人間だから、尊重してあげなくてはいけないのでは?



5.娘の価値基準で相応しい決めた彼氏に対して

なぜ、親が相応しくないという事が出来るのか?

親の価値観で彼氏を決める必要があるのは

多分、

親は完全に娘を自分の決めた生き方でないと

納得できないモンスタペアレント(毒親)なのではないかと、

娘に対しての自分基準の価値観や生き方を教えているのは素晴らしいと思っているかもしれないが、

それは別の面からすれば、娘の価値観を認めない親なのではないかと思うが、


6.娘に対して、愛情を持つならば、

娘を愛した彼氏や全ての子どもに対しても

愛す度量ぐらいはないと

ゴリラやチンパージの様に自分の子どもしか愛せない生き物と同じであるとしか思えないが、


7.子どもの人格を求めない行為は

体罰や精神的な虐待になるのではないかと、

この様な事件は体罰、虐待後進国の日本だから

起きるのではないのだろうか?


8.暴言は子どもに対して、

言ってしまうと極端に下げてしまうので、

自己肯定力(エフカシィー)を下げるので

「相応しくない」「ろくでなし」の言葉、文言は

言ってはいけないのではないか?



(コーチング的には、

失敗しても成功しても褒めてあげる事が重要

失敗しても褒めるのは緊張感を無くすため、

緊張感を無くしてあげれば、精神的に新たに挑戦しやすくなり易いため、

成功した時にしか褒めないのは、別の側面から見れば

失敗を許さない組織と捉えることも出来る

ただし部下等が成功した時には、出来れば、

褒め過ぎると、部下等は成功した自分に対して

不快感を感じるので、

「そんなの当然だ、」「あ、普通だね」と言うのが

良いのでは?


ただし子どもに対しては、

何か良くないことをしたら場合は、

なぜ、そのことをしたのが悪いのがよくないのか

右脳的に感情を振り回すのではなく、

前頭前野をフル活用して

論理的に諭すようにして教える 

ただし、

相手の理解度に噛み砕いて、相手が分かる語彙を

使って、でないと本当の教育と言えないのでは?


9.体罰、虐待後進国の日本で、

体罰、虐待について「愛の鞭」という言葉さえ

死語になるほど、、

体罰、虐待の弊害が理解が進むのはいつぐらいに

なるのだろうか?

それを加速させて、フィランド、ノルウェーなどと

同様に日本を虐待、体罰先進国にするためには

どうしたらばよいのだろうか?


教育、社会カテゴリー皆さんの

ご回答のほど、

お待ちしております。




娘の元交際相手に侮辱メール、慰謝料命令 受信後に自殺

小笠原一樹2017年7月19日20時4分


http://www.asahi.com/sp/articles/ASK7M574RK7MUTNB00F.html


家庭を含み、あらゆる状況において

子どもへの体罰を法的に禁止した国は、52ヵ国に上っています。

http://www.kodomosukoyaka.net/activity/law.html


児童虐待の定義と現状

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/dv/about.html


体罰禁止国」日本と民主主義の成熟と司法について

2013/02/06 0:00:00

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/226393/192469/75530904


スウェーデンは変えた】子供への体罰を法律で禁止。叩く親はたった10%に。

https://mammami-a.club/?p=10512



https://ja.m.wikipedia.org/wiki/アンガーマネジメント

アンガーマネジメント(Anger management)とは、怒りを予防し制御するための心理療法プログラムであり、怒りを上手く分散させることができると評価されている[1]。怒りはしばしばフラストレーションの結果であり、また自分にとって大事なものを遮断されたり妨害された時の感情でもある。怒りはまた、根底にある恐れや脆弱感に対する防衛機制でもある[2]。アンガーマネジメント・プログラムでは、怒りは定義可能な理由によって生じる、論理的に分析可能な強い感情であり、適切な場合には前向きにとらえてよいものだと考えられている[1]。