katosvanidze18851907’s diary

知恵袋、okwaveで質問した回答したものをコピーして載せるだけのブログ。書いた文章は 自分の財産なので。つまりはこのブログは記録する倉庫の役割り。アクセス数やランキングは付録なので興味はない。物事、この世の深淵、本質、真理とは? 全ては知識と文章能力が解決してくれる 知識を付けて盲点を無くしていけば、。ゴールは現状の外に。 現状の外にゴールを作れば未来の記憶が作られるが、現状の内側にゴールを設定すれば、我々は過去にしばれる、過去 の延長線上を生きることに 過去からの脱するに未来に対してイメージ、臨場感を

1.国の規定で服装を矯正する行為は、 自己肯定力(エフカシィー)を下げるのではないか? 2.全体主義の様に国民の生活に干渉する行為の 利点欠点限界盲点とは? 3.サウジアラビアや日本、世界の女性の人権問題をさらに 良い良い状態にしていく為には、何が必要なのだろうか?

か?だろうか?



ファションカテゴリー皆さんの

ご回答のほど、

お待ちしております。


サウジの「腹出し・ミニスカ女性」釈放の波紋

ネットで「ウェストの美しさに賞賛」との声も

2017年07月20日

ロイター

http://toyokeizai.net/articles/amp/181305?display=b&_event=read-body


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/全体主義

全体主義(ぜんたいしゅぎ、イタリア語: totalitarismo, 英: totalitarianism)とは、個人の全ては全体に従属すべきとする思想または政治体制の1つである[1][2][3][4][5]。この体制を採用する国家は、通常1つの個人や党派または階級によって支配され、その権威には制限が無く、公私を問わず国民生活の全ての側面に対して可能な限り規制を加えるように努める[6]。


政治学では権威主義体制の極端な形とされる。通常は単なる独裁や専制とは異なり、「全体の利益を個人の利益より優先する」だけではなく、個人の私生活なども積極的または強制的に全体に従属させる。全体主義の対義語は個人主義権威主義の対義語は民主主義である。


https://en.wikipedia.org/wiki/Totalitarianism

Totalitarianism is a political system in which the state recognizes no limits to its authority and strives to regulate every aspect of public and private life wherever feasible.[1] A distinctive feature of totalitarian governments is an "elaborate ideology, a set of ideas that gives meaning and direction to the whole society".[2]

The concept was first developed in the 1920s by the Weimar German jurist, and later Nazi academic, Carl Schmitt, and Italian fascists. Schmitt used the term, Totalstaat, in his influential work on the legal basis of an all-powerful state, The Concept of the Political (1927).[3] The concept became prominent in Western political discourse as a concept that highlights similarities between Fascist states and the Soviet Union.[4][5][6][7][8]



https://ja.m.wikipedia.org/wiki/サウジアラビアにおける女性の人権

サウジアラビアにおける女性の人権(サウジアラビアにおけるじょせいのじんけん)はイスラーム諸国の中で最低レベルであると広く認識されている。2009年の世界経済フォーラムジェンダー・エンパワーメント指数では134カ国中130位であった。


https://en.wikipedia.org/wiki/Women%27s_rights_in_Saudi_Arabia

Women's rights in Saudi Arabia are limited in comparison to many of its neighbors. The World Economic Forum's 2016 Global Gender Gap Report ranked Saudi Arabia 141 out of 144 countries for gender parity,[6] down from 134 out of 145 in 2015. The United Nations Economic and Social Council (ECOSOC) elected Saudi Arabia on the U.N. Commission on the Status of Women for 2018–2022.[7]Women in Saudi Arabia constitute 13% of the country's native workforce as of 2015.[2][3]

However, women's status has changed in recent decades. Women were previously forbidden from voting or being elected to political office, but in 2011 King Abdullah let women vote in the 2015 local elections, as well as to be appointed to the Consultative Assembly.[8] There are more female university graduates in Saudi Arabia than male,[9] and female literacy is estimated to be 91%, which while still lower than male literacy is far higher than it was 40 years ago. The average age at first marriage among Saudi females is 25 years.[10][11][12]

Many conservative Saudi women do not support loosening traditional gender roles and restrictions, on the grounds that Saudi Arabia is the closest thing to an "ideal and pure Islamic nation," and under threat from "imported Western values".[13]

Among the factors that define rights for women in Saudi are government laws, the Hanbali and Wahhabi interpretation of Sunni Islam, and traditional customs of the Arabian Peninsula.[14] In 2017, King Salman ordered that women be allowed access to government services such as education and healthcare without the need of consent of her guardian.[15]


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ミシャー婚

ミシャー婚(アラビア語: نكاح المسيار )とは、イスラム法における結婚形態の一つで、婚姻における妻の経済的な権利を要求しないこと、夫と同居しないことなど多くの義務と権利を放棄することを条件として結婚する形態である。「旅人の結婚」などと呼ばれる。


サウジアラビアでは合法的な婚姻の形態として認められており、近年ではミシャー婚を選択する若者が増加している。


イスラムと女性の権利。

http://daigakuin.soka.ac.jp/assets/files/pdf/major/kiyou/19_houritsu4.pdf


イスラム教と差別

http://www.obirin.ac.jp/la/ico/con-sotsuron/sotsuron2010/2010M-saito-a.pdf


女性の人権と法的な地位

http://www.awf.or.jp/pdf/0001.pdf



サウジの男性後見システムを撤廃せよ ―― 女性と経済を抑え込む後見システムとは

https://www.foreignaffairsj.co.jp/articles/201610_aldosari/